« 『笹本玲奈FCイベント rena's tea party』 | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(14) »

『ガイズ&ドールズ』(13)

2010.8.21(Sat.) 17:30~20:30
名古屋・中日劇場 1階6列センター

待望の再演、名古屋遠征初観劇です。(今週末3回、来週末2回見ます(爆)。)

中日劇場は「MOZART!」(2005年第3演)の遠征で来て以来なので、5年ぶりの名古屋。

名古屋は暑い暑いと聞いていたけれど、この日は夜行(ながら)→和歌山→奈良→三重→名古屋と青春18きっぷで移動したので、よほど名古屋以外の方が暑くて。
公演が終わって劇場を出てみると東京の方がもっと暑いです。

それはともかく。
栄・中日ビル9階にある劇場。エレベーターで上がるので、時間に余裕をもったご来場をお勧めします。

・・・とか言っておきながら、私はといえば相変わらずの昼間のハードスケジュールで汗をかきまくったので(半ば熱中症気味で頭が痛い。)、最初にホテルにチェックインしようとした(&シャワーを浴びてから)ため、結局、ホテル~栄交差点はタクシーを使う羽目になりました。

パンフレット売り場を覗くと、「ガイズ&ドールズ」パンフの横に、2009年公演「ミー&マイガール」のパンフがあるではないですか。
その頃は今ほど玲奈嬢のファンではなかったので名古屋遠征までは考えなかったのですが、ついつい衝動買い。
「ガイズ&ドールズ」のパンフもそうなのですが、中日パンフの何がいいって、東京公演の舞台写真が載ることなんですよね。
東京公演が2ヶ月以上の公演(レミとかサイゴンとか)なら、2ヶ月目以降は2代目パンフが登場するのですが、1ヶ月公演だとそれはならずに。
唯一、2008年の「ルドルフ」で公演写真が別冊扱いで公演後半に売りに出された記憶しかありません(500円)。

わー、「結婚しよう」が2カットもある!、2幕最初のミンクシーンもある!ってだけで私的にテンション上がりまくって開演です(笑)。

●とりあえずの第一印象
・バンドさん上手くなりました?
・拍手が皆さんすんばらしいっ
・ナイスリーよりハリーが違和感なんだけど

てな。
バンドさんは確か2人以外は変更なしなはずなのですが、クリエより明らかに音も合ってます。
わざと下手に弾くトランペットは今までどおりなのですが。

拍手はクリエよりずっと大きいです。
基本、席の構成はクリエ同様、前5列がジャニーズFC扱いの席で、6列目以降が一般(ちなみに今回の私の席は毎回のごとく笹本FC席。)
それなのにそれなのに。
前方も後方もそれぞれきっちり拍手してきます。これ俳優さんはテンション上がりますよ。

まぁ1幕「初めての恋」のラストのように目の前の皆様がはっきりわかるように顔を背けるシーンでさえ、後方からは拍手来ますからね。
東京のお客さんはある意味、そういうところが斜に構えたところがあるのかもしれません。(悪い言い方だと値踏みするようなところがありますね。)

昔、由美子さんが名古屋のお客さんについて「反応がいいのでありがたい」と言ってアナウンサーさんに「そんなこという女優さん初めてです」って言われてましたが(「淫乱斎英泉」で来名したときのラジオインタビュー)。
これに関しては由美子さんの実感の方が当たっている感じがあります。
拍手の入り方といい、それ以外の空気といい、意外とこの作品、名古屋にフィットしてる気がします。
こてこてなところは多少大阪風味があるとしても。

今回、再演にあたりキャストが何人か変わっています。
一番の大きな変更はネイサンの手下3人組の1人、ナイスリー・ジョンソン役が田中ロウマさんから金澤博さんに代わっていること。
体型が明らかに横に広がりましたので、確かにクリエを見ている人は違和感を持つだろうなというのが良くわかります。
映画版のナイスリーはこんな感じの人ですから原点回帰ってことでもありますし、歌声は張りがありますし前任者にそこまでのこだわりがなければ、あとは慣れかと思います。
3人のコンビネーションという点ではちょっとぎくしゃくしてるかな、って感じはありますけど。

ただ、1幕中盤、サラがスカイから逃げ回るのを見てるナイスリーに後ろから突っ込むラスティを振り返って吹っ飛ばすというデブネタは予想以上に受けてました。
というか絶対やると思ってた。

今回見た感じではナイスリーの変更よりもむしろ、ハリーの方にちょっと違和感。
背の高さでは同じような感じ(ビッグ・ジューリー役の三谷六九さんとのバランスも)ですけどね。
上手く言えないのですが、中村昌也さんの斜に構えた感じが絶妙で好きだったので。
ミニモニちゃんと騒がれたのが原因かわかりませんが、残念です。

あと内君がクリエ以上にかなりスカイになってました。ハバナで素に戻らなかったしけっこう好印象。

●仲いいことは美しき哉
プライベートで仲がいい役者さん同士だと、容赦なくバトルし合えるという説がありますが、この日はそんな話。

サラ役の笹本玲奈さんと一番仲がいいドールズは、となるとたぶんちなっちゃん(秋山千夏さん)なのですが、それ故にか、ハバナのシーンでサラと殴り合いの喧嘩をしてる赤い服の美女は、実は千夏さんだったりします。

この日。

サラ「(女がスカイを誘惑してるのを睨み付けてる)」
美女「(意に介さぬように誘惑する)」
サラ「(つかつかと近づき、『ぐー』でぱんち)
  →(殴った後『へっ』と言って見下したかのように馬鹿にする)」
美女「『へっ』じゃねーーーー!(怒)

いやーもうやり過ぎ度MAXすぎて笑いました。
サラは鬱積したものをハバナで開放してるんだから、ここのサラは黒くなくちゃ。

酔っ払いが堂に入りすぎて、ドル・セ・デ・レチェを2杯目飲もうとするときにすでに椅子を空振り(座り損ねる)様子に笑いました。バーでこういう女性おるおる(苦笑)

そしてサラ、酔っ払いをやりすぎた結果、マジで噴水に落ちそうになり素で慌ててました(爆)。
初演以上に内スカイが生暖かい目で放っておいてる(呆れてる)のがむしろツボです。
惚れてる相手でもあれだけ爆発されるとそりゃ他人の振りしたくなるのはわかる(苦笑)。

「もし私がベルなら」、1週間前にFCイベントで聞いたときは、なんか調子良くなくない?と思ったのですがこの日は完全回復。風邪の後遺症を微塵も感じさせませんでした。さすがはプロ。

●ちんどん屋さんへのプレゼント
朝、ブロードウェイの街角。

スカイと、(飛行機3時間ぐらいで酔いが抜けるなんて酒強いのね)サラが朝の街を歩いているときに・・
街角から現れるちんどん屋一行、もといアデレイド様ご一行。

「スカイー、これ見て見てー 誕生日プレゼント(客席笑い)じゃなくて、結婚のプレゼントでね」

・・・由美子さん、それ素で間違えたでしょ(笑)
とはいえ、ネタで使えるんじゃないかと思うぐらいの台詞でした。

由美子アデレイド、何しろ台詞1つ目に名古屋弁入れてるぐらい遊んでるからなぁ。
あれもっと勢い良く言ったほうが面白いんじゃなかろか。

●リベンジって何だろう
由美子さんが自身で言ってた「リベンジ」が名古屋を見ればわかるかなぁと思ったのですが。
見た感じ、「ベストコンディションの維持」じゃないかなぁ。

この日のアデレイドはクリエの一番いい公演に匹敵するほどの出来だったし、音を出しにくいところもかなりクリアに出てた。

玲奈ちゃんとの「結婚しよう」は抜群だったし、クリエではいつも微妙な反応されてた「Bush And Beck」も反応含めて出来も素晴らしい。「俺を告訴しろ」の声の伸びもすごかったなー

ウェディングドレスで出てきて、ネイサンがいないからってあの般若の顔(笑)。
緩急織り交ぜてさすがの玩具振りでしたアデレイド。
G&Dで一番ほしいグッズはアデレイドとサラのキーホルダーなんですが。キャラ的に似合いそうですよね(爆)。

由美子さんの公式でコメントに書いていた方がいらっしゃいましたが、「由美子さんのアデレイドは『可愛い』というより『キュート』」と書いてあったのはまさにその通りだと膝を付いたわけですが、ある意味『愛すべきお馬鹿ちゃん』である訳で、「結婚しよう」でアデレイドがサラに諭してるのはある点、「肩肘張らずにさ、上手いこと相手を自分の色に染めちゃいなよ」という「肩の力を抜く薦め」なんだなぁと。

ある意味、由美子さんと玲奈ちゃんにどことなく通じるところがあるような気がします。再共演とはいえそこまで近い関係になっていないようですけど。「結婚しよう」のシーンもFCイベントでは出なかったしなぁ(写真が出てないから玲奈ちゃんも語りようがないんだけど。)

それにしても由美子アデレイド、ありえないほどの調子の良さでガッツポーズは出まくってるし、カーテンコールは楽しそうに歌ってるし、相変わらず玲奈サラはその意味では好対照・・・

中日劇場に予想以上にフィットしていた『ガイズ&ドールズ』、今日はマチソワです。
細かいところもじっくり見つつ、ただひたすらに由美子さんと玲奈ちゃんはじめ、出演者の皆さんの素晴らしい歌声に浸れる幸せをかみしめて。

なお、クリエ同様メインキャスト4枚の写真パネルは存在します。
さすがに舞台写真は飾ってませんでしたが。

おまけ
●今日のネイサン
「魂って文字の書き方忘れたよ」@ネイサン
「ひらがなで書けばいいだろ!」@ベニー

・・・今のところ別パターンが出ていない模様。アドリブ回はいつから始まるのだろうか。

●そういえば
妙にこの日は帽子が落ちまくっていた。
ネイサンが床屋を前に座っていたときに落ちた。(床屋さん役の中本さんが普通に拾ってた)

サラが(スカイが出て行くと知って)コートを勢い良くひっぺがしたために落ちた。
サラの動揺が窺えるようでかえっていいのかもしれない。
(アーバイド役のkumaさんが拾ってた)

あと、再演から「Sit Down」でナイスリーが左手に実際に酒瓶を持っていたりする。
どう回収するのかと思ったら、カートライト将軍(荒木さん)が屈んだナイスリーから引き取って、演台に戻してた。芸が細かい。

|

« 『笹本玲奈FCイベント rena's tea party』 | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(14) »

コメント

ひろきさん私もマチソワしました。
マチネは最前列ソワレは、玲奈FCで6列センターでした。
由美子さん今日は絶好調でした。
ショータイムで、アデレイドが歌うシーンで、シアタークリエでは拍手がなかった
名古屋は拍手がありました。
客の入りがいまいちなので、また名古屋飛ばしにならないか心配です。
明日私も行きます。

投稿: てるてる | 2010/08/22 01:45

こんばんわ。
ソワレ、その感じだとほとんどご近所さんだと思います(私はセンターラインの25番。ちなみに会期中一番いい席が初回でした)。
盛り上がりはいいのですが、確かに後方(特に2階席)から見ると印象が地味に見えるかもしれませんね。

栄にあれだけポスター貼ってるところを見ると今の客入りだと採算ラインは確実に割っているでしょうね。

投稿: ひろき | 2010/08/22 01:58

玲奈さんカテコでも
あまり笑顔見せてない?ですか?なぜ?
由美子さんは、楽しそうにしてましたね。


投稿: てるてる | 2010/08/22 08:32

玲奈ちゃんはもともとカテコ笑顔型ではないので(いつもの由美子さんと同じ)、日曜マチソワとも笑顔なのは嬉しかったです。由美子さん&玲奈ちゃんのアイコンタクトが見られなくなったのは残念ですが、素晴らしいですね名古屋ガイズ。

来週また来名しますが、これ以上に化けていますように。

投稿: ひろき | 2010/08/22 21:18

名古屋遠征されているのですね。玲奈ちゃん絶好調とのこと何よりです。でもひょっとしなくても、夏休みすっ飛ばされたのでは…ちょっと可哀想ですね;;

中日劇場、昨年ミーマイで行ったときもノリが良かったですよ。コメディでの笑いもよく入るし、東京では井上君にしか登場時の拍手が出なかったりしたのが(そもそも登場で拍手すること自体間違ってる気もしますがそれはおいておいて)、中日劇場では玲奈ちゃん登場でももちろん拍手、さらに涼風さんや草刈さん登場時までぱらぱら出てました。

玲奈ちゃんはカテコ苦手とはいえ、役柄がハッピーだとにこにこ笑顔でいるのに、ガイズでは固いですよね。クリエでは内くんとの間が異様に離れているのも気になりました(まあ政治的配慮な気もしますが(笑))。

投稿: みみか | 2010/08/23 00:26

アデレイト絶好調ですねlovely
名駅・栄…名古屋地区の主要駅の至る所にポスターが連なっていて、地元民としても嬉しくワクワクして初日を迎えましたtulip

レポを読ませてもらうと、私が観た中日初日よりもグレードアップしているような印象を受けましたheart02これは楽日まで目が離せませんねshine
初日の舞台あいさつで、由美子さんは「暑いです!」などと言って笑わせてて(…いゃ個人的に名古屋人も多いであろう劇場あれだけ笑わせて事にも)ビックリもしました。笑

ガイズってなんか凄いミュージカルですねnoteこの先も楽しみですねscissors

投稿: なんねる | 2010/08/23 22:54

みみかさん、こんばんわ。

ひょっとしなくても玲奈ちゃんの夏休みはほとんどなくなったんじゃないかと。
9月は消しゴムですし、10月後半からはプライド稽古でしょうし。
先週の土日は中日劇場の前の広小路が夏祭りだったのですが、本人blogにも書かれている通り指、くわえて見ていた様はちょっと気の毒でした。

で、玲奈ちゃんが絶好調かというと、彼女にしては珍しく波がありますね。日曜マチネは初っぱなから噛んでましたし、高音にもぶれがありました。万全ではないように思いますが、必死で持たせてる感じです。この辺はまだ日曜のレポを書いていないので、今日の夜あたりに改めて書こうと思います。

ハッピーカテコというとミーマイしか思い出せないのですが、まぁ今回はご指摘の通りかと思います。自主規制ではあるのでしょうが、それゆえ、そんな事情を知らない一般の方から「心が通じ合ってるように見えない」と言われてしまうのも致し方ないところかと。

投稿: ひろき | 2010/08/24 01:39

なんねるさん、こんばんわ。

栄の地下街歩いているとガイズポスターの多さに結構のけぞりますね。
視覚的にも目立つポスターな訳ですが、
その割には動員に直結していないのがちと寂しいです。

中日初日ご覧になったんですね。
クリエ初日の挨拶でも1人笑いを取っていましたが、なんねるさんのその書き方だと、もしかして名古屋の方を笑わせてるってことは何気に凄いことだったりします?
クリエよりオーバーアクションになっていた部分も多々あって、そこはきっちりと笑い拾っていってますからね。

客席からの評判も上々のようですし、もうちょっとネイサン&アデレイドコンビにもスポット当てた営業展開してたら、多少は効果あったと思うんですけどね。(役柄のせいか、アデレイドはおばちゃん受けが異常にいいようです。客席で耳そばだててると。)

投稿: ひろき | 2010/08/24 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/49214112

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガイズ&ドールズ』(13):

« 『笹本玲奈FCイベント rena's tea party』 | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(14) »