« 『ガイズ&ドールズ』(14) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(16) »

『ガイズ&ドールズ』(15)

2010.8.30(Sun.) 13:00~15:55
2010.8.30(Sun.) 17:30~20:25

由美子さんの声が限界ということで、
心配して追加したマチネ+もともとの予定だったソワレ。

マチネは新大阪から新幹線で名古屋入り。夏の移動は青春18きっぷが基本なので、予想外にのぞみ+乗車券追加ですが、新大阪から1時間かからずに名古屋だもんなぁ。いつも使ってないのでその近さに呆然とする。

出来・・・といえば、先週と同様マチネのあまりのぐだぐだ振りに「本当にいいのかこれで」と思ってしまうほど。

玲奈ちゃんは台詞が浮いてて怪しいし、ニッキの声はそういうことだし、由美子さんも頑張っているとはいえやっぱりちょっときつそう。

先週の日曜日ソワレが名古屋の「ガイズ&ドールズ」としては一番良かったんだなと思わざるを得ないのが残念だったりします。この酷暑の中での、無理すぎるハードスケジュール、調子崩してるのを正当化するわけではないけれど、客席の埋まり方から考えて、役者さんへの負担は相当大きいと思います。

マチネで特筆ものだったのが玲奈サラ&由美子アデレイドの「結婚しよう」。
由美子さんが引っ張り放題、由美子さんペースで間を確保。ネタを割り込ませて笑いをとり放題。
いつもとペースが違うのにちゃんと付いてきている玲奈サラは流石。
「おひげのかわいい人よ」がデフォルトだった紹介コメントが、
「あごがこうすらっとしててね、おひげがここにかわいーくついててね」(笑)

・・・と思ったらソワレが明らかにその上を行きまして。
遠征組が多くて1階席がクリエガイズ経験組が多い中、それでも笑いをとる由美子アデレイド。

声が本調子ではない分、突っ切る感じは無理と割り切ってオモシロ方面へベクトル切ってましたが、まぁ何というか由美子さんのテクニック総動員って感じで、その技術に脱帽物です。由美子さんは自己アピールが苦手なタイプですが、ことアデレイドに関してはなんか客席をどう面白がらせるかのツボを掴んだような。
いくらやらかしてもやりすぎ感がないのは不思議だなぁ。

●サラちゃんそれは乗るところです
マチネの噴水のシーン。テンション間違ったおかげで、噴水の上に乗っかり損ねた玲奈サラ。
あまりに困ってしまい、どうしたかというと・・・スカイに倒れこんで済ませていました。

ハバナシーン、あの喧嘩の直前、赤い衣装の美女は、サラに「大丈夫?」って気遣う言葉をかけてるんですね。
それで寝取られるんだからそりゃ仕返ししますわな(笑)
ちなみにその相手役がTETSUYAさん(普段はベニー役)。実はハバナシーンでサラのおかげで美女に捨てられる、というエピソードがあるのにようやく気づきました(上手と下手に喧嘩別れ)。

ハリーがドルセデレチェ作ってたり、ラスティが給仕やっててサラにドルセデレチェ奪われてみたり、なかもっちん(中本さん)が他人の女に手を出してたしなめられ、ラスティ給仕のところに行って言い訳してるとか、妙に皆さん芸が細かいハバナシーン。で、結局のところやっぱり最後まで女性陣のキャストが見分けがつかないのがここ、ハバナシーンなのでした。

そういえばサラの壇上踊りまくりシーン、最近は両手上げて半ばガッツポーズ状態の男前なサラなのです。

ハバナシーンで最近ツボなところ。
サラ「ハバナで2番目に古い教会。行きましょ。」(9/1訂正 誤:灯台→正:教会)
スカイ「どこへ?」
サラ「もちろん1番目よ」
スカイ「えー(超嫌そうに)」

これ、スカイが声出してやるのが結構好き。
ハバナシーンでは最近サラも変な声出してることが多く、
この日ソワレに至っては「にたーっ」って声に出して客席の笑いをもらってた(笑)。サラも自由すぎ。

いまさらな台詞ですが「こうすれば子供も無理なく飲めるのね」@サラ
だからアルコールは子供だめだってば。
サラのどことなく浮世離れしてるところをこんな台詞で表現してるのですね。

●ちんどん屋は進化する
サラ以上に自由すぎるのがアデレイド殿。

ネイサン「アデレイド~小鳩ちゃん!」
アデレイド「ぽぽっ、ぽぽっ(鳩の鳴きまね)」

・・・由美子さん、あんたって人は登場シーンからそれですか(笑)

マチネ、「あっ冷たっ。このフライパン冷たいのよぉ」(会場内笑)
ソワレ、「ありがとぅぅぅぅ(ちょっと声涸れ)・・・ごめん声出なかった」(会場内爆笑)

・・・いや、由美子さんその台詞はくれぐれも一回きりにしてね。頼みますよ。
けっこうな人数が明日も見るので。

さぷらいずぱーてぃの時も噴いたなぁ。
あまりのサプライズに身体固まって、かくかく動き(ロボットみたいな感じ)でぐるぐる回ってて付き添いのドールズ2人(さおりん+ちなってぃ)に呆れられ、我に返ったアデレイドが一言。

「あまりの衝撃に固まってたわ」(会場内笑)

「どうせすぐだもの・・・・」の後が今までは射撃でしたが、この日はマチネ・ソワレともどっちかというと露骨な方向に近づいているような(苦笑)。(→某所めがけて「ぐるんぐるん」とかやってました)

昔、由美子さんが娼婦役やってもなぜか清清しいんだよねぇ、と言われていたことがありますが、ここまでやってアデレイドはいまだに面白キャラとして愛されていられるのかは、ちと不思議。そりゃ面白いには違いないんだけど・・・。「いえぃ」とか言って捌けていきましたとさ(客席笑い付き)。もう「何かやってくれるだろう」って客席側は期待してますし、それなのに想像の上を行くので。毎回ネタ尽きるのかなと心配してましたが、なんか毎日新ネタ提供中(笑)。

カテコ直前の”下水道で結婚式プラン”に反抗してるアデレイド、この日は深野琴美さんが「どうどう」してました。遊ばれてるなぁ、アデレイド。

●どうでもいいひとり言
Kumaさんと玲奈ちゃんの「一番の願い」のシーン直前。
玲奈サラの服装が、てるてる坊主に見えてしょうがない。
・・・困ったネタだ。

|

« 『ガイズ&ドールズ』(14) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(16) »

コメント

マチソワお疲れ様でした。
あのスプリンター玲奈ちゃんに会えてよかったですね。情報が役にたって良かったです。
舞台の方は。。。みたいだったようで、残念です。さすがに休みなしでは、辛い日程でした。
今日の千秋楽では、是非とも最後の力を振り絞って素晴らしい舞台にしてもらいたいです。
てるてる坊主は激しく同意します(笑)
それでは千秋楽楽しんでください。レポート楽しみにしています‼

投稿: ぜんきょう | 2010/08/30 08:48

ぜんきょうさん、コメントありがとうございます。
まさにスプリンターでした(笑)。相変わらずスタイルすごひ。
いずれ追記しようと思いますが、ソワレは皆さん限界風漂いながらも、皆が舞台と作品に対する執念で盛り上げにかかっていて、「上手くできた舞台」とはまた違った満足感がありました。このカンパニーの最後になる今日、後悔ないよう見届けてきたいと思います。

投稿: ひろき | 2010/08/30 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/49291294

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガイズ&ドールズ』(15):

« 『ガイズ&ドールズ』(14) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(16) »