« 『Rock Of Ages』(1) | トップページ | 『Rock Of Ages』(3) »

『Rock Of Ages』(2)

東京国際フォーラムホールC
2011.10.30(Sun.)13:00~15:30 1階9列20番台後半(上手側)
2011.11.1(Tue.)19:00~22:15 2階10列前半番台(下手側)

2回目、3回目観劇。
さすがにここまで来るとロックが頭の中に馴染んでくるという感じで、これに加えて某動画サイトの予習動画(全編で82分)も聞いたせいもあるのか、ずいぶんしっくり来てきました。芝居と言うよりはライブという感じですが。

書き留めておかないと忘れてしまいそうなので、由美子さん登場曲をリストアップ。

●M1/Just Like Paradise-David Lee Roth
全員勢揃いのこの曲。
この曲、サビからの転調好きなんだよなぁ。
舞台上部の勝手に通称「バリケードの桟橋」(←作品違う)を通ってど派手衣装で登場する由美子さん演じるジャスティス。1回目の公演はここが歌い始めになるから声がちょっと張っていないことも。2回公演の1日ソワレがそんな感じでした。
そのまま舞台上には降りずに反対側へ捌けて終了。ここから30分間の休憩に入ります。

●M14/Harden My Heart-Quarterflash
曲のスタートが妙に日本風な印象を感じるんですが、島谷さん演じるシェリーの哀しみを表現した歌い出しに対して、途中から由美子さんの歌がかぶさる曲。

西川さん演じるドリューに「ただの友だち」と言われて傷心のシェリーが街中を彷徨う中で、ストリップクラブのママさん、ジャスティスに拾われるシーン。
なんか某作品でも同じようなシーンがあったような気もしますが・・・

●M15/Shadows Of The Night w-Pat Benatar
ジャスティスがシェリーを歌声で説得するシーンですが、マイクの音量を上げているとはいえ、元の歌声が舞台発声だからこその重量級の歌声。1幕のエネルギーがほぼ全部ここに注ぎ込まれているであろうシーン。

●M16/Hear I Go Again-Whitesnake
1幕最後を飾る全員登場曲。この最後、手をひらひらさせるシーン、日ごとに川平氏が長くしているゆえ、キャスト陣は顔色変えないようにするのに必死だそうな(笑)。

●M18/Any Way You Want it-Journey
今回の作品で私的ベスト1に挙げるならこの1曲。

由美子さん演じるママさんがダンサーをバックに格好良く!ってだけでもう痺れまくりなわけですが、なぜこれをアデレイドでやれなかったのでしょう某演出家さん。

由美子さんはコメディエンヌ方面に行かせようとすればいくらでもこなすので、ついそうしてしまいがちなところに、ここまで格好良く見せたスズカツ氏に拍手。
・・・というか衣装代がすごくかかってますけどね今回の作品。

●M24/Every Rose has its Thorn-Poison
シェリーがママの元を離れるところのシーン。ママさんが自分の後悔を話して聞かせるシーンはさすがは由美子さん。ただしなぜか「エドガー」が毎回「江戸川」に聞こえてしまうのが滑舌上手な由美子さんにしては不思議なんですが(爆)。
無理に引き留めることなしに上手く背中を押すのがいい女過ぎる。

こういうバラードはホントに上手いよなぁ。トークショーで言ってた、これを演出家の演出なしでやっちゃう、はさすがにないと思うけど、かなりの部分お任せでもできちゃいそうな、由美子さんお得意の系統のシーンではあります。

この後のドリューをけしかけるシーンは、丸々アデレイド→スカイに見えるんですが。

●M25/Don't Stop Believen'-Journey
全員勢揃いのエンディングチューン。もう「glee」って感想しかありませんが(爆)。

ここはリードボーカル的な役割のシェリー役にはもうちょい引っ張って欲しかったかな-。何しろ某新国立劇場で結構なお点前の出来を聞いているから尚更。
やっぱりストリップダンサーといえば彼女でしょう(をい)。そこが物足りなかったなー

といいつつ、この曲は何というか「終わりよければ全て良し」の典型なような気がいたします(巨大爆)。



さて、11月1日ソワレ終演後は、トークショー2回目。
この日の登壇者は、上手側から鈴木綜馬さん、川平慈英さん、西川さん、由美子さん、司会のニッポン放送吉田アナウンサー(奥様非同伴)。

綜馬さんと由美子さんはこの日のみの登場ということで、2回目の川平さん、西川さんから2人がいじられることに。

というか初っぱなから

吉田アナ「由美子さんと言えば『アチチッチ』ですね」
由美子さん「(撃沈)」
吉田アナ「5枚目のアルバム持ってますよ、『Tenderly』いいですよね」
由美子さん「(スタスタと舞台後方に帰ろうとする)」
西川さん「ぐっぴー待ってって。南くんの恋人じゃないですか~」


・・・という調子からスタートするぐらいですから推して知るべし(笑)

由美子さんはアイドル当時のネタでどんどん突っ込まれて本人やさぐれまくり(笑)

吉田アナ「コンサートも行きましたよ。クリエのライブも行きましたよ」

・・・吉田アナはガチの由美子ファンらしい(笑)。

由美子さん「えーーー」
吉田アナ「『もう離さない離さない、一番大切な気持ち~』とか歌ってたじゃないですか」
由美子さん「ごめん、引いた」(会場内大笑)
西川さん「なんでそんなにやさぐれてるのー。いいじゃないアイドル時代の話」
吉田アナ「今回いただいたアンケートにもありましたよ。『今は西川さんのファンですけど、以前由美子さんの大ファンでした。最初に買ったCDは「Good Love」です』だそうです」
由美子さん「ありがとうございます~」
(あ、ファンにはそういう反応なんですね。そこ一安心)


途中、舞台後方から何かミシミシ変な音がしてくると、由美子さんがスタスタと舞台後方へ。
登壇陣あっけにとられる。
後方まで見に行って由美子さんが「OKでしたー」と合図。

吉田アナ「なんなんですかそのフットワークの軽さは」(笑)


吉田アナ「そういえば皆さん共演されたことってあるんですか」
綜馬さん「ないんですよ。でも川平さんとは同じ学校なんですよ」
吉田アナ「お互い知ってたんですか」
綜馬さん「自分が高校生のときに川平が中学生で。うるさい中学生がいると有名で(笑)。でも共演は初めてです」
吉田アナ「由美子さんは西川さんと音楽番組で共演されたりとかしなかったんですか」
由美子さん「多分ないと思う」
西川さん「だよね」
吉田アナ「でも音楽番組っていくつかありましたよね」
由美子さん「ミュージシャンの方が出る音楽番組はいくつもありましたけど、アイドルが出られる音楽番組ってなかったですからね」

※ちなみにこの4人で共演したことがあるのは、由美子さんと川平さんの組み合わせだけ(パルコ劇場他「GOLF THE MUSICAL」)。


西川さん「こんな感じで由美子さんがひたすら愚痴る番組とかどうですか」
吉田アナ「いいですよね、面白そうですよ」
由美子さん「でも午前1時からでいいですか?飲んでないと愚痴れないです(会場内笑)」
西川さん「翌日が遅い日の夜とかだと●●(自主規制のため伏せ字)で飲んでるじゃないですか」
由美子さん「見つけないでください」
西川さん「見つけたら声かけるとか」
由美子さん「お願いします、見ない振りしてください」(笑)


吉田アナ「今回の舞台出てみてどうですか」
由美子さん「出演者の中で一番私が舞台を見ていますね。
 スズカツさん(演出家の鈴木勝秀氏)に次いで見てます」
吉田アナ「というのは?」
由美子さん「最初出た後30分ぐらい出番ないんですよ。奥で見てます」
吉田アナ「その時どういう気持ちなんですか」
由美子さん「みんな楽しそうだな~って」(会場内笑)
吉田アナ「でも由美子さんも出番来たらかっこいいシーンあるじゃないですか」
由美子さん「出ていくところがバラードなので緊張するんですよ」
西川さん「出ていく前に気配消してるよね」
由美子さん「気配消すの上手いんですよ。(前世は)忍者だったんじゃないかと思います(笑)。話しかけるなオーラを出していると思います」

綜馬さんも「意外にフレンドリー」という話で開演前に西川さんとハグするのが日課らしい。

そういえば自分がやりたい他の役

綜馬さん「明星さんの役代わり凄い。あの役をやってみたい。」
西川さん「一番の衣装持ちだもんね。」
川平さん「フランツやりたい。」
西川さん「濃くなりそうだよね」
川平さん「知り合いが舞台見に来ると、(川平の役は)いつもラードが溢れてるように思えるとか言われる(苦笑)」
西川さん「ワギーナやりたい。」
全員「へーーーー(意外そうに)」
由美子さん「ベースやりたい。」(会場内大笑)
西川さん「ほらやっぱり。想像の45度違うところからずどーんと打ち込むんですよこの人(笑)」
由美子さん「格好いいじゃないですか。大ちゃん(ベースさん)のポジション狙ってるんですよ(と、ベースを抱える真似)」
川平さん「それ三味線に見えますけど
由美子さん「(笑)」

・・・ここに至るまでこれですか(笑)


最後の挨拶は代表して本日のみのお2方から。

綜馬さん「毎日毎回、どんどん完成度を高めたい。東京は6日までですが、またいらしてください。本日はありがとうございました」

由美子さん「音楽の聞き方はCDとかインターネットとか色々あると思いますが、ライブって特別だと思ってて、身体全体で音楽を感じ取れる機会だと思ってます。自然にわくわくしてくるし、明日もっと頑張ろうと思える舞台なので、一回と言わず二度三度四度と観に来てください。本日はありがとうございました」

・・・という長丁場のトークショーレポ終了。締めが素敵だったし上手くまとまって良かったー。
つか、なんですかこの濃度。

|

« 『Rock Of Ages』(1) | トップページ | 『Rock Of Ages』(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/53141568

この記事へのトラックバック一覧です: 『Rock Of Ages』(2):

« 『Rock Of Ages』(1) | トップページ | 『Rock Of Ages』(3) »