« 『ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路』 | トップページ | 『ウェディングシンガー』(3) »

『新妻聖子FC みんなのお茶会9.5杯目』

2011.4.18(Mon.) 19:30~20:45
都内某所

舞台「国民の映画」出演中の新妻さん。

大阪公演を4月17日に終え、横浜公演が4月20日から始まる”空白の2日間”に差し込まれたお茶会。

平日夜しか時間が空かず、場所も苦心された結果95人限定ということで、抽選制となりましたが、ライブハウスなので95人というのは語呂合わせ優先という感じはありました(笑)←要はちょっとばかし詰め込みバージョン。開演間際に来た人(私含む)は座る場所に苦心してました。

●セットリスト
1.ヴァージン・ロード
2.Life~命~(萌ちゃんVer.)/「プライド」
3.恋に落ちて/小林明子
4.「レ・ミゼラブル」母娘メドレー
 In My Life(コゼット)
 ~I Dreamed A Dream(ファンテーヌ)
5.歩く花/ザ・ブルーハーツ
6.ひとつ
7.make our garden grow/「キャンディード」

●主役から本日の主旨説明
「土日が舞台で全部埋まっちゃいまして。
でもお茶会は年に2回と『規約で決まっていまして』(会場内爆笑)」

いやぁ、これ聞いた途端、さすがは法科出身と思っちゃいました。

「今日はライブハウスということで歌中心で行きますので」と言っていて、8杯目・9杯目の「5曲」を上回る「8曲」でしたが、ご本人のblogからして、なんか「歌うのに飢えていた風」がありあり。
去年みたいに舞台の間にテレビで歌うとかもないですし、「国民の映画」も歌い手とすればあのシーンは昼飯前というか、おやつ前というか、そんなの1日何回あるんだろとか(以下略)。

その割には随分しゃべってましたが、表に書けないこと含めて(笑)

「ゆるーい感じで行きます。でも、はきはきはしてるんですよ」
・・・そこは姫のこだわりなんですか。

さすがにこれだけの準備期間のなさということで歌詞カードは見ているわけですが、当然それにみんな気づくわけで。

新妻さん「1回しか見てませんからね」
会場の目線「(うたがいのまなざし)(笑)」

でもよく見てると英語歌詞の方が歌詞カード見る回数が圧倒的に少ないことに気づきます。
小林明子さんの「恋に落ちて」(初めてカラオケで歌った曲だとか)の英語部分と日本語部分の動きの違いにちょっと吹いちゃいました(笑)。

●この日の演奏
新妻さんライブ常連の扇谷さんではなく、進藤克己さん。(ちなみにご本人が既に書かれていますこちら

扇谷さんの演奏も好きですが、進藤さんの演奏も素敵です。
さすがは藤岡正明氏から強奪した(笑)だけのことはあります。

新妻さんが藤岡氏のライブに行って、進藤さんの演奏に惚れ込んで頼んだということだそうで、今年の夏のコンサートツアーのバンドマスターはこの進藤さんがされるそうです。

そういえば「ひとり」の時「ピアノが弾けなくなった訳じゃないんですよ。今は無理かもしれないけど」と言ってたのが、さすがは負けず嫌い(←著作権は某史緒さんにあります)だなぁと、またまた納得。

●こんな時期だから
M6とM7は、「こんな時だからこそ、改めて分かることがある」という趣旨のMC付きの2曲でしたが、たしかに歌詞を思い返すとこの2曲は、今回にこそふさわしい曲なんだろうなと思います。ここに「アンダンテ」が加わったら、2011年4月、という時期にはとてつもなく意味のある曲だったように思います。

新妻さんのMCは笑いを取りに行きつつも、色々な点で「考え抜かれた」結果だから、その言葉の力に圧倒されることがしばしば、そしてこの日は特にそう。

きっと文字にすると誤解を受けるようなことも多々あるのだろうし、ご贔屓さん皆さんどうしてそれぞれ違った方向に言葉が危ういんだろうと思わないでもないんですが(爆)、ことこの場に関しては、新妻さんにしてもここにいる皆にとっても、それぞれ何かを犠牲にして、それぞれ何かを求めて来ていて、それはあたかも”共同体”に思えて。

M7の「Do The Best」という歌詞が聞けたことが、なんだかとても嬉しかったのでした。

|

« 『ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路』 | トップページ | 『ウェディングシンガー』(3) »

コメント

言葉が足りないか、饒舌すぎるかの違いはあれど・・・ですか(苦笑)

口を噤んでやり過ごすことも出来るだろうにそうしない、そんな風にしかできない、自分を曲げられないというのはけっこうキツイんだろうなと思います。ソツがないとかも言われますが、かなり不器用な生き方ですよね。
でも、彼女の歌や、世界にどうしようもなく惹かれる理由がわかったような気がしました。

投稿: ぴらふ | 2011/04/20 08:25

えぇ、その通りです(苦笑)。

損になるのがわかってるのに、損得で動けないところは似てる気がしています。
彼女がこの日ぼそっと「私は不器用なので」と言っていたのが印象的でした。

不器用にしか生きられない泥臭さが魅力なのかもしれません。

一番器用そうな新妻さんにしてそれですから、
うちのご贔屓さんに器用タイプはいないってことですね(笑)。

投稿: ひろき | 2011/04/21 02:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/51431658

この記事へのトラックバック一覧です: 『新妻聖子FC みんなのお茶会9.5杯目』:

« 『ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路』 | トップページ | 『ウェディングシンガー』(3) »