« 『アニー』(1) | トップページ | 『ブロードウェイミュージカルライブ2012』(1) »

『ミス・サイゴン』(8)

2012.5.3(Thu.) 16:20~17:10
自由が丘駅前「自由が丘スイーツフェスタ」野外特設ステージ

青山劇場「アニー」マチネを見た後、充実した気持ちのまま渋谷から東横線急行で自由が丘へ。
わずか7分の超短距離です。

ちょうど前の警察関係のイベントが終わったところで、ちょっと待っていると前方へ民族大移動。
舞台向かって右側、背の低い自分にとっては屋外は鬼門ですが、それでも前方列の間から表情が
見えるぐらいの位置は確保。

15時50分からリハーサルが始まり、雨も小降りとはいえ降ってるために、東宝さんの企画、
facebookのチェックインは果たせず(せめてもうちょっと前に言ってくれれば準備できたのにねぇ・・・。ちなみにサイゴンのトートバックとTシャツのどちらか選択だったそうです)

リハーサルでは出てこないと思ってた玲奈ちゃんが水色のアオザイで登場、会場が一気に沸きます。
知念ちゃんがリハーサルの時に曲の一番盛り上がるところで切られて「はい、これでいいんですね」とばっさり言ってて客席に笑いが。

・・・

本編の司会進行は、岡さんと泉見さん。

泉見氏は終始カンペを堂々と見ながらのとても必死な進行でしたが、ちょくちょく噛むので特定の位置の皆さまから大笑いが。いやぁ、さすが癒し系。結果からするとカンペを見たとしてもほとんどノーミスな泉見君が大正解(理由は後述)。

1曲目は「火が付いたサイゴン」。

4年前の渋谷イベントでは、今日は不在(目黒に出ないため)な新妻キムと笹本キムの初共演だった時に比べると普通にノーマルな展開。キムは玲奈ちゃん。先ほどの水色のアオザイは、前回のオレンジのアオザイとはまた違った清楚な感じ。
「17歳で初めて~」はちょっと年齢が上な印象があるけれど今回だと玲奈ちゃんの一択シーンだろうしなぁ・・・

因みにこの後のキャスト紹介で、

 岡さん「17歳、笹本玲奈~」
 玲奈ちゃん「(笑顔でお辞儀)

 岡さん「同じく17歳、知念里奈~」
 知念ちゃん「(顔を伏せて恥ずかしがる)

の違いがキャラの違いを如実に表現していました(笑)。
そりゃ年齢違うけどさ-。

そのせいもあってか

 岡さん「3回目のキムですが、どんな違いがありますか」
 知念ちゃん「先ほどもありましたが9年分齢を重ねましたので、9年分の色々な経験をキムという役に投影して、また新たな彼女の心情に近づけたらと思います」

という合わせ技まで存在しました(爆)。

2曲目は「世界が終わる夜のように」

前回は新妻キムと藤岡クリスの、とてつもない藤岡君暴走バージョンでした(笑)。
今回は知念キムと原田クリス。
知念ちゃんの完成度が噂に聞いてましたがハンパないです。確かにちょっとキンキンしている感じはあるけど、それこそ「9年分の齢」が柔らかさも感じさせて、とてもいいです。全般的に言えることですが、女性の完成度が今時点で相当高いので、男性が押されている感じがありあり。あ、知念ちゃんの衣装は前回のオレンジアオザイ。今でも入るってことは・・体型変わっていないのですね。衣装も変わるので見納めになりそうだとか。

ここのトークで面白かったのが
 岡さん「原田君は上は(アンサンブル同様)サイゴンTシャツを着ようと思ったらしいですけど」
 原田さん「そう思ったんですけど、下が同じ色だったんで、柏餅みたいになりそうでやめました(笑)」
 岡さん「この服はGIをイメージしてるんだよね?」
 原田さん「そうです」

それにしても、柏餅(笑)。

3曲目は「今も信じているわ」

知念ちゃんが残って、エレン役の木村花代さんが登場。

製作発表でも流れたこの組み合わせですが、そのまま本公演に行けそうな感じの凄さ。エレン役初登板の花代さんですが、知念ちゃんとの相性は抜群なようで、この組み合わせそういえば一つも押さえていないんだよな-、ということに改めて思い至る。姫ペアキムは入れ放題入れてあるから、増やすなら知念ちゃんだけだな-。

4曲目は「ブイドイ」

曲説明は岡さんですが、今日の岡さんは何だか調子が良くなさそう。自分が歌わないせい?(爆)
妙に安定感がないのが気になります。

ジョンは上原君で、アンサンブルは通常男性だけの曲ですが、この日は女性も加わっての「自由が丘スイーツフェスタスペシャル」(岡さん談)。

役柄上はともかく歌の完成度はさすがで圧倒されます。

 岡さん「この曲は唯一生演奏でお送りしました。上原君が『生演奏じゃないと歌わない』と言ったんで(笑)」
 上原君「そんなこと一言も言っていないじゃないですか(笑)」
 岡さん「上原君が『生演奏じゃないと歌わない』と言ったんで」
 上原君「だから言ってませんって(笑)」

5曲目は「命をあげよう」

知念ちゃんが2曲続いたので、今度のキムは玲奈ちゃん。
当然、そこにいるのはいつもと同じく可憐な笹本玲奈ちゃんその人。

 岡さん「それでは聞いていただきます。ベトナム人少女キム、
     知念里・・・・(何かを気づいたかのように止まる、会場も空気が一瞬止まる、玲奈ちゃんも止まる・・・)
     知念里奈ちゃんじゃないキムの笹本玲奈さんです」

 会場内失笑。

 ここ、玲奈ちゃんが「びえーーん」と泣き真似してたそうなんですが、そこちょうど影に隠れて見えなくて一生の不覚(泣)。 でもその後、玲奈ちゃんが岡さんを下から見上げて「ごめんなさいはーーー?」みたいに見えたのは見間違いじゃないと思う・・・(苦笑)。

 アスリートの人がスタート直前が緊張の極致になっていて、触れるとやけどしそうになっているのと同様、歌う直前の歌い手さんは極度の緊張になっていると思うのですが、そのタイミングで岡さん、それはないわぁ。

 でもたった10秒で気持ちを立て直してキムに戻る玲奈ちゃんの頼もしさときたら。

 公開イベントにはめっぽう強い印象がある玲奈ちゃん。4年前の渋谷もこの曲は玲奈ちゃん。

 ここまでの曲で熱気一杯になった(ちなみに自由が丘駅ホームからも見えるので手が振られてた。たまに岡さんがそっち向けにいじるw)勢いそのままに、ピュアキムな玲奈ちゃんの澄み切った、それでいて力強いソロが小雨空に立ち向かっていく至福の時。うん、やっぱり凄くいい。

 岡さん「キムは笹本玲奈さんでした」
 玲奈ちゃん「知念里奈さんじゃない方の笹本玲奈でした(会場内大笑)」

 ・・・・うわー、玲奈ちゃん冴えすぎて素晴らしい。
 岡さん、救われましたね-。
 アオザイが入る程度にスイーツいっぱい奢ってあげないと(笑)・・・とか思ってたらすぐ帰っちゃうし(爆)。

 岡さん「玲奈もキムは3度目ですが、今回はどんな思いがありますか」
 玲奈ちゃん「愛って何だろうとか、人と人の絆の深さって何なんだろう、って思っている方は、この作品を見て、答えが見つかるんじゃないかと思います」
 岡さん「笹本さんにとって『愛』って何?」
 玲奈ちゃん「この作品で見つけたいと思います」(会場内一同「すごい」という空気が)
 岡さん「素晴らしい」
 玲奈ちゃん「(アオザイ着たまま左手でガッツポーズ。会場内から笑い&どよめき)」

 因みに動画リンクこちら

 ・・・・お陰様で玲奈ちゃんがほとんど美味しいところを持っていきましたと。

 名前間違えるほどなのに呼び捨てなのはなぜ(笑)。
 逆に仲良すぎたから油断したんだなきっと。
 サイゴン期間中、玲奈ちゃんには頭上がらないですぜ、岡師匠(爆)。

 それにしても最近の玲奈ちゃん、トークで随分持っていきます。
 先日のジキハイの「石丸さんの癒しでありたい」といい、トークが苦手だったとは信じがたいです。
 前日から考えてくる感じではないのに、それでもこういう素敵な言葉がすっと出てくるのはとてもいいなと思います。言葉だけ見るとよそ行きなのに、でもしっかとハートの裏付けがある感じがとても素敵で、そして頼もしいです。

 この日、サイゴンうちわが配られていたのですが、それに関する会話。
  岡さん「うちわを配っていますが、これ自由が丘限定です」
  泉見君「このうちわについているQRコードにアクセスすると割引情報がゲットできます」
  岡さん「QRコードってどう使うんですか」
  泉見君「携帯で普通に撮るとかですかね(むにゃむにゃ)」
  岡さん「いや分からない人いるって。このうちわもってきて『割引して』って言う人いるんだから」
  泉見君「QRコードの使い方分からない人はまわりに聞けば誰か知ってます」

 ・・・いやこの辺、岡さんと泉見君どっちが言ったのか覚えてないぐらいぐちゃぐちゃ(笑)
 どうも、実は「ふたりとも分からない」らしい。

  泉見君「デジタル社会って大変ですね」

 ・・・オチそれですか(爆)。

ラスト6曲目は「アメリカンドリーム」
 エンジニア役は何と岡さんが担当。
 力入っているというよりは、すっと来て歌っていったみたいな感じでしたが(笑)。

 大団円のこの曲で幕。
 なんとか空模様もぎりぎり持った感じではありましたが、正直「雨天決行」と某キムが煽らないと(爆)回避しかねないような状況(笑)。でも行って良かった-。色んな意味で楽しかったイベントでした。

 因みに終了後、フォロワーさんとお話ししていたら、囲み取材が中止になったというアナウンスの前後で、アオザイ姿で上半身黒のジャケット着ただけの玲奈ちゃん登場!満足そうな笑顔で帰って行かれました。それにしても、下はアオザイが見えたまま・・・。
 すぐ後ろにいた知念ちゃんが上下とも黒ですっぽり覆っていたのと対照的で、え、あれで電車乗るの?

 ・・・まぁ、クリスマスとはいえ着ぐるみ着て横浜から電車で帰った玲奈ちゃんなら大丈夫か(笑)。

|

« 『アニー』(1) | トップページ | 『ブロードウェイミュージカルライブ2012』(1) »

コメント

優ちゃんの柏餅はネタ仕込んできたなって感じ^^
こどもの日だけに柏餅。。。


玲奈ちゃんの舞台度胸はさすがですね。自信あるからこそだろうけど、10秒で立て直して切り替えて、「この歌なら任せて!」みたいな・・・
玲奈ちゃんからはそういうミュージカル女優オーラを感じます!


この日、聖子キムがいたらまただいぶ雰囲気変わってたでしょうね…
玲奈キムよりももっと美味しいとこ持っていきそうだけど(笑)

投稿: えみりぃ | 2012/05/04 01:40

えみりぃさん>
こどもの日には2日早かったですが(笑)>柏餅

10秒って書きましたが実質そこまでなかったかも。「この状態なら失敗してもみんな納得する」とは思いながらも(←岡さんのせいw)玲奈ちゃんなら立て直してくれると信じてました。さすがとしか。

MC担当な新妻キムがいない分、玲奈キムは責任感を感じてたのでは。イベントが締まった第一の功労者は玲奈ちゃんかと。また知念ちゃんも要所要所で締めてましたし、歌で光った花代さん、池谷さんといい、女性陣の活躍に頼り切りな現状でした。

投稿: ひろき | 2012/05/04 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/54624515

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミス・サイゴン』(8):

« 『アニー』(1) | トップページ | 『ブロードウェイミュージカルライブ2012』(1) »