« 『アンダンテ~稲の旋律~』(4) | トップページ | 『おとぢから!』 »

『ブロードウェイミュージカルライブ2011』

2011.8.28(Sun.) 12:00~15:10
新国立劇場中劇場 2階1列目下手側

行ってきました2日目公演の昼の回。
当初はこの回が楽だったはずだったのですが、商魂たくましく(笑)、夜の公演が追加されたので、この回は単純に通過点になりました(苦笑)。

この日は収録のカメラが入っており、BSフジから花が飾られていたこと、またDVD化も明言されていましたので、映像化は確定ということのようです。

まずはセットリストを。

Act.1
M 1.On broadway/スモーキー・ジョーズ・カフェ/全員
M 2.Bamboleo/ゾロ・ザ・ミュージカル/石井一孝
M 3.Just Around The Riverbend/ポカホンタス/土居裕子
M 4.One Song Glory/RENT/藤岡正明
M 5.Whistle Down The Wind/Whistle Down The Wind/神田沙也加
M 6.Empty Chairs At Empty Tables(カフェ・ソング)/レ・ミゼラブル
   /岡田浩暉
M 7.Try To Remember/ファンタスティックス/戸井勝海
M 8.This Is The Moment(時が来た)/ジキル&ハイド
   /キム・ジュンヒョン
M 9.Elaborate Lives(迷いつつ)/アイーダ
   /キム・ジュンヒョン&笹本玲奈
M10.Defying Gravity(自由を求めて)/Wicked/笹本玲奈
M11.Buenos Aires/エビータ/知念里奈
M12.Some Enchanted Evening/南太平洋/今井清隆
M13.Beauty And The Beast/美女と野獣/今井清隆&姿月あさと
M14.Rebecca/レベッカ/姿月あさと
M15.Don't Stop Believin'/ロック・オブ・エイジズ/笹本玲奈
M16.Anything But Lonely/アスペクツ・オブ・ラブ/保坂知寿
M17.Who Will Love Me As I Am?/サイド・ショウ
   /保坂知寿&土居裕子

Act.2
M18.Tap Your Troubles Away~Doin' The Mew Lowdown
   /Mack & Mabel/本間憲一
M19.I'd Give My Life For You(命をあげよう)/ミス・サイゴン
   /知念里奈
M20.Superstar/ジーザス・クライスト=スーパースター/岡田浩暉
M21.Wouldn't It Be Lovely/マイ・フェア・レディ/神田沙也加
M22.In His Eyes/ジキル&ハイド/戸井勝海&藤岡正明
M23.Almost Paradise/フットルース/藤岡正明
M24.Aimer/ロミオとジュリエット/石井一孝&神田沙也加
M25.Home/美女と野獣/笹本玲奈
M26.Le Jazz Het/ビクター・ビクトリア/本間憲一
M27.Tonight/ウェスト・サイド・ストーリー/岡田浩暉&知念里奈
M28.Sunset Boulevard/サンセット・ブルーバード/今井清隆
M29.Maria/ウェスト・サイド・ストーリー/石井一孝
M30.China Doll/マルグリット/土居裕子
M31.One Night Only/ドリーム・ガールズ/保坂知寿
M32.You Should Be Loved/サイド・ショウ/戸井勝海
M33.Stars(星よ)/レ・ミゼラブル/キム・ジュンヒョン
M34.Der Letrte Tanz(最後のダンス)/エリザベート/姿月あさと
M35.Lullaby Of Broadway/42nd Street/全員

つか、「まず」とかいう分量じゃないし(笑)
レポに曲目が書いてないのが多い理由がよく分かります。

これだけ曲目があるとどうしても印象が強い曲とそうでない曲の落差は大きいわけで、印象の強い順から。

ここから1曲というと、M9とM10の一騎打ちでしょうか。

M9はキムさんと笹本玲奈嬢のデュエットなのですが、玲奈ちゃんも声は小さい方ではないはずですが、まぁ何というか声量の差にびっくり。とはいえあそこまで思いっきり歌えるのはお互い気持ちいいだろうなーという意味で聞いてて気持ちいい。

M10は今回の曲の中で数少ない、自分が生で聞いたことがある曲なのですが、なんでかというと2008年11月の品川ステラボールで新妻聖子さんがファン投票ダントツ1位の曲として歌っているから。期せずして新妻さんと笹本さんの聞き比べなのですが、いやはや、ここまでイメージ違うとはびっくりです。
思ったよりずっと玲奈ちゃん色が強くて、印象から言うと「ウーマン・イン・ホワイト」のマリアンの明るい版という感じ。

その他印象強い曲をつらつらと。

M5はまさかの岡田マリウス復活ですが、自分のレミの原点は2003年なので、オリジナルマリウスなんです。もう一人のマリウス・山本耕史さんも大好きでしたが、岡田さんはまーやエポと異常なほどフィットしてたのを今さらながらに思い出しました。

M8、大好きな曲です。ジキハイ見たことないはずなのにこの曲は知ってる。石丸さんで聞くのかこれ。キムさんのパワフルさに圧倒されます。

M15、10月・11月で5回ぐらい島谷ひとみさんで聞くことになる曲なのですが(爆)、玲奈ちゃんだから形になってるわけで(以下略)。ちなみに「ロック・オブ・エイジズ」のエンディング曲だそうです。
実は今回一番聞いておきたい曲でした。そっか、「Glee」のメインテーマでもあるのね。

M19、今回、2日連続「命をあげよう」を違うキムで聞いたのは私ぐらいでしょう(笑)。知念ちゃんのキムって久しぶりに聞きましたが、すごく堅いキムですね。前日聞いた新妻キムがとてつもなくあったか系だったので、その違いにかなり驚きました。
どちらかといえば、リアル母親の知念ちゃんの方が母性系というイメージだったので。

M27、日本語版「Tonight」って初めて聞く気がしますが、英語版の私的デフォルトな井上トニー&新妻マリアに匹敵する素晴らしい組み合わせでした。

M34も凄かったな-。エリザベートは実は見ていないミュージカルファンの風上にも置けない私ですがこの曲は当然知ってたりしまして。いやはやすごいです。
司会のアナが「お待ちかね」と言っていてなぜこの曲だけ?と思っていましたが、正直流石の一言でございました。

M17とM30、土居さんはさすがに素晴らしい癒しの歌声なのですが、いつもの癒しに加えて力強さも伝わってきた感じ。


時間も厳しくなってきたので取り急ぎ、この日のMCネタをご披露です。
この日のお題は「ミュージカル俳優になっていなかったら、何になりたかったか。もしくは今興味がある職業は」

キムさん「医師ですね。でも残念ながらそういう風にはなっていなかったようで・・・でも、今の仕事も音楽で皆さんの気持ちを癒せるので、同じかなと思ってます」

笹本さん「私も似ているんですが獣医ですね。でも残念ながらそういう風にはなっていなかったようで・・・とにかく動物が好きなんですよ。上野動物園の猿山とか大好きで(笑)。」

司会(フジの森本アナ)「コアラとか可愛い動物が挙がると思ったら猿山ですか」

笹本さん「え、上野動物園の猿山って最高ですよ! 親猿が小猿をかばっている姿とか見てて涙しましたもん。猿山の前で3時間いました」

森本アナ「昨日今日と笹本玲奈さんにはびっくりさせられっぱなしです

笹本さん「え、そうですか」

森本アナ「一人カラオケまた行かれるんですか」

笹本さん「えぇ、明日(会場内爆笑)」

・・・という、笹本さんを取り巻く漫才大会(←違)が繰り広げられたのでした。

あと面白かった答え

土居さん「婦人警官です。コスチュームに憧れまして」

保坂さん「銀行員さんです。銀行って涼しいじゃないですか。あんな涼しいところでいられるなんていいなって」

石井さん「世界史の先生ですね。トラウマがありまして、塾講してたときに、中学生相手なんですが、その中に弟がいまして。で、とある時にみんなむちゃくちゃうるさくて怒ったら、その形相があまりに怖かったらしくて、毎回一人ずつ抜けていって、最後は自分と弟だけになりました(笑)」

戸井さん「私、社会の先生の免状持ってます(会場内「へぇ」の嵐。)」

本間さん「プロレスラーのマスクを作る職人さんです。足先も器用ですが手先も器用なんですよ(笑)」

神田さん「声優ですね」

藤岡さん「居酒屋ですね」

神田さん「やっぱりお酒なんですね(笑)」

姿月さん「コンサート会場の誘導の方ですね。仕事とはいえ、毎日いろんなもの聞けて楽しいじゃないですか~」


うぁぁ、本当に時間がなっしんぐ。
夜にまた追記します。

|

« 『アンダンテ~稲の旋律~』(4) | トップページ | 『おとぢから!』 »

コメント

土居さん、「MA」とか「この森」とかで知ってる感じ(いわゆる「天使の歌声」)とは違ってました。こういう歌を歌うとこういう感じになるのかーって、すごく新鮮でした。

知念キムの「命をあげよう」は「堅い」ですかー?声質のせいもあるのかな?全体でみるとまた違うのかもしれませんね。一回しかみてないけど、一番若い印象のキムでした。

漫才成立!(笑)玲奈ちゃんは意外性の人ですね。だから知らない人はたまにびっくりするのかも。一人カラオケは前日ソワレで出た話かな?ジュンヒョンさんのファンの方が玲奈ちゃんを誉めてる感想が多かったのが嬉しいです。M10の枕詞が自分のと内容が同じで、笑っちゃいました。

投稿: ぴらふ | 2011/08/29 07:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/52593165

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブロードウェイミュージカルライブ2011』:

« 『アンダンテ~稲の旋律~』(4) | トップページ | 『おとぢから!』 »