« 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ~』(3) | トップページ | 『ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL』(2) »

2012年もお別れ。

年末大晦日恒例の、一年間振り返り企画です。
最終的なカウントは1月1日に更新します。
※出演者はフルネームの場合は原則として敬称略です。

●アクセス回数統計
  2012年(平成24年) 72,460回(累計369,547)
  2011年(平成23年) 49,433回(累計297,087)
  2010年(平成22年) 65,508回(累計247,654)
  2009年(平成21年) 30,085回(累計182,146)
  2008年(平成20年) 32,944回
  2007年(平成19年) 21,640回
  2006年(平成18年) 30,996回
  2005年(平成17年) 66,481回

 1月に累計30万アクセスを突破し、8年目にして初年(平成17年)の年間最多アクセス数を更新しました。
 無理と思っていた7万アクセス/年の壁を突破できましたのもひとえに皆さまのおかげです。
 いつもご覧いただき厚く御礼申し上げます。

●日別アクセス数上位
 588回 10/23『DRAMATICA/ROMANTICA Ⅴ』(2)
 565回  3/12『ウィーンミュージカルコンサート
       ~2nd Season~』(2)&『LOVE LETTERS』(2)
 479回  3/22『ジキル&ハイド』(2) 翌々日
 468回  3/26『ジキル&ハイド』(3) 翌々日
 463回 12/30『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ~(3)』
 461回  9/10『ミス・サイゴン』(13) 翌日
 460回  5/14『ブロードウェイミュージカルライブ2012』(2)
 455回  9/ 9『ミス・サイゴン』(13)
 452回  8/14『Bitter days , sweet nights』(3) 翌々日
 450回 12/27『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ~』(2) 翌々日

 TOPのドラロマは東京楽の後、ウィーンコンは大阪楽の後ということで両者想像通りのラインナップ。

●キーワード検索/人物編
 1位 新妻聖子  1,411回(前年2位/1,059回)
 2位 笹本玲奈 579回(前年1位/1,070回)
 3位 井上芳雄   531回(前年3位/439回)
 4位 高橋由美子  158回(前年5位/266回)
 5位 辛島美登里  110回(前年5位外)

 観劇回数の多さもあって、1位は初めての新妻聖子さん。
 今まで上位はほとんど横並びだったのですが、3倍近く違うのは驚き。

●キーワード検索/作品編
 1位 ミス・サイゴン            1,125回(舞台1位)
 2位 DRAMATICA/ROMANTICA   1,004回
 3位 GOLD~カミーユとロダン~     781回(舞台2位)
 4位 こどもの一生              334回(舞台3位)
 5位 ダディ・ロング・レッグス       287回(舞台4位)
 6位 ジキル&ハイド            252回(舞台5位)

●観劇回数で見た2012年
 舞台(イベントを含む)は、38作品94回(去年27作品58回)。
 うち舞台作品に限定すると、26作品70回(去年17作品48回)
 どっちにしても史上最多を更新しているのですが(笑)

 10回 ミス・サイゴン(青山5回、厚木2回、浜松2回、めぐろ1回)
  9回 リンダリンダ(紀伊國屋サザンシアター7回、森ノ宮2回)
  6回 ジキル&ハイド(日生6回)
  5回 ワンダーガーデン(座・高円寺5回)
  4回 五右衛門ロックⅢ(シアターオーブ4回)

●キャスト別よく見ました順
 1位 新妻聖子   29回 9作品(去年22回)観劇率45%
 2位 高橋由美子  18回 3作品(去年22回)観劇率29%
 2位 笹本玲奈    18回 6作品(去年10回)観劇率13%

 ちなみにそれぞれのステージ数は、(イベントなども含む)
  新妻聖子   64回 9作品(うち舞台作品3作品)
  (骨歌、Bitter days, Sweet nights、ミス・サイゴン)

  高橋由美子 62回 3作品(うち舞台作品3作品)
  (ワンダーガーデン、リンダリンダ、五右衛門ロックⅢ)

  笹本玲奈   135回11作品(うち舞台作品4作品)
  (ロッキーホラーショー、ジキル&ハイド、ミス・サイゴン、
   こどもの一生)

 観劇回数と出演回数の比率で言うと、新妻さんがほぼ2回に1回(笑)、由美子さんが3回に1回、玲奈ちゃんが8回に1回、とだいたい自分の認識と一致します。

●2012年私的ランキング
 <作品部門>
  1位 無伴奏ソナタ(5月/東京グローブ座)
     上映期間が短くて一度しか見られなかったのが悔やまれる
     名作。
     ただただ苦しくて、ただただ涙して、ただただ感動した作品。
     派手な演出も、派手な宣伝も、派手なキャストもなかった
     けれど、それでも何もかもが素敵な作品。
     早くDVDにならないかな。

  2位 ダディ・ロング・レングス(9月/シアタークリエ)
     ミュージカルの新作で当たりが少なかった感じのある今年、
     新たな名コンビが誕生。受け演技のジャーヴィス、奔放演技
     のジルーシャ、2人芝居と思えない密度の濃さに酔いしれ
     ました。
     この二人が同学年だったなんて(笑)

  3位 ワンダーガーデン(3月~4月
      /座・高円寺、新神戸オリエンタル劇場)
     ふわっとした空気が流れる、優しさあふれるお芝居。
     四姉妹の個性の違いが印象的。女役と男役の切り替えも
     新鮮。
     ご贔屓さんの男役がありえない程似合っていたのが
     印象的(笑)

  4位 ジキルとハイド(3月~4月/日生劇場他)
     エマとルーシーのバランス、エマとアターソンのバランス、
     そして無論ジキルと周囲のバランス、どれもがとても引き
     締まっていた感じ。鹿賀さん版を見ていないので新版を
     受け入れやすかったのかもしれません。

  5位 地球の王様
     (11月~12月/紀伊國屋サザンシアター他)
     芝居なのに堅苦しい感じが少なくて、笑いとちょっぴりの
     皮肉が混ざる心地好い作品。twitter作品公式がとても
     感じが良かったのが印象的。回替わりのつながりカード、
     リピーター向けの上手い企画でした(笑)

 <女性キャラクター部門>
  1位 ジルーシャ(ダディ・ロング・レッグス)
    /演:坂本真綾さん
     1位は真綾さんの魅力全開のこの役に。
     奔放にして聡明、大胆にして繊細、女性にして大胆。
     女性としての魅力すべてを持った彼女の演技に拍手です。

  2位 蜘蛛女(世界は僕のCUBEで造られる)
    /演:佃井皆美さん
     「リンダリンダ」で出会った彼女のアクションですが、
     その次々作の初悪女役。
     存在感、アクション、声全てに痺れました。

  3位 春来尼(五右衛門ロックⅢ)/演:高橋由美子さん
     ただもんじゃないキャラやらせたら絶対に外さない
     安心のブランド。歌、佇まい、コメディ全てにおいて
     安定した実はボスキャラ。彼女は核に据えてこそ。

  4位 ジャンヌ・ダルク(朗読劇・レチタカルダ)
     /演:新妻聖子さん
     彼女にはやはり戦う役が似合う。ただ真っ直ぐに前を
     見据える凛々しさ。迷いながらも進もうとする役柄が
     彼女自身とだぶって見えました。

  5位 エマ(ジキル&ハイド)/演:笹本玲奈さん
     凛々しさと切なさと力強さと。
     その全てを兼ね備えた、淑女中の淑女を選びました。
     優しさに偏らず、厳しさに偏らず、すっくと立ち続ける姿が
     輝いていました。

 <楽曲部門>
  1位 卒業式(ダディ・ロング・レッグス)/坂本真綾さん
     振り返ると今年の作品で印象的な曲は少なく、ほぼ唯一
     と言って良い新曲がこれ。クリエに響く澄み渡る歌声。
     ポップな曲調の中に、どこか寂しげな心情を入れ込む
     あたりがとっても上手い。

  2位 42nd Street(ブロードウェイミュージカルライブ2012)
     /笹本玲奈さん
     舞台ではありませんが、その余りの格好良さに脱帽の
     1曲。
     曲というか生で見たあのダンスのイキイキとした様に
     感動。
     彼女をもっと明るい舞台でも見たいと思う。

  3位 ラブレター(リンダリンダ)/高橋由美子さん
     暗い空間に染み渡る感情溢れる歌は、持ち歌と見紛う
     ほど。
     無償の愛情が深く深く伝わってくる素敵な歌でした。

  4位 すべてはあなたに<英語版>
     (クンツェ&リーヴァイの世界)
     /新妻聖子さん&パトリック・シュタンケ
     「マリー・アントワネット」海外版から。眼福、耳福、
     そして心服。
     実はマルグリットじゃなくてマリー属性なのではと思う
     聖子さん。

  5位 tomorrow(アニー)/松田亜美ちゃん
     まっすぐな歌声は心を豊かにしてくれました。
     邪心を欠片も感じさせない、良い意味での子供らしさは
     見ていてとても心地好かったです。

 <男性キャラクター部門>
  1位 ジャーヴィス(ダディ・ロング・レッグス)/井上芳雄さん
     初めて見たかのような井上君の受け芝居。無理に抗う
     ことなくそこに存在する様が素敵。ジルーシャに翻弄
     されながらも、軸足を外さない演技が素敵でした。

  2位 石巻竜司(ワンダーガーデン)/高橋由美子さん
     男性よりも男性らしい演技だったのでこちらに(笑)
     四華版(女性4人)、四獣版(男性4人)全部ひっくるめて
     一番男らしかったとはこれ如何に。
     立ち姿の綺麗さが印象的でした。

  3位 シャルル・ド・ボスコーニュ(五右衛門ロックⅢ)
     /浦井健治さん
     そのありえない存在感に一票(笑)
     噂以上の凄い奴でした(爆)
     出落ち、歌、立ち回り、全てに置いて最強キャラで
     脱帽です。

  4位 アターソン氏(ジキル&ハイド)/吉野圭吾さん
     男性版・一癖も二癖もある役を得意とする吉野氏、エマとの
     疑似カップル(表面的に友人関係)としてのバランスが
     良かった。
     本当の意味でジキルの友人だった氏の存在の格好良さに
     一票。

  5位 山田のおじさん(子どもの一生)/山内圭哉さん
     印象度№1な怪演役者といえばこれしかありません。
     「よろしいですかぁ」が一部で局地的に流行語になったの
     には笑いました。

・・

一昨年、一時的に減った観劇回数も今年は3桁に乗るほどに。
観劇ペースを落とさないと大変と、自戒を込めて毎年この文を書いている気がします(苦笑)。
来年はもうちょっとほどほどに楽しむようにします(爆)。

|

« 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ~』(3) | トップページ | 『ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL』(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年もお別れ。:

« 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ~』(3) | トップページ | 『ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL』(2) »