« 『ガイズ&ドールズ』(13) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(15) »

『ガイズ&ドールズ』(14)

※2幕追記しました(8/25)

2010.8.23(Sun.) 13:00~16:00 1階6列30番台(上手側)
2010.8.23(Sun.) 17:30~20:30 1階13列20番台(下手側)
 名古屋・中日劇場

名古屋遠征1週目、土曜ソワレから3連投での観劇です。
土曜分は既に名古屋のホテルからupしてあったので、遅ればせながらの日曜日2公演分のupです。(東京に夜行で戻ってそのまま旅先へ行って、今日は仕事だったのでこんな時間。)

3公演の席場所なのですが、土曜ソワレと日曜マチネが玲奈FC席。
土曜ソワレはど真ん中で、
アデレイドを初め全キャスト満遍なく見られる席。
日曜マチネはずいぶんと上手にずれたと思いきや、
実はサラの定位置。
日曜ソワレはずいぶんと下手にずれたと思いきや、
今度はアデレイドの定位置。

日曜ソワレは劇場のネット予約だったのですが、ご存知の通りチケットの売れ行きは芳しくないために、前列1列を4席ほどきれいに空けて配券してくれたので、前方が大きく開けてとても見やすかったです。帝劇じゃあまりやってくれない技ですね。
なんか怪我の功名みたいな話ですが、それだけで中日劇場さんのポイントアップです。

土曜マチネの時に、「クリエと中日の違い」をはっきり書かなかったので、記憶の許す限り、書き終わったときに絶対後悔する(単に長いから)中日劇場版「ガイズ&ドールズ」全曲レビュー行きます。

○1幕
●Act0.overture
ブロードウェイの街角で始まる1幕1場。ドールズ4人のうち2人が変わりました。さおりん(香月彩里さん)のセクシーさんとミス・キュートのちなってぃ(秋山千夏さん)2人が続投で、そこは明らかに分かるのですが、首藤萌美さん→高橋あすかさん、栗原亜紀子さん→深野琴美さんそれぞれの見分けがいまだに付きません。ちなってぃと一緒に踊ってる黄色の服を着てる方が深野さんかな?

8/27追記
やっぱり黄色=深野琴美さんでした→ご本人blog

あ、ここの盗っ人もキャス変です。

●Act1.本命予想のフーガ
今回の新キャストで一番インパクトがあるのはやっぱりナイスリー・ジョンソン。
田中ロウマさん→金澤博さんへの変更ですが、何しろ体型が凄く違うので初見では戸惑います。ただ歌は凄い迫力ですし、結局のところ2回目で早くも慣れ、別物として楽しめるようになりました。

クリエでロウマ殿がやってた「順調、順調、ナイスリー、ナイスリー」は、体型の都合上(爆)くるっと一回転してます。ちょっと笑いが取れないのが玉にキズ。
ちなみに別のactでネイサン@ニッキが一緒にやってたりしますがその時は受けるんですよねぇ。

●Act2.清く正しく
「ガイズ&ドールズ」一の洗脳ソングは中日劇場公演でももちろん絶大な威力です。
ここのサラの登場シーン、日曜マチネでは玲奈ちゃんがものの見事に2回噛んでました。台詞回しはあまり得意じゃない彼女とはいえ、さすがに立て続けに2回噛んだのは久しぶりに見ました。

アガサ役が変わってます。栗原朗子さん→ヴァネッサ・ルートさんへ。

そういえば、サラが登場してから、新聞スタンドの前の3人組のうちの2人が奇妙に動きが多いです。田川ラスティはしきりに金澤ナイスリーとしゃべってるし、TETSUYAベニーに至ってはちなってぃはじめ2人のドールズをナンパしてお話ししてます(笑)。

初演以上にサラの話を聞いてません3人組。その分、サラの空回り感が見えてくる感じ。
2人のドールズ様、浮浪者の老婆(実はカートライト将軍役の荒木里佳さんがやってます)が迫ってきて本気で嫌がりまくってます。

●Act3.頼むぜ、ネイサン!
中日公演最大の関心事は、2週間公演ならニッキの声は持つのか、ということだったりしますが、今のところ少し抑え気味とはいえなんとか大丈夫。

そういや「月給生活のあんたならわかってくれますよね」とブラニガン巡査部長様に言った後、とって返す巡査部長様の前に初演より大きい(笑)ナイスリーが。
「どけっ!」の一言がより深刻さを帯びて見えました。

初演ではナイスリーとベニーを背後から羽交い締めにしてたのに、ここのところは耳を引っ張ってます。

で、この曲終わった後が「小鳩ちゃん」ことアデレイドの初登場シーンですが。
一緒に来てるドールズ2人はミミとナナかな。
ライ麦パンにツナサンド、それとチョコレートパフェ・・・普通に考えても食べ過ぎですね。

ここの台詞が由美子さん謹製の名古屋スペシャルになってまして。
「あのチンピラネイサンに会いたーだけじゃろ」

・・・・え、ここニューヨークじゃないの?(笑)
始まってすぐなのであまり笑いは拾えていないのですが、由美子さんのそういう胆の据わったギャンブラー的なところは何気に好きだ。(=ウけないことに対する怯みがないとこ)

ニッキはてっきりマンホールネタで名古屋の地名を出しまくるとばかり思ってたんですが、実はニッキは今回はほとんど本線から離れたアドリブが見つかりません。ちょっとその理由の邪推は後ほど。

●Act4.清く正しく(リプライズ)
あぁここだけは、ロウマ殿のアデレイドの物真似が懐かしくてたまらない(笑)。

スカイ初登場シーンがここですが、「やぁ、ネイサン」の台詞からしてずいぶん不自然さ消えてます。4月と比べると歴然に近い違いです。

「おやじ、ハメられたぜ!」の後の
「1000$ゲット!」というネイサンの台詞が中日で追加。

で、ネイサンにサイダーをぶっかけられた(ようなものの)スカイは、セントクラップ教会(←違う。)へ帰ってきたサラ&アーバイドの前にやってくるんですが。背中側からアーバイドが迫ってくるときに、ちょっと背中を引っ込めちゃう癖は直ってないんですよね、スカイ殿。痛いのは分かるけど、あれは不意打ちじゃなきゃ意味がないと思うんだけど。

この辺のスカイの懺悔シーンはクリエよりはかなりすっきり(クサさが薄れた)かなと。帽子投げつけるのが本気モード(クリエは帽子を机の上に置きに行ってたけど、中日では容赦なく地面に叩きつけてる)のが結構好きだったりします。(帽子はアーバイドが拾ってる。)

ここのシーン、相手役のサラ・笹本玲奈さんの佇まいについては本人がblogで書いていますが、中日でのポリシーが「堅物重視」なのだそうで、相当後半までスカイになびきません。

あの、なんだか2週間ぐらい前に「相手へ1mmの関心もない」という役どころがあったような気が致しますが(※1)、サラのスカイに対する態度はまさにそれそのもの。

 (※1)「ピーターパン」の(大人になった)ウェンディへの態度です。

確かにクリエ版では結構陥落が早かった印象があるので、サラが突き放す方がスカイの焦りも見せられていいバランス。

例のシーンが終わった後、自分の気持ちに気づいてしまって独白のシーンになるサラは、クリエ後半で見せていた、演台に頭からしなだれかかって悲嘆に暮れる、というパターンが継続中です。

「巡り会う人」についてはクリエでは諸々の理由ゆえに拍手が起こっていませんでしたが、中日劇場公演ではちゃんと拍手があります。ただし後方席からに限りますが。

●Act.5 ブッシェル・アンド・ペック
「売れっ子ショーダンサー」のはずのアデレイドのショーシーン。

アデレイドのショーシーンはここと2幕最初どっちでも思うんですが、ドールズとの関係が絶妙で。
ドールズにとってみればアデレイドを押しのけないことにはセンターには行けないわけですよね。だから血眼になる・・・はずなのに、由美子アデレイドってどこかそういうところに無関心に見える分、手強すぎるというか。

身長はドールズの皆さんの方が当然高いし見栄えもする。
でもなんか、やっぱり由美子さんのあの声の説得力って強いよなぁっていつも思う。

映画版なんかはドールズとアデレイドは完全に敵の関係だったりするから、今回の作品の「ドールズとアデレイドは仕事仲間なんだけど、でも不自然なくアデレイドが格上」ってのがとってもスマートに表現されてて見てて安心していられる。

ミミが「イヤリング貸して~」って言ってきて快く「どーぞどーぞ」って言ってるのも実は好きなシーン。そりゃライバル心もありはするんだろうけど。
ダンスはドールズに任せて、歌と進行をアデレイドがやるってのが、結果的に「どっちも必要」になってて、いいバランスなんだなぁと改めて思う。

本来はドールズ以上に踊れなきゃいけないはずなのは分かった上で言ってます(苦笑)。
楽屋シーンの緩急自在さはアデレイドお手の物。ネイサンも相変わらず面白いし。
いつからか「うぉううぉううぉう」が声さえ出せなくなってジェスチャーに変わってました。

「やくざ風の男にどんな女が惚れるか」って話は今さら気づきますが、スカイ←サラのことなんですな。アデレイドが「私たちが良い見本」って言ってますからもう1つのカップルに決まってますが。

●Act6.アデレイドの嘆き
この曲をどう乗り切れるかで由美子さんの調子が分かるバロメーター曲。
見た3回とも無理なく力業で乗り切っていたのに脱帽。
歌い上げ系とはまた違った台詞系の曲だから、由美子さん向きではあるんだけど、難易度が特Aクラス過ぎる。

●Act7.Guys & Dolls
3人組メインのタイトルチューン。ナイスリーの変更でここも随分印象が変わってますが、ナイスリーだけの話で行くと、初演のロウマ氏はどことなく「ネイサンの寝首を掻こうとしてる」野心家の香りがちょっとするのですが、再演の金澤氏はそういうのは一切なくて、あくまで「ネイサンの部下」に特化してる印象です。

その意味で「ネイサンがいなければどうしようもない」色は強くなったので、ネイサンを含めた4人組だと再演の方がしっくり来る気がします。

金澤ナイスリーの声に聞き惚れ、ヒップアタックで除け者にされながらも存在感をアピールする田川ラスティに、立ち姿の良さでは群を抜くTETSUYAベニー。

やっぱりこの曲大好きだ-。

でこの後、将軍から伝道所の閉鎖を告げられたサラの様子が印象的。
サラはスカイにすぐ心をオープンにしていないだけに、初演時とここは随分印象が違って。

追い詰められたサラがスカイの「罪人10人集める」話に乗る時の様子が再演だと・・・

”スカイの意のままになり屈辱に顔をしかめる”玲奈サラの表情がこの世の物とは思えないほど悔しさを表現してまして。

自分の無力さをかみしめて、スカイに不覚にも弱みを握られたという悔しさが身体全体に溢れてて。

なかなかおちない再演サラだからこそ、この落差が印象的で、ここはサラの指折りの好きなシーンになりました。

ふと思ったのは、サラって意外に自分から主導権手放したことがない人だったのかも、とちょっと思って。叔父様(アーバイド)の元で育てられて、あれだけ若くて1つの伝道所を任せられてる以上そうとうなやり手というか、少なくとも恵まれた境遇ではあったわけで。

ハバナを経て伝道所の特別集会を経て、サラはスカイに対して惚れちゃってどうしていいのかわからなくなっちゃうわけで。いつも主導権を握ってた自分がスカイに翻弄されてるという。その分、アデレイドのアドバイスで我に返って、スカイを尻に敷くあたりの満面の笑顔の黒さが面白いわけですが(爆)。

この後、ミンディのレストランでベニーの機転で始まるサプライズパーティーがあるわけですが。
婚約の時の血液検査のくだりで巡査部長様とベニーが地名の当てっこクイズして当たって握手してるのが面白い。ネイサンがすぐさま突っ込んでいるのも笑える。

ドールズ2人に祝福されて、
ありがとううおううおう(※2)」とかやってましたアデレイド(笑)
(日曜マチネのみのネタ)

 (※2)ネイサンの物真似。

●Act.8 ハバナ~もし私がベルなら
玲奈嬢最大の見せ場ハバナでございますが・・・
職業・酔っぱらいを襲名できるぐらいに強烈。
赤い美女(ちなってぃ)との本気バトルもますます全力だし(3回中2回が、土曜日に書いた「へっ」→「へっ、じゃねー(怒)」でした)

で、玲奈サラがハバナでかけつけ三杯目もらう相手は田川ラスティー(もとい給士)ですが、踊ってる相手はTETSUTAベニーらしい。でドルセデレチェ注いでるのはハリーだそうな。いずれも聞いてびっくりです。
久しぶりに馬乗りサラも見れたし(日曜ソワレ)楽しきかなハバナ。

噴水に来たときのスカイの呆れ方が初演比で増強中。
日曜ソワレはスカイとサラが手を放した時にサラに妙な遠心力が働いた感じで、噴水からずいぶん離れたところまでサラが吹っ飛んでいった(ように見えた)。

あと土曜ソワレで「私がベルなら」中のスカイのネクタイひっぺがしに失敗したサラ様、よほど懲りたようで、日曜日はずいぶん奥まで手を入れて無理矢理ひっぺがしてました。酔っているにしちゃ冷静すぎる。

●Act.9 初めての恋
その前の「ちゃんちゃかちゃーん」×2の方がインパクトがでかいわけですが。

結婚祝い(土曜ソワレは「誕生日祝い」って素で間違えてましたが。)の小道具セット、「これ一つで足りるつーの」ってアドリブが本台詞になった模様(日曜は2回ともこの台詞)。

初演の時はアデレイドはドールズと夜中遊んでる、だったのが再演だとお酒まで入ってしかも酔ってるということになっちゃってて、「酔っぱらっちゃったあ。ういー」とか言ってる(笑)。
そうすか、元祖酔っぱらい女優としては負けてはいられないのですか(爆)。

○幕間
幕間の会話をちょっと抜粋。

「高橋由美子って上手いわねぇ」
「『モーツァルト!』の時も良かったわよ」
「彼女って40過ぎてるわよね

・・・・えーと、その場にいた人だーれも否定しませんでした(爆)。
ちなみに36。

○2幕
●Act10.ミンクなんて返すわ!
日曜マチネで「OK?」がなかったのは素でびっくりした。
オスカー白石さん合わせてくれて感謝。

このシーン、アデレイドに視線が行ってるので舞台上のお客様に目が行ってなかったのですが、「贈り物全部捨てろって言われた」ってアデレイドが歌ったときの後方の驚いてる姿は結構新鮮です。

●Act11.アデレイドの嘆き(リプライズ)
「あらナイスリー」と言わなくなったのぐらいですかね変更点。
スカイの気持ちを整理する決め言葉の一言といい、空間に吸い込まれていくような由美子さんの歌声といい、1シーンならこの作品で一番好きなシーンかもしれません。

●Act12.一番の願い
町のくまさん。
・・・それで終わらせちゃダメだって。

日曜ソワレで、アーバイド(kumaさん)の歌に感情移入して、サラが涙浮かべてたんですね。それをスカイが見つけてしまいまして。
サラは必死で顔を隠して涙をぬぐってましたが、玲奈サラ相変わらずそういうところ演技細かいねー。

●Act13.Luck Be A Lady
劇場が広くなったのに迫力は変わらないダンスシーンから突っ込むスカイのソロ。

「たましい」ネタは今のところ日替わり台詞はならないネイサン。多分この感じだと最後まで台詞通りに行きそうな気がする。

スカイはクリエの時よりも安定感が増した気がする。最後の決めシーンもクリエではたまによろけてたけど、今回はそんな感じもないし。ここ以外でも台詞回しはずいぶんクリアになってるし、クリエを見た人でも、中日見てももったいなくないと思う。

そういえばクリエでいっつも気になって仕方なかった「わけわかんねぇんだよ」という妙に浮いた声で発せられる台詞が、今回役者さんが変わって普通の言い方になって何より。
クリエ版は正直、間が抜けたみたいで苦手でした。

●Act14.俺のせいさ
ここ、もともと面白いシーンなんですが、中日劇場バージョンでは・・・
後ろにBGMが流れるんですね。たしか「ブッシェル・アンド・ペック」のインストなのですが。
そのBGMをバックにネイサンが「お手紙ご紹介します」とかやるもんだから・・・

その空気自体が既に爆笑です。
CX系13時の小堺一機さん(ごきげんよう)を想像すると分かりやすいかもです。

ここのシーンだけではないのですが、アデレイドのハンカチパッチンが異常に上達してる気がするんですが。

由美子さんの声の伸びが絶好調なもんで、「許してあげないーーーーーーー」のところをネイサンはじーっと見てるだけかと思いきや、時計見ながらタイミングを図ってる(笑)。あれ、むちゃくちゃ長く伸ばしてるのがわかるからありがたいなぁ。

「光陰矢のごとし」、で手で矢を作って出すんですが、それがアデレイドとネイサンで一緒にやるもんだから、すごーくシンメトリー(左右対称)。

ちょっと前に書いた「アデレイドとネイサン、クリエと中日の違い」の話なのですが、特にここのシーンで感じた邪推でして。

2人はクリエ初演は相性で突っ走った感じがあって、打ち合わせしてないんじゃないの?的な感想を持ってました(当時も書きましたが)。それでもあれだけ面白いのはさすがではあったのですが。

今回は明らかに2人がネタとして合わせにかかってると思うんですね。カテコもクリエのときより会話してますし。日曜ソワレだったか、お互い「してやったり」みたいな顔して会話してました。

全般的にネイサンがネタに走ってない分、ソロではアデレイドの方が日替わり台詞で爆発中で、そんでもって2人の関係は役の上でより親密。ネイサンがクリエ以上にアデレイドを立ててくれてるのがとても嬉しいです。ありがたいことです。

●Act15.座れ!船が揺れるだろ
あの巨体だと立っただけで船が(略)
という話はいいとして。

演出的に変わったのは前回書いた、「酒瓶を持って」の歌詞で実際にナイスリーが酒瓶を持っているぐらいでしょうか。

あと「セント・クラップ・教会」と捨て台詞を吐いた巡査部長様に、「クラップと教会を一緒にするんじゃねぇ」というハリーの捨て台詞があるんですが・・・

再演で一番寒いよその台詞(爆)。

隣に座ってる方がすぐ突っ込む「何言いたいんだかわかんねえよ」の方に笑いが起きる、そんな空間。

●Act16.野郎どもの清く正しく
●Act17.アデレイドとサラの出逢い~結婚するわ

退場シーン、玲奈サラが荷物持っておたおたしてる由美子アデレイドに、手を上げて「(こっちこっち)かもーん」ってやるのは中日劇場スペシャル。
女性陣、由美子アデレイド&玲奈サラともに好調だからこの曲の満足感がクリエにも増して半端ない。

玲奈ちゃんの高音泣き大会も今のところ外れなく進行中。

最後の握手はクリエでは由美子アデレイドが先に出すパターンが多かったけど、今のところ名古屋は2人が同時に出すパターンの方が優勢(3回のうち2回がそっち)。もちろんそっちの方が好き。

●Act18.清く正しく(リプリーズ)
ネイサンが見つからなくてアデレイドが焦るシーン、なぜか日曜マチネだけ超般若顔でびっくり。あれはやっぱりおろおろしてくれた方が玩具アデレイドとしてはいいなぁ。

玲奈サラの某邪悪なシーンが好き。太鼓下げてるスカイを目で使うところ・・・

●Act19.Guys & Dolls
そういえばラストのカテコ、なぜかサラだけシングルお辞儀がないのは不思議。
8/29訂正。最初にしてた(サラ→アデレイド→ネイサン→スカイの順)。気づかなくてごめん玲奈ちゃん。
が、この順序変じゃない? 普通はアデレイドが先のような。

中日ガイズで何が一番嬉しかったかって、スカイ&ネイサンのダンスシーンの後で他キャストを呼び込むときに、由美子アデレイドをとってもスマートにエスコートしてくれる田川ラスティ。
いつも、どんな作品でも、そんなシーンがないせいなのか、由美子さんも満更でもないようで(爆)。というか舞台でウェディングドレス着てるの見た記憶自体がないんですけど。

ベニーとも会釈して、ビッグジューリにもお姫様扱いしてもらって。
まぁこの街仕切ってるネイサンが唯一頭が上がらない人物で、それでいてショーでもトップにいるわけだから、どっから見ても最強ポジションですもんね、アデレイド。

そういえばネイサンが結婚式場押さえるの忘れてて、ビッグジューリに「下水道はどうだ?」って言われてアデレイド、鼻息荒く「いやよぉぉぉー」って延々やってたらドールズのさおりんに「どうどう」となだめられてた(笑)。

・・・いやぁ、こんなに長くなるとは。(この回だけで400字詰め原稿用紙22枚分あります・・・笑)

2日間かけて書いた割には感想という意味での内容が薄いような気がしますが、空気がちょっとでも伝わったら幸いです。

もはや公演も後半戦。次に私が見るのは前楽と楽。次の遠征で今年の「ガイズ&ドールズ」とはお別れです。ひとまずはそれを楽しみに。しんみりするのは終わってからにしたいと思います。

|

« 『ガイズ&ドールズ』(13) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(15) »

コメント

ひろきさん、はじめまして!!
物凄い詳細なリポート、読ませていただき、フムフムと楽しませていただきました。レポを拝見すると、絶対にお見掛けしているであろうと思われますhappy02
悩みましたが、明日も名古屋遠征することにしました。
今後もレポート楽しみにしています。

投稿: ぜんきょう | 2010/08/27 17:24

ぜんきょうさん、はじめまして。
ようこそおいでくださいました。
皆さまとのニアミスは間違いなくあると思います。平均すると4回に1回は見ているので。

土曜日名古屋遠征ですか!
楽しんでいらして下さい。
土曜日だけはどう頑張っても都合がつけられなくて、その代わりに日曜マチネ増やして、日曜月曜と3連続です(笑)。

土曜日ご覧になられた感想もお待ちしてます。名古屋公演、満喫されますように。

投稿: ひろき | 2010/08/27 21:04

本日の公演、無事に終了しました。
結局、我慢出来ずにマチソワしてしまいました。。。
相変わらずのアウェイ度でしたが、玲奈ちゃんも体調が良いのか絶好調って感じでした。
ソワレでは彼女の歌にアウェイエリアからも笑い(ガチョ〜ンだったかな⁉)が出ていましたよ。
アデレイドさんもアドリブ出しまくりで、マンハッタンの夜明けのシーンではハードルを飛び越えるみたいに走って演じていました。
みんなが楽しそうに演じていました。
残念だったのは玲奈ちゃんのマイクが最後の方で調子が悪くなってノイズを拾う様になった事と、錦織さんの声が限界を迎えてる事くらいですね。

今回はガイズで初めて出待ちで彼女に会うことが出来ましたし、僕には楽になってしまいましたが、来てよかったと思いました。
明日からの3公演、更に盛り上がると思いますので、楽しんでくださいね。
またレポート楽しみにしています。
長文になってすみませんでした。

投稿: ぜんきょう | 2010/08/28 22:24

今日は由美子さんのブログの書き込みが心配でマチソワしましたが、声がないというのは素人目にはわからないほどの出来でした。
由美子さんはさすがプロ、なんなくこなしていて安心しました。カテコの由美子さんはほっとされたような様子が、見受けられました。
少し声が荒れているような感じはしました。明日名古屋にいらっしゃるのですか?

投稿: てるてる | 2010/08/28 22:57

ぜんきょうさん、レポありがとうございます。急遽マチソワですか。それができるのも淋しいというか嬉しいというか(苦笑)

玲奈ちゃんにとってはもはやアウェイというのも気にならないようですね。絶好調ということで見るのが楽しみです。
出待ち成功ですか、おめでとうございます。1階の方ですよね(9階は内君専用エリアの気が)。
前楽は大変そうだけど駄目元で待ってみようかなぁ(東京じゃないので妙に気が大きくなってて(笑))
あと正式発表前ですが玲奈ちゃん来年3月のシアターコクーンに出るようです。

投稿: ひろき | 2010/08/28 23:30

てるてるさん、こんばんは。
マチソワ無事終演とのこと、胸をなでおろしています。初見ではわからないほどということで、あぁ書いてもさすがはベテランさんですね。
アドリブは内君ファンに「覚醒した」とまで書かれてました(笑)

そういえば中日で2幕のショーシーンでドールズの1人が転んじゃった時に、上手いこと台詞風にフォローしてたそうで、なんかとてもほっこりしました。

今日の夜行で小田原から、大阪で用事済ませた後、新幹線で名古屋、マチソワで泊、千秋楽見て帰京します。

投稿: ひろき | 2010/08/28 23:41

出待ち 内君が1階のエレベーターのところだと思います。玲奈さんは裏の方かな?
私も出待ちしたいけど 
由美子さんはそういうの嫌いだと聞きましたけど 遠くから見守っているだけでもいいから見てみたいな ひろきさん一緒にやりますか?笑 てへ

投稿: てるてる | 2010/08/28 23:48

内君は9階入り口前ですね。
玲奈ちゃんは正面エレベーターじゃなく、裏のエレベーターから出て来ていましたよ。だからそちらをチェックして見てくださいね。相変わらずの早さでの楽屋出でした(笑)
僕は大阪からなんで、いつも遠征になるので毎回駄目もとで出待ちしてるんです(ーー;)
会えるといいですね。健闘を祈ります。
未発表情報もありがとうございます‼
楽しみがまた一つ増えました。

投稿: ぜんきょう | 2010/08/29 00:31

てるてるさん、こんばんは。
場所の意味がわからなかったのですが、多分通じました。
向いてないので、おおっぴらなのは止めておきます。
ちなみに胸ポケに扇子刺してチェック柄のシャツ着てたりします、多分。

投稿: ひろき | 2010/08/29 00:49

ぜんきょうさん、補足ありがとうございます。なるほどねぇ(読み方はアデレイド風に)。
玲奈ちゃんは早い方なのですね。
大阪の方でしたか。もしかするとFCイベントでご一緒してたりして。
そういうスキルはないので、まぁなるようになりますかね。どうなることやら(笑)

投稿: ひろき | 2010/08/29 01:02

ぜんきょうさん、こんばんわ。
無事、玲奈ちゃんに手紙&プレゼント渡せました。情報ありがとうございました。
カンパニーは今日打ち上げぽいですね。
玲奈ちゃんは出て行く”速度”が速かったです(笑)

今日のレポはこれから本腰入れて書きます。

投稿: ひろき | 2010/08/29 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/49243684

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガイズ&ドールズ』(14):

« 『ガイズ&ドールズ』(13) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(15) »