« 『リンダリンダ』(2) | トップページ | 『リンダリンダ』(3) »

『骨唄』(1)

2012.6.28(Thu.) 19:00~20:55
あうるすぽっとB列1桁番台(センターブロック)

トム・プロジェクトプロデュースの3人芝居、3演目の東京初日。

2006年が初演ですが、この時は見ておらず、2009年の本多劇場(下北沢)の再演で初見。

今回がこのメンバーでのラスト上演、と新妻さんが言っていますが、とにかく東京は短期間公演。
愛知、福岡と上演して東京ですが、実はこの前後に出張公演や観劇同好会公演があり、10公演前後演じているのだそうです。

3年ぶりに見て思った印象というのが、とにかく新妻さんの素にずいぶん近い役だなぁという。

3年前と今とでは、新妻さんの人となりについての見え方が違うせいもあるのだと思うのですが、ピュアなところも、それだけに人を疑い出すと止まらないところも、個人的な印象ながら、すごくご本人とだぶります。どことなくぽわんとした天然さや、触れる物すべて傷つけるかのような通称マルグリット属性とか、ころころ変わる気持ちの動きとか、まさに「まんま」見ているかのよう。

幼少の頃に負った傷を、冨樫真さん演じる姉は自身にとって”十字架”であるかのように思い、そして妹のために全てを投げ打つ様とかを見ていると・・・姉妹の絆の強さまで、これまたシンクロして感じたりします。

懐かしかったのは、新妻さんの堂の入った少女っぷりもさることながら、冨樫さんの堂の入った行き遅れっぷり(念のためですが褒めてます)。この方、トム・プロジェクトの「エル・スール」で、初演で由美子さんが演じたヒロイン役(あれも相当いっちゃってる役でしたが)を再演で演じているんですよね。・・・つまるところ、演技的にはとても好きな系統です(笑)。

そしてお父さん役が高橋長英さん。劇中、新妻さん演じる栞が父親をなじるところで、姉に「あなたは父親を責めちゃいけない」と言っているシーンが凄く好きだったことを、今回見て思い出した。

「私は父を責めていいの、あなたは父を責めちゃ行けない。2人から責められたらお父さん可哀相じゃない」

これを聞いた栞は、「なんでお姉ちゃんは良くて私はダメなの?」ってだだをこねるのが、妹属性でとても可愛いんですが(栞は少女とはいえ実はしっかりしているので、全編に亘って実はそれほどまでにはだだをこねてない)、これを最初に聞いた時は栞と同じく、「お姉ちゃんずるい」って感想を持ったんですね。

ただ、3年経って改めてこの物語を見てみると、姉が率先して嫌われ役を買って出ているんだというのがよく分かる。
妹はピュアじゃなくちゃいけない、汚れた分は全部私が引き受けるんだという、姉の思いが伝わってきて、だからこそ妹も甘えられる。この姉は母親の属性もあわせもっているからとも言いますか。

もう一面から見ると、栞はそれだけ父親と姉に守られていながら、天真爛漫さを発揮しつつ、どこか息苦しさを感じているように見えて。あたかも「籠から飛び立てない鳥」のように見えたのは、そこは彼女自身の点と恐らく真逆なんだろうなと思えて。

舞台一面に置かれた風車が、一斉に回り、そして照明を効果的に使ったラスト。本多劇場で見たときよりも、前方だったせいもあるのですがとにかく圧迫感あってぐいっと迫ってきて、圧巻でした。

たまたま今回通路際だったのですが、通路を白のジャージ着た新妻さんが至近距離を突っ走っていったのがとても印象的でした←どういう締めだ(爆)。

|

« 『リンダリンダ』(2) | トップページ | 『リンダリンダ』(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/55074796

この記事へのトラックバック一覧です: 『骨唄』(1):

« 『リンダリンダ』(2) | トップページ | 『リンダリンダ』(3) »