« 『国民の映画』(2) | トップページ | 『レ・ミゼラブル』(4) »

『釣り刑事2』

2011.5.9(Mon.) 21:00~22:54
TBSテレビ「月曜ゴールデンドラマ」

端っから宣言しときます。

ゲストの女優さん目当てです(笑)。

由美子さんが2時間ドラマのゲストというのは本当に久しぶり。

以前のように2時間ドラマのレギュラーを持っていないので、2時間ドラマは年1回かそれ未満という感じですが、今回はそのものずばりの女優役。

身辺に変な話が起きててストーカー被害にあっていると言えば、ファンなら誰もが知ってるリアルな話なのですが(5年間ストーカー被害に遭っていて最終的には犯人は逮捕されました)、それでいてこういう役どころを仕事として普通に受けてしまうのが何というのか、「これでも女優ですから」ってのがそのものでした(苦笑)。

少女をいびり倒す継母とか、ハマりすぎて嫌になってしまいますが(笑)、このドラマ、アイドルファン向けと申しますか、このいじめられてた少女を演じていたのが、AKB48の仲川遥香さん。
そして婦人警官役に石川梨華さん(モーニング娘。)
ということで2010年代→2000年代→1990年代揃い踏みと、ある意味狙い所がはっきりしすぎてて面白い。

由美子さん演じる楓のマネージャー役の柊瑠美さんも、子役としては有名な方だそうで、それをストーリー的に組み込むあたり、脚本さんのアイドルヲタぶりというか嫌らしさというか(笑)

それにしても、ゲスト役だから出番が少ししかないと思いきや、意外や意外に出番が多くて、アップも多かったのでやいのやいの言う人の気持ちはよく分かるのですが(舞台だと引き締まってるのになんでテレビだとこうなるんだろ・・・)、それでもストーリーとして締めるところはちゃんと締めるのはさすが。

由美子さんの演技の強みって、”空気を止められる”ことだと思うんですね。

印象的だったのは喪服姿で夫について語るシーンの、淡々と恬淡と空恨むあたりが、とてもリアルで。
なんで結婚も離婚もしてないのに、夫婦役と未亡人役が上手いんだか意味が分かりませんが(笑)。

幸いというのか声のトーンが低くて、しかもコントロールできるので、シーンが凄く落ち着くのですね。
反面、激しい演技は昔から苦手で、どうしてもわざとらしくなるきらいがあったのですが、夫の自殺未遂を止めるあたりのくだりはどうして、今まで余り見たことがない激しさでそれでいて自然だったのが意外でした。

それで今作の白眉といえば、女優・楓が"お世話になった"磯貝社長を接待するシーン"、と思いきや、実は「真犯人をあぶり出す」演技。

この手の「裏で舌を出しながら演じる」(爆)演技はずいぶんぶりに見た気がするのですが、今回の演出さん、さすがは由美子さんの活かし方を分かっていらっしゃる(実は「相棒」チームだったりする)。

ちなみにこの磯貝社長を演じたのは小林高鹿さんだったりして、由美子さんとは2004年「真昼のビッチ」、2008年「空中ブランコ」で共演したことがある俳優さんなのですが、その当時、2人一緒に飲んでたのを知っているので、個人的にはなおさら爆笑でした。

「これでもまだ私、女優ですから」って控えめに言ってる楓が妙に可愛かった(笑)。
だって本当に言いそうだしご本人(爆)。

そして刑事さんから脅しの犯人(実はマネージャー)から夫殺しの犯人に至るまでみんなが楓さんファンというのも面白すぎて。

小笠原さんが(楓の夫の作品を模倣した犯人によって娘を殺された父親。床屋。)刺され、店での第一発見者が警察に電話してきた声のことを「俺があの声を聞き間違えるはずがない」と言った刑事さん。
そりゃずっとファンだった、女優さんの声じゃ間違えるわけないよね(笑)とか、随所に隠し味利いてて面白かったです。

結局のところは由美子さん演じる楓がみんなを振り回しているようなところがあるんだけれど、振り回された方は全くそう思っていなくて。しかもそれを利用したりするようなところが欠片もないあたりが、なんか(由美子さんと)そっくりだなぁと思ってしまったり。

何というのか、小悪魔なんだけど小悪魔を利用することはしないみたいなところが(笑)。根底にそういう芸能人らしくない”押しの控え目さ”が自分にとって心地いいってことなのかも、とふと思ってしまったのでした。

あ、井上高志さんがさりげにいらしてびっくりでした。小笠原さん刺しちゃった人(せんべい屋の剣持さん)。
由美子さんとは「もう一つのJリーグ」→「ガイズ&ドールズ」に続いての3作目の共演です。

今回の作品を見ていると、由美子さんが昼ドラも朝ドラもやったことがないというのはもはや意外の域に達しつつある気がします。
時間に余裕も出来たことだし、そろそろやってみてもいい分野じゃないだろか。
予想外のハマリ方だったし>継母役(笑)。

・・・
ちなみにどうでもいい話。

ドラマ中に出てきた、あの寂れた商店街。
あそこ、実家の地元の駅前です。
12万都市の駅前徒歩5分って信じられますか(笑)。

み○ち通り。八○八○神社の横。
見覚えあると思ったんだよなー
毎年正月の初詣はずっとそこでした。

「白夜行」映画版に続いて、「寂れた」テーマでばっかり使われる我が町(笑)。
よく見てみたら脚本の入江氏、「白夜行」の脚色でもあったのね。
そりゃ一致するはずだ。

・・・

追記。
14.5%も取ったらしい。(前作は13.4%)
月9より高くて同時間帯トップだそうで。(前作も月9より高かったそうな)
めでたひ。

|

« 『国民の映画』(2) | トップページ | 『レ・ミゼラブル』(4) »

コメント

釣り刑事の由美子さん
いい演技をしていたと思いました。

月ミューの由美子さんはショートヘアでしたから、このドラマは、ハロルコ終了後のようですね。
今年後半はスケジュールがまだないようなので、ドラマ出演がありそうな気がします。

投稿: てるてる | 2011/05/10 02:11

テレビドラマは久しぶりでしたが、
いつになくテレビ向きな演技をされていて、いい意味で驚きました。

撮影は山梨県山中湖ですが、地震直後からでしたので、3/15~22あたりのようです。

今回のような感じなら、久しぶりにテレビの年になるのもいいかもしれませんね。
意外にかぶる女優さんがいませんし。

投稿: ひろき | 2011/05/10 02:20

実は録画してました。昨日観ました。
何か色々狙ってる部分が(笑)面白かったです。
説明会覗いてるチャーミー(石川梨華さん)、なんでそんな服とか?!(笑)
マネージャー役は誰?と思って見てたら、「子役の...」って件で、柊瑠美チャン?!と気づいて、リアルすぎな設定に、こんな役振る方も振られて受ける方も凄いなぁと(笑)楓さんが共演したことを覚えてたシーンにはちょっとじんと来ました。
誰だっけ、観たことある...と思ってた剣持さんは井上高志さんでしたかー。
高鹿くんは「空中ブランコ」も出てましたっけ?クライマックスの女優魂シーンはサスガでした。「私もです」ってところで、「そういうことかぁ」ってわかっちゃったけど(笑)
中村梅雀さん好きなんですが、今度は今回の益戸さんポジションみたいな由美子さんもいいな。単に梅雀さんを尻に敷く姿が観てみたいだけ(笑)

投稿: ぴらふ | 2011/05/11 07:16

ぴらふさん>

なぜそんなにツボな突っ込みをしますか(笑)
チャーミーって呼び名を覚えてる私も私ですが(爆)

柊さん含め元現アイドル4人のファンの痛いところを全部突っついていましたから、脚本の方は相当な確信犯だと思いました(笑)。

楓さんが共演してたことを覚えた件はベタですが良かったですね。
楓さんの「栞!」っていう語りかけもマネージャーに対して、って感じじゃなくて。
少女役の女優さんを引っぱたいた後にすぐ謝っていたり、楓さんの懐の広さはとても心地よかったです。

そんなに懐が広いなら梅雀さんを手の平の上で転がすぐらいお手の物(笑)と考えるとそれも見てみたいですね。
この作品は続編も決まっているそうですが、由美子さんは今回のみのゲストなので、別の作品で、になりますが。
なんか梅雀さんとテンポ合ってましたよね。

投稿: ひろき | 2011/05/12 02:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『釣り刑事2』:

« 『国民の映画』(2) | トップページ | 『レ・ミゼラブル』(4) »