« 『GOLD~カミーユとロダン~』(2) | トップページ | 『GOLD~カミーユとロダン~』(3) »

『辛島美登里コンサート』

2011.12.21(Wed.) 19:00~21:20
すみだトリフォニーホール 3階1列1桁番台(下手側)

12月の師走バタバタする中、「ひょんなことから」辛島美登里さんのコンサート「Winter Picture Book 2011 手をつなごう~ひとりぼっちじゃない~」に行ってきました。

きっかけはゲストが新妻聖子さんだからなわけですが。

セットリスト。

1部
1.DRY&WET(千住明)
2.虹の地球(ほし)
3.Kiss
4.抱きしめて
5.クリスマスメドレー
  Silent Night・きよしこの夜~
  Merry Christmas To You
6.ピアノ協奏曲宿命~第一楽章抜粋~

2部
7.愛すること
8.時代(辛島美登里&新妻聖子デュエット)
9.ありがとう~お母さん、お父さんへ~(新妻聖子)
10.美しい地球(ほし)
11.大切なもの(星美学園小学校聖歌隊)
12.サイレント・イヴ
13.桜

アンコール
1.手をつなごう~ひとりぼっちじゃない~

演奏は新日本フィルハーモニー交響楽団。この楽団がメインホールとしているだけに、音響が素晴らしくいいです。辛島さんの澄んだ歌声が、3階席にまでまっすぐやってきます。

「サイレント・イヴ」が生で聞けたのも嬉しかったけど、「愛すること」の激しさが好きだったな。

当初予定2時間で休憩含むという話になっていた割に曲数が少なくて、この日のゲストさんみたいにMCを長くいっぱい入れるのかと(爆)思っていたら、そういうことではなく。

東京都墨田区に住む「たなかゆきこさん」(32歳、OL、独身。宮城県出身)から辛島さんへのお手紙を本人の許可をもらって読み上げる・・・という展開で、その手紙に絡めて上手いこと曲をちりばめていました。

仙台から上京し大学に入りOL生活。好きな人が出来たけどその人には奥さんがいて。
大震災の日に連絡を待ったけど連絡が来たのは翌日だった。
結局、理屈じゃなくて本能で、「大事なのは家族」だって分かったから、別れを告げた。
クリスマスは地元に帰って母と祖母と一緒に過ごすので
今日のコンサートには行けません←おち

・・・という話。

話の仕方も歌い方も、辛島さんの人となりの柔らかさを実感できて、「あったかい」ってこういうことなんだろうなと思う。なんだか理由抜きでほっこりしてしまう。もちろんプロとしての厳しさというのはあるんだろうし、最後のMCで指揮の千住明さん(辛島さんの編曲を手がけて10年)が「1曲に4日かけますから100曲以上やってたら結構な日数一緒にいますね・・・」とぼそっと言ってて辛島さんが「すいません・・(赤面)」みたいになってたやりとりが面白かったです何気に。



ゲストの新妻さんの出番は2部の2曲目(M8)・3曲目(M9)。

「ミュージカル界の歌姫」とご紹介にあずかりありがたい限り。
「本当に良くできた方でこんな方をお嫁にもらいたいと思ったり、自分が男性だったらぜひお嫁に来て欲しいと思ったり」とまで言っていただいて新妻さん恐縮しまくり(苦笑)。

辛島さん「今日は大人しいですけど本当におきゃんな方で」
新妻さん「こんな素敵な(ピンクの)ドレスを着せていただいたんで今日は大人しく

2曲目は辛島さんとのデュエットですが、得意の張り上げ系なもんだから完全にガチンコ歌合戦(笑)。
でも何となく新妻さんの余裕がなさそうに見えた不安は次の3曲目で的中しました。

3曲目は今回の辛島さんコンサートに新妻さんが出たきっかけとなった曲。
つまるところ新妻さんの未発表の新曲なわけですが、曲の内容は、

「新妻さんが新妻になって新妻さんじゃなくなるときに
新妻さんに歌う歌」

です(をい)。

修飾語を入れると
「新妻(聖子)さんが(結婚して)新妻になって(名字が)新妻さんじゃなくなるときに新妻さん(のお母さんとお父さん)に歌う歌」

です。

要はブライダルソングですね。

今回はアコースティックバージョンでしたので控えめでしたけど、素敵な曲でした。
仮歌が辛島さんの吹き込んだテープでやってきたときに、「素晴らしい曲をいただいたんですよぉ」とマネージャーさんに電話したぐらい、仮歌が私の宝物です」と言ってて辛島さん、「でも今日は新妻さんに歌っていただきますので」と返してました。

なんかノリがお姉さんと妹さんみたいな感じになってました。

M8、M9ともに思ったのですが、伸ばす系の音はいつもと同じぐらいなのですが、裏声の高音系がとみに厳しくて、しかも前述の通りこのホールは音が良いので、声の綺麗さをはっきり出してしまうところがあり、新妻さんの歌声を過去100回以上聞いてきている自分にとっても、微妙な方から数えた方が早い出来というのが正直な感想です。

「GOLD」のカミーユ・クローデル役に合わせた喉になっていた状態らしく、ここでいきなり1日だけ高音対応するのも難しかったようで、そこが残念でもあり心配にもなったのでした。

とりあえず、この日から3日連続新妻さんということになったのですが、今までの観劇歴で「同じご贔屓さん2日連続」はたくさんあっても、「同じご贔屓さん3日連続」はなくて今回初、かと思い込んでいたら実はそうではなく去年12月の「プライド」シアタークリエ公演で、12/17・18・19と3連投(しかも18日のソワレは「モーツァルト!」でした)していたことに気づき。

なんで12月はこうなるんだろうなぁ・・・

おまけ
「この日配られたセットリストの載った紙にクリスマスプレゼント当選のお知らせがある」と辛島さん。
期待せずに開けてみたら当たりでした(★が貼ってある)
協賛の味の素さんからの調味料等々のセットでございました。料理しないから実家に持って帰ろう・・・。

|

« 『GOLD~カミーユとロダン~』(2) | トップページ | 『GOLD~カミーユとロダン~』(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/53539185

この記事へのトラックバック一覧です: 『辛島美登里コンサート』:

« 『GOLD~カミーユとロダン~』(2) | トップページ | 『GOLD~カミーユとロダン~』(3) »