« 『リタルダンド』(3) | トップページ | 『リタルダンド』(3) »

『新妻聖子ライブ 2011』(2)

2011.7.30(Sat.) 17:30~19:40
横浜・関内ホール 1階27列30番台後半(上手側)

今年のライブもここ横浜が最終地。
飯田、江東、立川と巡って横浜。
前者3箇所が労音主催なのに対して、横浜はTBSラジオ主催。
だからあそこまでTBSラジオ出まくりだったのですね。

江東以来2箇所目ですが、相変わらずお客さんの年齢層が高い高い。
新妻さんより7つ上の私ですが、下手すると若い部類に属します。

セットリストは既に新妻さんblogにも発表されていますが、
すごいのがこの会場、会場内にセットリストが掲示されています。
しかもアンコール2曲まで掲載されています(笑)。

「A」とか「B」とか「C」とか書いてあるから何かと思いきや、
真下にアルファベットとCDジャケットの対照表があります(笑)

こういうところに気がつくのは新妻聖子姫でしょうな(爆)



慣らし運転で始まる今年の新妻聖子ライブ、
トークエンジンが掛かり出すのがM3の前、
「新妻聖子がいかに大人げないかを自ら宣言する件」ですが(笑)、
「サウンド・オブ・ミュージック見た方」への拍手を聞いて一言、「はい、想定内の反応ありがとうございます(笑)」
前回の江東の時よりは意識してトーク短めで、「恨んでないですよ」もこの日はなし(笑)。

その代わりに激走モードだったのがM5「会いたい」の前の、J-POP、歌謡曲の前のMC。
「タイに連れて行かれた姉妹にとって、両親が連れて行ってくれたタイのカラオケが、土日のお友達」という話なわけですが、「当時11歳の私の十八番が、『氷雨』『つぐない』『恋に落ちて』・・・(会場内笑)」

この『恋に落ちて』、実は新妻家4人とも十八番らしいんですが、「誰かがカラオケに曲を入れると、誰が歌うかで争いになり、一度順番抜かされて子供なので大泣きしました」なんてエピソードも。

「母の十八番の『恋に落ちて』はこぶしを利かせるんですよ。『もしも願いが叶うなら~』(以上アカペラ)、今日会場に来ているんで『私が歌いたかった~』って言ってると思うんですが、ゴメンねお母さん(笑)」

「父の十八番は細川たかしさんの『北酒場』なんですが、『きたっのっ、さかばどおりにわっ』ってすごく高い音で歌うんですよ。何と戦っているのかと思うんですが(笑)」

・・・「妹って自由に育つもんなんですよ」って締めが大笑いでした。

歌謡曲コーナー3曲では順調に客席から拍手も上がり、嬉しい限り。
曲目が読み上げられたときに会場の一部から挙がった苦笑も、曲を聴けばお客さんも納得。今回の3曲、絶句するぐらいキュートなのでひっくり返りそうになります。

本格派の曲ばかり歌ってもらいたくなる気持ちは十二分に同意するのですが、それでもこういう一時代前の歌謡曲、アイドル曲が不思議なまでに嵌る不思議。まぁ、自分のアイドルファン時代とはまずかぶらないので(さすがに新妻さんには似合わない)別物として聞けて楽しいです。

そして新妻さんオリジナル曲コーナーの前に、「姉妹の絆」へ。
「気持ち悪いぐらい仲がいいんですよ。1日3回電話するって普通じゃないんですね、最近ようやく気づきました(笑)」と、江東に比べてちょっと変化球。

新妻さんのMCって、前回までのネタと同じネタを使うときも、なんかその間のお客さんの反応を取り込んでパワーアップする特徴がありまして(笑)、なんかもうカスタマーサポートの理想型みたいな(爆)のがあるんですが。

新妻姉妹がピアノをやっていた話、「妹って姉のやってることやりたがりますよね(力説)」←あぁ浅田姉妹もそうでしたな

「10年やってて『エリーゼのために』の『ちゃらららちゃらららー』しか弾けないんですよ、お母さんごめんなさい」だって(苦笑)。

そういえばお姉さん(新妻由佳子さん)の話をしていたときに久しぶりにお姉さんの略歴が登場。『出版社に勤めてたんですが、私に触発されたのか「歌が歌いたい」と会社を辞めまして。』と言ってました。

この話、AKINA嬢のラジオで話して以来・・・と思っていたら、よく考えたら公開録音でマイクに入らない時間で話していた話でしたので、どうも妹君からこの話が出たのは初めてな模様。

「sisters」は初見の方にはとても評判がいいようで、確かに歌詞がすごくいいんですよね。この姉とこの妹はなんでこんなにピュアに結びついているんだろうと、聞く度に思うのですが(お2方とも人柄がピュアなのも承知しているのですが)、普通、ピュアとピュアなら、だいたいこじれるんですけどね(爆)。

MCで大笑いだったのが「中華街と言えば」というテーマの話なのですが、
「中華街と言っても横浜じゃなくて神戸」だそうなのですが、
『子供の頃連れていかれて、何か虫の居所が悪くて「迷子になってやろう!」と思ったんですよ。』

『あぁっ、子供の頃の話ですよ、時効ですよ、そんな引かないでください~』

と必死で懇願(笑)

「そうこうしてたら本当に迷子になりまして(笑)、びえーんびえーん泣いてたら、通りがかった親切な方がひょいと抱え上げて探していただいて、無事見つかったという次第でして」

・・・・なんか毎回「そんなエピソードあったの」って話がこれでもかって出てくるのは何なんですか(笑)



いつもと変わらない歌声に酔いしれ、江東と基本は同じといいながらも、変化球で変えてくるMCに浸る2時間。

そう言えばこの日はオリジナル曲「未開地」の前に「チャレンジコーナー」説明があり、去年は李香蘭さんの「夜霧の馬車」を歌ったんですよ、という前振りで何とアカペラで一小節(またですか姫)。「DVDに入ってますからぜひお買い求めください」とやらかしていた、相変わらずの営業名手ぶりに脱帽。

それにしても、2度目ともあって女王様ソング「未開地」も歌詞含めて胸に突き刺さってきましたし、『GOLD』は今時点で考えられないほどの完成度(ちなみに演出の白井晃さんがこの日、観客で来られていました)。

今年前半はこの日を区切りにようやく休めるという新妻さん。
年末「GOLD」を控え、ゆっくり休んで欲しいと願うばかりです。
「GOLD」は何しろ伊礼君との共演なので(←伊礼君株急上昇中byリタルダンド)、むちゃくちゃ楽しみです。

|

« 『リタルダンド』(3) | トップページ | 『リタルダンド』(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/52350681

この記事へのトラックバック一覧です: 『新妻聖子ライブ 2011』(2):

« 『リタルダンド』(3) | トップページ | 『リタルダンド』(3) »