« 『ミス・サイゴン』(10) | トップページ | 『ミス・サイゴン』(11) »

『アニー』(2)

2012.8.25(Sat.) 15:30~18:30
2012.8.26(Sun.) 11:00~14:10
愛知県芸術劇場(愛知芸術文化センター)2階席

まさか「アニー」で遠征する日が来るとは(笑)。

初「アニー」を青山劇場で見て早4ヶ月、2012年「アニー」も、この名古屋公演の後は大楽の富山公演を残すのみ(9月1日・2日)。8月中旬の仙台公演とどちらを選択するか迷ったのですが、日程的に1泊で2回見られて、ソワレ&マチネで亜美ちゃんという、私的に一番有り難い日程の名古屋を選択。

それにしても、出演者1人のために遠征ということをやる時点で、自分的には「ご贔屓さん」のカテゴリに入っちゃうので、満席とか言っておいて5席目は亜美ちゃんか・・・(爆)。

青山劇場公演は立ち見だったので、初めて座席に座って見たこの公演。
松田亜美ちゃんの相変わらずのまっすぐな歌声に感動しつつ、というかこの愛知県芸術劇場、音響から座席から構造に至るまで、とってもお気に入りの劇場です。

何しろ5階席まであって、東京でさえこの座席数を埋めるのは厳しいだろうなぁという大きさが、帯に短したすきに長しみたいな規模ではあるのですが、この劇場のレベルが羨ましい。オーケストラの皆さんもここの劇場が一番弾きやすいそうで、確かに音の伝わり方がとても綺麗で、それも感動です。

この劇場がドラロマの大楽を飾るわけですか・・・それだけで身震いできますね。

2階席と言っても1階席の多少の段差しか感じず、見にくさとか遠さとかを感じません。



亜美ちゃんの何が凄いって、この歳で演技に嫌味も癖もなく、それでいて欲しいところにきっちりと歌声と感情がやってくるところ。こういう感性って天性のものでなかなか後で身につくわけじゃないと思うんで、とても貴重。

どうしてもアニー出身の子役さんは、その後なかなか出てこれないみたいなジンクスがあるので、亜美ちゃんにはぜひそれを打ち破って欲しかったりします。身長が低いと役が限られるから、後々身長は伸びて欲しいんですけどね。ちっちゃいよなぁ(笑)。



土曜日マチネで隣に座ってたお客さんのコメントが聞こえてきたんですが、

「ニューディール政策ってアニーがきっかけだったんだね」

・・・えーと、えーと。

え、あれ全員が全員ネタだと分かっていると思っていたんですが(苦笑)。

不景気のまっただ中の1920年代のアメリカで、「明るさ」を求めた人たちの象徴が「アニー」という”希望と夢を失わない少女”であった、という描かれ方なので、あのシーンはそれの極端な表現ではあるわけなのですが、何というか芝居はあくまで芝居であって創作であって、それでも無条件に信じちゃう人がいて、それが「真実」みたいに一人歩きするのかなぁ、となんだかちょっと微妙な気持ちになったのでした。

まぁ斜に構えて”こんなのお伽噺じゃねーか、ありえねー”って足組んで見てる人より何倍も素敵だとは思うわけですけれども(実際にいたりするから困る)。

そういえばこの日見ていてちょっと気になったことなのですが、アニーって、孤児院の仲間に手紙を書くじゃないですか。
あの時代に自分で手紙書けて読めて、という孤児ってちょっと浮世離れしている感じがするんですね。
(日本では当時から識字率100%が当たり前ですが、アメリカで、しかも1920年代となるとちゃんと文字を書ける人の比率はそうは高くないはず)

「アニーは実は結構良いところの子供だったんじゃないか」という雰囲気を何となく感じるんですが、そうでないとあそこまであらゆる意味でスマートではいられないというか、良い意味でのまとめ役にはなれないんじゃないかと、ふと思ったりします。

無論それを鼻に掛けたりすることは当然ないし、亜美ちゃんもそんなアニーを嫌味なく演じるから、とっても清々しい気持ちになれるわけですけれど。

さっきの話にちょっと戻りますが、ホワイトハウスの中で議論ばかりしている大人に対して、アニーが「Tomorrow」を歌うシーンが、脚本としてみればやっぱり不自然で、やっぱりあざといわけですよ。
でもそれを受け手にリアルだと感じさせてしまうほどに押し切っちゃう、「アニー」という作品と、そして亜美ちゃんのパワーに感服することしきり。

なんか突っ込むのが野暮じゃないかと思えてくるので(笑)。

小難しい理屈を大人はひねり回すんだけれども、そんな大人の嫌らしさを素直な気持ちで反省させてもらえる素敵な物語。
今まで見られなかった作品とこういう形で出会えたことに感謝。

|

« 『ミス・サイゴン』(10) | トップページ | 『ミス・サイゴン』(11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/55524191

この記事へのトラックバック一覧です: 『アニー』(2):

« 『ミス・サイゴン』(10) | トップページ | 『ミス・サイゴン』(11) »