« 『DRAMATICA/ROMANTICA Ⅴ』(1) | トップページ | 『DRAMATICA/ROMANTICA Ⅴ』(3) »

『DRAMATICA/ROMANTICA Ⅴ』(2)

2012.10.22(Mon.) 19:00~21:50

シアタークリエ 10列目1桁番台(下手側)

芝居の世界では休演になることが多い月曜日、それなのにドラロマはこの日も通常運転、というか2回公演(笑)。

通路からちょっと離れて、少し惜しいなと思っていたこの席(ちなみにFC席)、開演して分かったのですが、新妻姫からの殺気目線&ご指名ポイントであることに気づく。特に1曲目のオープニング曲で目線が来ること来ること(←ただの勘違いさんと思っておいて下さい)。目で殺されまくりました、はい。

2曲目の王子と姫の剣の交わし合い、そして知念ちゃんの「シネマイタリアーノ」と大好物3連発を堪能した後は、恒例のトークコーナーへ。

というか毎回毎回、よくもまぁそんなにネタがありますよね、と感心するのですが、もはやテンプレと化した感のあるドラロマトーク方程式。

王子がひょいとボールを上に上げて、新妻姫が十回近く空中でトスして、知念ちゃんにパスするもすぐさまひょいっと彩吹さんへ、で彩吹さんが上手くまとめてkimさんに渡すとkimさんが地面に叩きつける、みたいな印象が(爆)。

今日はマチソワ間のケータリングの話から。

参考資料→新妻さんblog

井上君「今日はあなた(=新妻さん)生き生きしてましたね」
新妻さん「だってあのケータリングはテンション上がりますよ。美味しいしー!!」
井上君「関心なくて食べてなかったら『あのケータリング見て食べないなんてバッカじゃないの』って言われました(笑)」
彩吹さん「そういえばそばの出前も頼んでたけど、あれも食べたの?」
新妻さん「はい、食べました。そばに油揚げ載せてって無茶な注文したらやってくれました」
井上君「言ってみるもんだね」
新妻さん「言ってみるもんですよ(笑)」
井上君「新妻さんはケータリングの充実さでテンションが全然違うんですよ。へにゃーってよれよれな感じになってる時と、『テンションマックスですっ!』みたいなのが極端で(笑)」
新妻さん「今日は絶好調ですよ!(笑)」

自己紹介シーンでkimさんの通訳を彩吹さんが買って出たところ・・・

kimさん「いえ違います(会場内大爆笑)」

・・・新妻さん、右手でばっさり剣を振り下ろすマネを・・・あ、「一刀両断」ってことですね(笑)

kimさん「今日のお客さまとお会いできたことは・・・あれ、これ日本語でどう言うんだっけ・・・」

ひとしきり彩吹さん、知念ちゃんも悩みつつ、答えを出したのはやっぱり・・・

新妻さん「もしかして『必然』?」
kimさん「そうです」
会場内一同「(よかった答えが出て)」

・・・というくだりが。単純に英語だったんでしょうけども。

Vメドレーの紹介に至っては・・・

井上君「今気づいたんですけどVメドレーって22曲ですね。両手でVサイン作ると22ですよ!」
女優陣「へぇー(←異様に気のないそぶり(笑))」
新妻さん「曲目はパンフレットに載ってますよね」
他一同「いや載ってないよ」
新妻さん「そうなんですか。じゃぁblogに載せましょうか」(会場内やんやの喝采)
井上君「自分の宣伝するねー(笑)」

その結果がこれ←ネタバレ有りなのでご注意ください

それにしても宿題をその日に終わらせないと気が済まないあたり、新妻さんの性格をよく表しております(笑)。

んでドラロマ初のコント仕立てコーナーの登場人物のネーミングについては・・・

彩吹さん「可愛さ重視で選びました」
新妻さん「私はじっくり考えました。もちろん『ミス・サイゴン』の”クリストファー・スコット”からです」
井上君「だからクリスのことは忘れなさいよ(笑)。あ、俺やってたか(爆)。
 クリスは帰ってこないんだから」
新妻さん&知念ちゃん「クリスは帰ってくるじゃん」
井上君「奥さん連れてね(爆)」

井上君「じゃぁ知念ちゃんは」
知念ちゃん「もういいですよ」
新妻さん「里奈ちゃん拗ねちゃったよ-
知念ちゃん「ジャクソンはかっこいい風で。」・・・とマイケル・ジャクソンの後ずさりアクションに会場内やんやの喝采。
新妻さん「里奈ちゃんのたがが外れてきた-。嬉しいーっ!」

・・・やっぱりそう思ってたのか。冷静だもんね、知念ちゃん。
ドラロマで完全にリミッター外してる新妻さんが言うと説得力あるわぁ。
ちなみに里奈ちゃんは恥ずかしがって新妻さんに抱き抱えられに行ってましたが。


井上君「自分の場合は『ジョシュア』だったんですが(助手に掛けて)で、オバマと」(場内苦笑)
新妻さん「やっぱり『ややうけ』ですね(笑)」
井上君「そうかぁ」
新妻さん「ここより上には行かないと思いますよ。ここでウケ度はマックスかと
井上君「うるさいよっ!!」

(笑)

この2人の漫談、毎回5勝5敗みたいになってるのが面白すぎる。

本編は変わらず凄い迫力なのですが、今回印象的だったのが「ROMANTICA」のM2「Bring Me To Life」。
ドラロマ初の、新妻さん&Kimさんのデュエット。
初めて2人が声を合わせたのを聞いたのですが、何というのかその圧迫感が凄い。
地獄の底に引きずり込まれるというか、何かとてつもない闇を感じてすごく息苦しくなる(比喩)。

新妻さんの歌声はずっと聞いているけれど、時に負の方向に突っ切ることがあって、一番典型的だったのは「プライド」の緑川萌役。ライバルである麻見史緒をどんなことをしてでも引きずり下ろそうという、あの執念にも似た空気を、なんだかちょっと今回も感じました。

ラストのトークコーナー。
どうも最近恒例の出し物と化していたらしい、
kimさんの「今日の客言葉(←勝手に命名)」。

kimさんに「今日は何だと思います?」って言われてうろたえる4名(笑)。そりゃそうだ、分かるわけありませんな。
ちなみにお昼は「桜」だったそうで。

井上君「果物は?」
kimさん「もう全部終わりました」
彩吹さん「ブドウが最高峰で終わったそうです」(ちなみに回によってはトマトだったりスイカだったりしたそうです)
kimさん「今日は『百合』です」
井上君「おー、上品ですね」
kimさん「そうです。お上品なお客さまで」
新妻さん「百合の花言葉は『純粋』ですよね」
井上君「そうなの?」
新妻さん「いや、適当に言いました(会場内大爆笑)」
彩吹さん「じゃぁ、新妻さんが調べてblogに書くということで(笑)」
新妻さん「(一本取られたとあっけにとられた表情で)・・・はい・・・iphoneで調べて書きます」

で、その結果がこれ

(後半にネタバレあり。ご注意です)

という、新妻さん大暴走の結果、マチ+ソワ+宿題となったこの日のドラロマだったのでした(爆)。

|

« 『DRAMATICA/ROMANTICA Ⅴ』(1) | トップページ | 『DRAMATICA/ROMANTICA Ⅴ』(3) »

コメント

はじめまして。初コメントです。

ときどき、行けなかった舞台の様子が知りたくてブログを拝見させていただいておりました。

ドラロマは行けなかったので臨場感あふれるレポに感激しております。

ところで、Miss Saigonのクリスは、クリストファー・スコット(Christopher Scott)かと思います。ちょっと気になったもので。失礼しました(^-^;

投稿: ピピン | 2012/10/23 16:12

ピピンさん>
はじめまして。コメントありがとうございます。そう言っていただけて嬉しいです(今回は謎のネット接続不可で空港からupした原稿なのでなおさら)。

クリスの名前の件、ご指摘通り修正いたしました(実は1回目も間違っていたので訂正しました)。ご指摘ありがとうございます。

毎回記憶を絞り出して書いているもので、今後も頑張ります(^^;)

投稿: ひろき | 2012/10/23 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/55952269

この記事へのトラックバック一覧です: 『DRAMATICA/ROMANTICA Ⅴ』(2):

« 『DRAMATICA/ROMANTICA Ⅴ』(1) | トップページ | 『DRAMATICA/ROMANTICA Ⅴ』(3) »