« 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ~』(2) | トップページ | 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ~』(3) »

『ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL』(1)

2012.12.27(Thu.) 18:30~21:00
シアタークリエ 15列1桁番台(センターブロック)

シアタークリエ開場5周年記念ミュージカルコンサート。
開場は5年前、2007年11月なので正に滑り込み年末年始企画です。

先行、一般発売でことごとく外したこの作品でしたが、幸運にも実家で生協扱いのチケットが申し込めて、何とか2回分を確保。何しろこの日の当日券、整理番号11人分出して1枚しかなかったそうです。

1部はシアタークリエの過去の公演からのsong show。おおむね持ち歌優先で懐かしのあれやこれや。
2部はシアタークリエ以外の公演からのsong show。こちらの方が圧倒的に血肉躍る感じでしたね。

というわけでセットリストですが、当然ネタバレなので、お知りになりたくない方は回れ右で。
ちなみに毎日キャストが入れ替わるので、セットリストは9パターン(つまり毎回違う)です。





これは12月27日ソワレバージョン。
若手が小野田君しかいないので、小野田君大活躍の回です。

※敬称略です。間違いがあればご指摘ください。
 何箇所か前後不覚なところがあります。

<1部>

1.レベッカ「夢に見るマンダレイ」(アンサンブル)
2.レベッカ「レベッカ」(涼風)
3.レベッカ「永遠の瞬間」(大塚)
4.レベッカ「持ちつ持たれつ」(マテ&大塚)
5.レベッカ「何者にも負けない」(シルビア)
6.GOLD~カミーユとロダン~「震える男」(石丸)
7.スーザンを探して「Dreaming」(真琴)
8.スーザンを探して「call me」(真琴)
9.グレイ・ガーデンズ(小野田&彩乃)
10.この森で天使はバスを降りた「shine」(大塚)
11.ハムレット「妹」(小野田&昆)
12.ハムレット「不実」(涼風)
13.ハムレット「この世界を越えて」(チョン・ドンソク&昆)
14.ブラッド・ブラザーズ「あいつに」(武田&岡田)
15.ブラッド・ブラザーズ「言わない気持ち」(武田&岡田)
16.ニュー・ブレイン「春の歌」(石丸)
17.アイ・ガッド・マーマン「I Got Rhythm」(シルビア&全員)

<2部>

1.We Will Rock You「We Will Rock You」(真琴&岡田)
2.プリシラ「Go West」(石丸&小野田&武田)
3.Wiz「Ease On Down The Road」(大塚&小野田)
4.TATOO14「Steppin’Out With My Baby」(シルビア)
5.ミー&マイ・ガール「ランベス・ウォーク」(小野田&昆)
6.ミー&マイ・ガール「もしもハートをとられたら」(彩乃)
7.ミー&マイ・ガール「ヘアフォード家の歌」(涼風&小野田)
8.MOZART!「僕こそミュージック」(チョン・ドンソク=韓国語)
9.ダンス・オブ・ヴァンパイア「サラへ」(岡田)
10.ダンス・オブ・ヴァンパイア「恋をしているのなら」(岡田&マテ)
11.ルドルフ・ザ・ラストキス「私という人間」(チョン・ドンソク=韓国語)
12.ルドルフ・ザ・ラストキス「愚かな英雄」(彩乃)
13.ZORRO THE MUSICAL「ジョビジョバ」(シルビア&大塚)
14.スウィート・チャリティ「今の私を見せたいわ」(昆)
15.42nd Street「42nd Street」(涼風)
16.エリザベート「闇が広がる」(チョン・ドンソク&マテ)
  =ハンガリー語&ドイツ語&韓国語&日本語)
17.ジキル&ハイド「時が来た」(石丸)
18.ラ・カージュ・オ・フォール「ありのままの私」(真琴)
19.MITSUKO「愛は国境を越えて」(マテ&全員)

カーテンコール(司会:岡田)



ちーちゃん&なっちゃん目当ての自分的には、嬉しくないわけがないこの公演。
レベッカ本役満載だし、パーシー何年ぶりだっけ、だし。
「この森~」は「一番近いパラダイス」も聞きたかったなぁ。この回だとデュエット相手がいないけどシルビアさんならありだと思うなぁ。
何気にマテのプッシュを完全無視!する「持ちつ持たれつ」のちーちゃん「わたし」が超ツボです。
ちーちゃんの難攻不落っぷりをあぁまではっきり見せてもらえると心地好い(大笑)。

なっちゃんはやっぱりクリエサイズだとちょうど良いというか、一番しっくりきますね。

半分が初めて聞く曲だからというのも1幕にどっぷり漬かれなかった理由かとは思うのですが、それにしてもそれを差し引いて本音を言ってしまえば、1幕はちょっとエンジンがかからなくて困った感じ。
この回だからそうなのかもしれないのですが、先頭切って突っ走るキャストがいないんですね。

あえて言っちゃうとシルビアさんの盛り上げ方の巧みさがさすがでしたが、シルビアさんは帰国子女ですが空気を読める人なので(←この表現に別に他意はありませんw)客席通路に降りてきての奮闘でした。

そして石丸さんの巧みなMCに安心する(苦笑)ぐらいなので、いかにこういうショーで軸があるかどうかが大事かというのがよく分かります。黒一点の方の偉大さを痛感。

1幕はラストでようやく客席が暖まるぐらいで、もうちょっと構成に工夫できたのでは?という感じ。

・・・に比べると2幕の怒濤の連発振りに一気にテンションアップしちゃいました(笑)。

Wizは先日やってたアレね。あぁいう可愛い系はちーちゃん得意技だけど、サリーも見たかったな。

サリーの自分的な背丈の基準が玲奈ちゃん(東宝版)だったり彩乃さん(宝塚版)だったりするもんで、背丈からすると、ちーちゃんの方がしっくり来るんですよね。なっちゃんのミニマムサリーも可愛かったですけど。というのも、たまたま通路際だったので、なっちゃんがすぐそこにいてはしゃいでた姿に堕ちかけたという(爆)。

それにつけても2幕のハイライト(爆)はM10でしょう。
本番は吉野圭吾氏の独壇場だったあのシーンが、まさか違った意味でミサイル級の破壊力を持つとは(笑)。
会場内各所からわき起こる笑いのさざなみが面白くてしょうがない(笑)
で、うろたえるのがそういうのやらせると本役以上に上手い岡田こーき氏と来ているからなおさら噴き出す。

42nd~は直近が玲奈ちゃん@BWMLだからそっちのイメージが強いけど、元は涼風さんの十八番なんですよね。というかむしろ玲奈ちゃんが涼風さんの影響を受けているという方が当たっているんでしょう。ちょっと落ち着いた感じでした。

カテコは毎日当番があるらしく、この日は岡田さん。本日の初日の皆さんにコメントを求めるも、この日が最終回(楽)な石丸さんに振るのを忘れ、緞帳が下りてから裏で指摘されたようで・・・(笑)、もう一回開いたら石丸さんにコメントを求めていました。
「あとは皆さんにバトンをお渡ししてお任せします!」と語っておられました。

今回のイベント、グッズで販売しているルミカライト(ピンク色、300円)は2幕M18「愛は国境を越えて」で、マフラータオル(1500円)は2幕M5「ランベス・ウォーク」で使用するグッズです。ご参考までに。
ただタオル・・・あれ、普通ぶつかりませんか隣の人に(苦笑)。

次は楽日・1月3日のマチネになります。ほとんど同じような座席位置だから、タオル残ってたら振ってみたいなぁ。もうほとんど在庫なさそうだったけど。

|

« 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ~』(2) | トップページ | 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ~』(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/56408379

この記事へのトラックバック一覧です: 『ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL』(1):

« 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ~』(2) | トップページ | 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ~』(3) »