« 『ガイズ&ドールズ』(3) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(4) »

『アンダンテ~稲の旋律~』(3)

2010.4.5(mon) 18:30~19:10
山野楽器銀座本店8階
ファーストオリジナルアルバム発売記念イベント

サブタイトル付は映画だけなんだけど、まぁいいか。

●セットリスト
1.The First Star~上を向いて歩こう~
2.ヴァージン・ロード
3.青いカモメ
4.アンダンテ

衣装は先日の有楽町よみうりホールのバージョン違い(本人談)。
下のドレスがツアー仕様なのと、足が防寒仕様なのが違いだそう。言われて気付く。

この日、山野楽器銀座本店は20時閉店で、150人近いお客さんと握手するためにライブは「サクサク進行」。
本人も申しておりましたが、「MCも自分で務める前提ですからね、(手順も)用意してもくれませんからね」と相変わらずの適度な毒舌で進行。そんな、新妻さん、やりたいようにやりたいくせに(笑)

「アンダンテ」アルバムから裏話。

曲順にひたすら迷って、「上を向いて歩こう」はライブのスタートでも使ってるしいいんだけど、1stオリジナルアルバムの1曲目がそれというのはどうか、と話し合った末に、「今まで新妻聖子を知っている人の他に、色んな人に新妻聖子を知ってもらえた曲」として「愛を止めないで~Always Loving You~」を1曲目にしたのだとか。

アルバム2曲目、「道化師のソネット」は作詞家さん(さだまさしさん)の意向で「僕たちは小さな船に~」から始められず、困った揚げ句にスタッフの提案で祖師ヶ谷大蔵の駅前通りに出て、「鼻歌歌って!」って言われて、レコーダーで録った。スタジオ戻って「これいいじゃん」(笑)って何たるアバウトぶり。さすがスタッフひっくるめてラフ仕様万歳。

この日3曲目は「新妻さん久しぶりの昼ドラ」こと「ヴァージン・ロード」。
本当これ生で聞くの久しぶり。
「安宅家の人々ですよ~」
「今の昼ドラも凄いですよ~安達祐実ちゃんでてる「娼婦と淑女」見てます?」
「『淑女』って携帯で出ないんですから!」

・・・会場、全体的に新妻さんのペースに圧倒されています(爆笑)。

・・・で、関係ないことを思った私。

あぁぁぁぁ4月からの昼ドラ始まってたんだぁ

安達祐実ちゃんと木下あゆ美嬢のガチバトルは絶対見る気でいたのにぃ

・・・明日からきちんと録ります。
ってなんでこれを新妻さんに教えてもらうんだか(爆)。

おかげさまで1日だけしか欠けてない嬉しい

・・・そろそろ戻します(笑)。

「この曲難しいんですよ」って言ってた新妻さんですが、もしかするとあんまり調子よくない?という感じで、ほんのちょっとメロディーから外し気味。
よみうりホールの時も本調子じゃないような気がしていたんですが。

3曲目「青いカモメ」の時にはライブ活動について触れていて。
「1年に1回、今の自分に何が歌えるか、どのように歌うかをじっくり考える機会があることがありがたいし嬉しい」とコメント。(ちなみに、この曲は2年前、品川ステラボールでのライブで初登場した曲)

4曲目「アンダンテ」は当然映画の話となるのですが、その前に先日のNHK「歌謡コンサート」のこぼれ話。「会場(NHKホール)で見られていた方はいらっしゃいますか」との問いに1人も手が挙がらなかったのですが、実はあの日、「夜来香」を本編(生放送)の後にもう1回(見ていた人は分かると思いますが、恐らく再放送の差し替え用(*))と、「アンダンテ」を歌ったのだそうです。
満員のNHKホールで歌っていたく感動したらしい(その日はお姉様の新妻由佳子さまも客席にいらしたそうで、それは嬉しかったそうな)。

(*)NHKオンデマンドは差替え済み。4/6のBS2再放送は不明。

今回、客席挙手でアルバム内の人気投票をやった(シングル曲3曲除く)のですが、どうも挙がった挙手の感じでは「アンダンテ」が頭ちょい抜けて、「Time To Say Goodbye」、「Sisters」「ひとつ」あたりが上位。

「道化師のソネット」「上を向いて歩こう」とかはどうしても希少価値ぽい(でもゼロ票の曲はなかった模様)。
ちなみに私は普通にタイトルチューンの「アンダンテ」でした。
山野の音響で聞く「アンダンテ」の破壊力はものすごいものがありました。

映画「アンダンテ~稲の旋律」は劇場公開中の名古屋(4/3~30)に続き、大阪(4/24~5/28)、横浜(5/8~21)でも上演が決定したそうで。(詳細
横浜といっても関内からもちょっと遠いし、午前1回上映(10時30分~12時25分)だけど、東京に戻ってくるのは少し先だろうし、5月は今のところ見る芝居もない(ガイズの楽日の後はキャンディードの初日のつもりなので5月は完全空白)から行こうかな。

終わった後は全員との握手会。
下手側立ち客→上手側立ち客→後列着席組→前列着席組の順で行われていきますが、幸い下手好きの私、で立ちんぼの恩恵で1桁番台での握手。

お茶会以来2度目の新妻さんとの握手は、何だか前回より手が冷えていた感じで、鋼鉄の喉と身体を持つ新妻さんにしては、ちょびっと心配になる感じ。

本人もblogで落ち込んでいたことを匂わせているし、でも今日の拍手とか笑い声がちょっとでも彼女の助けになったのであれば、それは何か嬉しいな、と思ってしまうのでした。

●twitterと連携してみました。→こちら

どんな感じか試行錯誤してみます。
当blogを更新するとお知らせ飛ぶ設定にしています。

数値6桁の意味は・・・想像にお任せします(笑)

○どうでも良い追記
新妻さんって本籍は北海道札幌市なのね。
自分は生まれが北海道札幌市なので妙に親近感。

|

« 『ガイズ&ドールズ』(3) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/48008945

この記事へのトラックバック一覧です: 『アンダンテ~稲の旋律~』(3):

« 『ガイズ&ドールズ』(3) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(4) »