« 『ミス・サイゴン』(8) | トップページ | 『ブロードウェイミュージカルライブ2012』(2) »

『ブロードウェイミュージカルライブ2012』(1)

2012.5.12(Sat.) 17:30~21:25
新国立劇場中劇場 1階20列30番台

去年に引き続き、笹本玲奈さんが、そして今年は大塚千弘さんも出演ということで行ってきました初台。

普段、この手のものは必ず初日に行くようにしているのですが、何しろ先月来のハードワークで平日夜の初日を観ることなど無茶の無茶で、blogやらtweetやら、回避に必死でした。

大体漏れ伝わってきた話で概略は認識したのですが、なんとか回避しきったと思って出演者のうちのお一人、ソニンちゃんのblogを見たら、コメント欄にまさかのネタバレがあって玉砕しました(大笑)。

というわけで、当blogも曲ネタバレだらけです。
NGな方は回れ右ですーーーー。






よろしいですか?

ではセットリストから。
(★はご本人の持ち歌=※誤りがあったらお知らせください)

<第1部>

1.オン・ブロードウェイ/スモーキー・ジョーズ・カフェ/全員

2.ウィー・ウィル・ロック・ユー~君を愛するため僕は生まれた
 /ウィー・ウィル・ロック・ユー/石井一孝

3.オール・ザット・ジャズ/CHICAGO/湖月わたる

4.僕こそミュージック/モーツァルト!/藤岡正明

5.愛していれば分かり合える/モーツァルト!
 /★大塚千弘&田代万里生

6.私にとって大切なのは/CHICAGO/米倉利紀

7.世界が終わる夜のように/ミス・サイゴン
 /★ソニン&★石井一孝

8.ハー・ヴォイス/リトル・マーメイド/田代万里生

9.胸が痛むよ/オール・シュック・アップ/★岡田浩暉

10.ノー・マター・ホワット/ウィッスル・ダウン・ザ・ウインド
 /男性アンサンブル

11.新たな生活/ジキル&ハイド/笹本玲奈

12.ダンシング・イン・ザ・ダーク/バンド・ワゴン
 /大澄賢也&湖月わたる

13.エピファニー/アルター・ボーイズ/中河内雅貴

14.星から降る金/モーツァルト!/姿月あさと

15.「プロミセス・プロミセス」メドレー/大塚千弘
 小さな願い~ア・ハウス・イズ・ノット・ア・ホーム
 ~もう恋なんてしない/プロミセス・プロミセス

16.自由を求めて/ウィキッド/ソニン(英語)

17.フォーティ・セカンド・ストリート/フォーティ・セカンド・ストリート/笹本玲奈

<第2部>
18.「RENT」メドレー
 /★ソニン&★藤岡正明&★米倉利紀&大塚千弘
 シーズンズ・オブ・ラブ~アウト・トゥナイト
 ~アイル・カバー・ユー/RENT

19.アンド・ザ・ワールド・ゴーズ・アラウンド/湖月わたる
 アンド・ザ・ワールド・ゴーズ・アラウンド

20.熱心党シモン/ジーザス・クライスト=スーパースター
 /岡田浩暉

21.ビート・ミー・ダディ/ビッグ・ディール/大澄賢也&中河内雅貴

22.カテドラルの時代/ノートルダム・ド・パリ/藤岡正明

23.闇が広がる/エリザベート/★姿月あさと&★田代万里生

24.オン・マイ・オウン/レ・ミゼラブル/ソニン(英語)

25.彼を帰して/レ・ミゼラブル/米倉利紀(英語)

26.カフェ・ソング/レ・ミゼラブル/★石井一孝

27.<from"Fosse">/大澄賢也&湖月わたる&中河内雅貴
 アイ・ガッチャ/ライズ・ウィズ・ア・ズィー
~スチーム・ヒート/パジャマ・ゲーム
~リッチマンズ・フラッグ/スイート・チャリティ

28.永遠の瞬間/レベッカ/★大塚千弘

29.サンセット大通り/サンセット大通り/★田代万里生

30.星のさだめ/アイーダ/笹本玲奈&藤岡正明

31.夜のボート/エリザベート/姿月あさと&★岡田浩暉

32.ブロードウェイの子守唄/フォーティ・セカンド・ストリート/全員


基本的には、1人1曲の持ち歌+それ以外2~3曲の構成、といいつつ、持ち歌が2曲ちゃんとあるのに2曲とも外れてる玲奈ちゃんが不思議(笑)

本役は芝居の中で培った深みがあるからそれだけでアドバンテージですからね。
千弘ちゃんの「永遠の瞬間」は完全に「ここはクリエか帝劇か」って感じでしたし。

出演者編つれづれ。

・岡田さんはなぜそこまでご自身のイメージと外れるアクティブ系を選びたがるのだろう(去年もジーザス=クライスト=スーパースター(今年と別の曲)だった)

・石井さんどこのロックスターですか
 トークも含めて、コンサート・ライブ馴れしまくり。さすが本業(笑)
 マリウスは初めて聞いたけどやっぱりいい
 ソニンちゃんとの時を超えたサイゴンデュエットも妙にフィット
 2004年以降のキム5人全員とデュエットしたのは、
 井上君に次ぎ2人目ということになりますね
 (まさか石井さんがそれを実現させるとは)

・ソニンちゃんの英語がネイティブなのかそうなのかよくわからない
 どの曲を無理して強がってる感じがするんだよなぁ
 どうしても「触れるものみな傷つけた」みたいな
 イメージがついて回る。
 でも白いドレスは可憐だった。

・歌専門の方とそうじゃない方の落差がむにゃむにゃ

・玲奈ちゃんのダンスの格好良さハンパない
 全身が楽しそうで本当に嬉しい
 歌からすると曲数少なくてもったいないけど、なんか結構やりたい
 ことやらせてもらってる感じで、何より本人が楽しそう(笑)

・可愛さ表現させたら千弘ちゃんの右に出る人も左に出る人もいないと実感。
 緊張していた割に、持ち歌も持ち歌以外も、すごく安定してた
 「プロミセス・プロミセス」もRENTも可愛すぎる、というか可愛い系独占(爆)
 つい「ダンスお疲れさまでした」って言っちゃったけど(笑)

・藤岡君が元気なさそうな感じだったけど気のせいかな。
 M!はあっきー張りに突っ走ると思ったので意外。
 とはいえ玲奈ちゃん、藤岡君相手に全力でデュエットできて満足そうだった。
 みんなマサ君とデュエットするとそうなるのね(爆)

曲編つれづれ。

・新たな生活(玲奈ちゃん)
 位置付け的にはすっかり持ち歌ぽいけど(笑)
 いやはや、先日まで濱田さんがやってた歌を、比べられるの承知で選ぶのは、さすがはぎゃんぶらぁな玲奈ちゃん。

 以前NHK-BSで「歌いたい曲」ということで歌っていたけど,その時に比べて滑らかになったのが印象的。
 パワフルさでは濱田さんの後塵を拝すとしても、「ありかも」と思わせる女優としての大きさを感じられたかな。

・愛していれば分かり合える(千弘ちゃん&万里生くん)
 これ、なんで本公演でなかったんだろうというぐらいに完成度高すぎ。
 あ、千弘ちゃんは本役だけど。
 千弘ちゃんとコンスタンツェのシンクロって、「崖っぷちに追い詰められる緊張感」にあるんだと思うんですよね。

 張りつめた弦楽器というか。ソニンちゃんを「触れるものみな傷つけた」と喩えましたが、千弘ちゃんは「触れられたところみな傷ついた」みたいな印象だったりします。

・自由を求めて(ソニンちゃん)
 大人の事情により英語歌詞。というかこの日はマチソワでCD録音されていたので日本語歌詞はCD収録のためには使えなかったのでしょう。

 新妻さん(2008年)→玲奈ちゃん(2011年)と来て、キム3人で聞いたこの曲。
 ソニンちゃんにも日本語で歌って欲しかったのが本音。
 英語で歌っちゃうと、やっぱり新妻さんに一日の長があるように思えます(この曲は英語では歌ったことはありませんが)

そしてトークつれづれ。
この日のお題は「最近嬉しかったこと」。
今年の進行は去年の女子アナウンサーに代わりフリーのキャスターさんですが、作詞もされている方なので安定感がありました。たまに噛んでましたが(爆)。


・千弘ちゃん
 ドルフィンスイムの時に、イルカに触らせてもらって感動。
 (どんな感じという問いに)「ぷにっ」って感じです(←比喩が可愛いw)

・万里生くん
 ESCOLTAで屋久島に行った(今回2度目)
 山に入ってアカペラで歌って気持ちよかった、動物が(なんでかわからないけど)寄ってきて聞いてくれて嬉しかった

・こーきさん
 コンビニの塩おむすびのおいしさに感動した
 (司会者さんから「日常のちょっとしたことに感動できるっていいですね」というフォローがw)

・石井さん
 4月に全国(西方面中心)に回って、塩おむすびのおいしさに感動(会場内笑)

・玲奈ちゃん
 ファンの方からお手紙で教えていただいたんですが、今年のアニーの子(※)が「好きな女優さん」に私の名前を挙げてくれて
 そういう立場になったんだと思えて嬉しかった(アニーは玲奈ちゃんのミュージカル入りのきっかけの作品)

 (※)ちなみに、スマイル組の松田亜美ちゃんのこと(2010年「モーツァルト!」のアマデ役)

・藤岡くん
 1月から犬を飼い始めた。雑種なんですけど、今までいくら教えてもできなかった「臥せ!」が聞いてもらえるようになって嬉しい。
 (司会者さんから「名前は」と聞かれて「トロちゃん」。「なんで」と聞かれて「トロかったから」。
 それを聞いた玲奈ちゃんの苦笑いが見てて最高に面白かった(笑))

・おまけ 司会者編
 今回、実は2曲日本語詞をさせていただいていまして、そのうち1曲がこれから2人(笹本さん&藤岡さん)に 歌っていただく曲なのですが、こんな素敵なお2人に歌っていただけることがとても嬉しいです、と。

 それを受けて玲奈ちゃん
  「これから歌うのに・・・間違えられないですね」(笑)
 司会者さん「大丈夫です、(私以外)誰も分かりません」
 会場内の心の声「おい」(笑)
 玲奈ちゃん「(苦笑)」

 ・・・という漫談も面白かったです(笑)

 この2人+司会者の漫談は結構面白くて

 司会者さん「玲奈さんの踊り素晴らしかったですよね」
 藤岡君「踊れるっていいですよね。僕は踊れません(笑)」
 玲奈ちゃん「そんな特別なことはないんですけど」
 藤岡君「踊れる人はみんなそう言うんですよ(いじけ風w)」

 というのも(笑)

というわけで今日のソワレ(千秋楽)も見ます。

|

« 『ミス・サイゴン』(8) | トップページ | 『ブロードウェイミュージカルライブ2012』(2) »

コメント

ツイッターでもブログでも、いつも楽しいネタバレレポありがとうございます。
昨年より今回の方がCDよりDVD向きで、トークまで収録してほしかった内容のようですね。玲奈ちゃんのダンス見たかったなぁ…。

M9「胸が痛むよ」とM31「夜のボート」はどちらも岡田さんが本役で歌われた歌です。

投稿: judy | 2012/05/13 23:25

judyさん>
はじめまして。嬉しいコメントありがとうございます。毎回ネタバレしまくりで恐縮です。

岡田さんの持ち歌、ご指摘ありがとうございます。追記訂正しました。
「夜のボート」は昨日ソワレを聞いていて気づきました。

玲奈ちゃんのダンスといい、二幕最初の千弘ちゃんのダンスといい、ぜひ映像に残して欲しい内容だったのですが、去年のDVDが内容的にもセールス的にも残念な結果だったようで、CD止まりなのが、とても寂しいです。

投稿: ひろき | 2012/05/14 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/54696718

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブロードウェイミュージカルライブ2012』(1):

« 『ミス・サイゴン』(8) | トップページ | 『ブロードウェイミュージカルライブ2012』(2) »