« 『ピーターパン』(5) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(13) »

『笹本玲奈FCイベント rena's tea party』

2010.8.15(Sun.) 14:00~16:00
都内某所

年に1回のFCイベント、去年に引き続き2年連続の参加です。

今回が5回目だそうで、5回コンプリート組もかなり手が挙がっていました
(20人以上いたと思う)。
今回は前回よりも場所が広く、それもあってか会員外の参加も可能で、30人ほど会員外の方もいらっしゃいました。

”8月開催”を実現するために、ガイズ稽古最終日の8月14日と、ガイズ名古屋入りの8月17日の間の「空白の2日」を使ってのこの日のFCイベント。

前週の日曜日には大阪梅田芸術劇場・ピーターパンで拝見しているわけで、この盛夏の中、大阪そして東京、はたまた名古屋で、その上、今月は稽古と本番でピーターパンとサラを行ったり来たり。

玲奈ちゃん自身、blogでちょっと触れていましたが、ピーターパン後、少し体調を崩したそうです。(この日も少し残ってました。)

玲奈FCイベントは基本、歌は少なめで、1年間の活動をビデオ中心に振り返る、という展開なので、この日も歌われたのは3曲。準備期間の関係もあって、3曲ともほぼ現在進行形の

 1.もし私がベルなら/ガイズ&ドールズ
 2.I'm Flying/ピーターパン
 3.ネバーランド/ピーターパン

の3曲でした。

聞いた感想としては、見ている方もピーターパンモードが抜けきっていないせいか、「ラストピーターパン」と本人発言の2曲の出来が群を抜いていて、もうすぐ始まるはずのM1の完成度は、玲奈ちゃんにしては意外でした(それ以上は本番までコメント省略)。

M2のあの早口言葉みたいな歌詞、「ウェンディ、マイケル、ジョン」だったのか。

ともあれ。

4月の新妻さんイベント同様、問題がある部分はカットで行きます(一部、裏で)。

◆屋根の上のヴァイオリン弾き
(2009年10月、日生劇場)
「ホーデルとパーチックのシーンの稽古は、演出の寺崎さんから千本ノックみたいな演技指導を受けた。初めての体験だった」と。

・・・はてさて「プライド」はどうなることやら。

◆レ・ミゼラブル
(2009年11月、帝国劇場)

「来年みんなファンテーヌに行っちゃうんだもん!さみしいよぉー

という本音が(笑)

・・・え、一緒に終わるから一緒に食事とか行けるじゃん。
食べ物姫とか食べ物姫とかと

◆「ウーマンインホワイト」
(2010年1月、青山劇場ほか)
「とにかく美帆ちゃんがうるさかった(笑)」

「でもそのうるささが懐かしくなって、つい1ヶ月に1回ぐらい電話してしまう」

・・・この人は(笑)

「稽古始まる30秒前まで賑やかで、しまいには自分がお守り役みたいになってました」

その当事者様からはコメントビデオあり。あ、天然でした。
「玲奈ちゃん15周年おめでとう」・・・や、まだだから(←玲奈ちゃん突っ込み)

「趣旨は事前に説明しました」のテロップあり(笑)

ちなみに岡さんとの”もうサボテンじゃない”話。
「キスはしてましたよ。私『キス女優』ですから(笑)」
「でも鬚が当たって痛いってことしか覚えてないです」

◆それぞれのコンサート
(2010年3月、東京国際フォーラム)
鹿賀さんからのビデオメッセージ。

「映画一人で見に行くんだよね?」
「うさぎ飼ってるんだよね?」
「もしかして根暗?」

・・・本人「なんで知ってるんですか」って撃沈してました。
まぁ普通に考えれば市村さん情報でしょうけれども。

◆ガイズ&ドールズ
(2010年4月、シアタークリエ)
稽古でのエピソード。

噴水のシーンでやりすぎてたら、

「お願い、新橋みたいだからホント止めて」とダメ出しされた(笑)。

噴水が機関車に見えるんだよ、ホント止めて」だそうで。

・・・夜のニュース「サラリーマンに聞いてみました」定番の
JR新橋駅烏森口(SL広場)をすぐ想像できてしまって噴きましたですよ。

ちなみにこの時の写真、噴水に横になって肘付いてました(爆笑)。

漢前過ぎるから名古屋の話かと思いきや、実はクリエの時の話だそうな。

なお、昨日は玲奈嬢のご自宅でのガイズ女子会だったそうで、その時の様子は秋山千夏さんblog香月彩里さんblogに載ってます。

千夏さんのところのコメントに「玲奈ちゃん、まだ立ち姿がピーターですね」と書かれてて笑いました。

◆ピーターパン
(2010年7月~8月、東京国際フォーラム・梅田芸術劇場)
”ビデオを見て振り返る”って企画で初めて古田さんのフック船長見た。
ありゃ面白すぎる。変わってないなー古田さん。

8年前と比べて、2点吊りの間隔が狭くなって前方向の回転が難しくなったそう。
その分、最後の前方向の飛び出しとか、回転の迫力が増すのだそう。

大阪楽の舞台裏映像が流れましたが、
爆泣の沙也加ウェンディに対して「俺のために泣いてくれてるんだぜ」とかやってる玲奈ピーター。あんた、はまりすぎ。
ちなみに沙也加嬢が会員番号ALL ZEROで垂れ幕に書き込みで乱入してました。

「ピーターパンをやっていて思うのは子供の素直な気持ち。
子供たちにとっては
ここにいるのはピーターパンであって笹本玲奈じゃない。
だから、一瞬たりとも笹本玲奈に戻っちゃいけない、と思って
ピーターパンでいつづけた。
でも大阪で1回、「信じるー」がなくて(初日かな)。
その時はさすがに一瞬笹本玲奈に戻った」そうな。

・・・・そのコメントを聞いて気づいたこと。

この日、2002年の笹本ピーターパン千秋楽の挨拶が流れたんですね。
その時は「笹本玲奈はピーターパンを卒業します」と、「ピーターパン」の姿で「笹本玲奈」としての挨拶をしているんです。

今回、大阪楽が恐らく笹本ピーターパンとの永遠のお別れのはずですが、でも今回の笹本さんの挨拶は、そういう個人的な事情を全く無視する挨拶だったんですね。

「ピーターパンとして」挨拶していたけれど、実は千秋楽の挨拶ですらなく。
「ピーターパンという作品はこれからも続いていく」という挨拶だったんですね。

この違いに笹本さんの女優としての成長ぶりを凄く強く感じたんです。
特に「ピーターパン」だからということもあるのでしょうが、役であって役者じゃない、役者である以前にピーターパン。
だから、そこに個人的な事情を本来は挟んじゃいけないわけで、それを忠実にやったことが凄いと思うんですね。

前回は笹本さんの卒業を前面に出して売った手前もあったとはいえ、でも今回だって30周年で笹本さんの再登板を前面に出した以上、事情はそうは変わらない。
前回「まさか再登板はないだろう」と言われていた時以上に、本人いわく「体力的に今年やっておいて良かった」というハードな役である以上、次にまた登板というのはそうは考えにくいわけで。

梅田芸術劇場千秋楽で、彼女の挨拶を聞いた時にとても温かいものを感じたのは、実はそういうことだったんだ、ということに気づいて。

1998年から2002年まで、「ピーターパン」でたくさん学んで、でも作品に十分恩返しが出来なかった思いがあったんじゃないかというのを言葉の片隅から感じて。
女優として成長した今年、2010年にこの役を演じて、作品に恩返しをができたことで、本当の意味で「ピーターパン」から卒業できたんじゃないか、と思えたのでした。

◆事務的な手続き
玲奈ちゃんいわく「オンラインゲーム始めたんですよ。でも戦う仲間がいなくて寂しいんですよ」といきなり言い出したもんだから・・・

司会とスタッフさん、玲奈ちゃん発言を丸無視。

「無視ですかっ?」って突っ込んでた玲奈ちゃんが面白すぎた。
ちなみにXBOXらしい。こちら
あの場で「ID教えて」と言いたかった人、何人かいたに違いない。

・・・・てな感じで。
サクサク進行でほぼ2時間。
ゲーム大会はテーブル対抗戦で、最終的に優勝グループが「ガイズ&ドールズ」の貯金箱(玲奈ちゃん謹製)をかっさらっていきましたとさ。

これでも随分はしょったんですが、結構喋ってくれたんだなー。

そういえばふと気づいたんですが、
新妻さんのトークが「自虐」なら、玲奈ちゃんのトークは「自爆」という印象でした。

|

« 『ピーターパン』(5) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(13) »

コメント

最後の三行に座布団3枚です(笑)、なるほどー、「自虐」と「自爆」ね。

フック船長のアドリブに乗らなかったのも、ピーターパンであることを崩さないようにってことなんだろうなと思ってました。アドリブ苦手ゆえにうっかり乗ったら大変だろうし。夢を壊さないように舞台上で役を貫いてた玲奈ピーターへのキスといい、意図せずして泣いて玲奈ちゃんを冷静にさせたことといい、さやはやはりツワモノですね(笑)

レミですが、新妻さんのスケジュールが前の舞台とかぶり気味、和音さんも「三銃士」のすぐ後だし、玲奈ちゃんのスケジュール次第では、新妻ファンテ、玲奈エポが、もしかしたら09年のれなさや並みに希少な組み合わせとかになっちゃったら・・・とちょっと心配しています。

投稿: ぴらふ | 2010/08/18 07:42

アドリブ苦手なのでとっちらかりかねない・・・というのは薄々感じていました。
ガイズでニッキさんに笑わせられて台無しになるサラ、と別の意味のピンチでしょうし(こっちは複数回やらかしたそうです)。
それだけに、大阪楽で初めて見た「役に乗っかったアドリブ返し」を見たときにちょっと込み上げる物がありました。頑張ったんだなぁと(←ちょいと感想間違ってる)

さやってよく「計算」と言われて叩かれることがありますが(某所では親友でい続けられる笹本さんが不思議とまで言われていたりする)、こういうのは才能だよなぁと感心します。

レミの日程調整は微妙ですね。むしろ希少価値で煽るパターンになりそうな気がします。
玲奈嬢が年始に1作品ぐらい入れてもいい気がしますけど、そうなったらもっとわやくちゃ状態に。

投稿: ひろき | 2010/08/18 20:48

ひろきさん、はじめまして。
舞台が好きで、ひろきさんのレポを読ませていただいています。
共感したり、勉強になったり、楽しませていただいています。
アメンバー申請させていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: まりん | 2010/08/18 21:17

まりんさん、初めまして。
コメント&アメンバー申請ありがとうございます。
書きたいように書いているblogですが(一部自主規制あり)、読まれる方に心の片隅にでも何か残っていただければ嬉しく思っています。

向こうはある意味で別世界でございますが(苦笑)、こちら共々よろしくお願いします。

投稿: ひろき | 2010/08/18 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/49157592

この記事へのトラックバック一覧です: 『笹本玲奈FCイベント rena's tea party』:

« 『ピーターパン』(5) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(13) »