« 『ガイズ&ドールズ』(10) | トップページ | 『ピーターパン』(2) »

『ガイズ&ドールズ』(11)

2010.4.30(Fri.) 13:30~16:45
シアタークリエ 1階5列目センターブロック(下手側)

とうとう終わってしまいました。
燃え尽き症候群・・・にはまだなっていませんが、名残惜しくて仕方ありません。

(9-4)+(1+3)=9

この式が何かと言いますと、今回の「GUYS&DOLLS」のチケットの枚数。
前側が初日より前に確保した分、
後側が公演が始まってから確保した分です。

結局元に戻っているという(笑)

今回、チケットでは思ったより苦労しなかったというのが実感で、満員御礼の割には、とあるシーンの影響で譲渡方面にはずいぶんと席がありましたので、ありがたく譲り受けさせていただきました。

ちなみにここのところの当blogのアクセス数。

4/27(火) 261回
4/28(水) 780回
4/29(木) 429回
4/30(金) 717回

780回というのはこのblog始めて5年でダントツの1位だったりします。
(ココログ全体でも上位1,000位までに入る値だそうです。)

もとい。
この日、舞台写真が載ってる「BEST STAGE」6月号(ラストの結婚式シーンの大判写真で購入決定。)と、ロンドン版のライブ盤(2枚組)と、某元アイドルさんのベスト盤を購入。

このカンパニーの楽、普通に終わるわけないと思っていたら、やっぱり案の定。
はじけ方が並みじゃありません。

●今日の小ネタ集

◇順調順調
毎日小ネタが進化するナイスリー(田中ロウマさん)の自己紹介シーン。
この日は左足を一気に高々と上げていて、前方席からも「おー」の声が。
で、それをスルーするハリーと、思いっきり途中でぶった切るスカイ。
ナイスリーもその反応まで含めてネタのつもりですからね。

別のシーンではそのナイスリーにお付き合いしてラスティ(田川景一さん)も足を高々と上げてました。さすが身体能力高いのね皆さん。

そういやメインチューン「GUYS&DOLLS」でナイスリーとラスティがじゃれてて、センターにいるラスティをどけるときにナイスリーがヒップアタックしてたという・・・あれ、痛そうですな。

◇化学反応さ。
スカイとサラの伝導所シーン、普段、スカイはサラに対して格好つけるかのごとく言っていて、で、サラはそのお返しをハバナシーンで(物真似で。)しているわけなのですが。

この日、千秋楽だけの特別バージョン。

スカイは何と「化学反応さ」をまるでサラを挑発するがごとく指差しでやりました。
「ギャンブラーがどんな風に恋に落ちるかお前に教えてやるよ」ってシーンなわけですから、スカイがサラに強気で押したところでシーンとしては全然問題ありません。

で、それを見逃すサラこと玲奈ちゃんじゃないわけで・・・
ハバナは当たり前の如く、玲奈ちゃんらしい強気の挑発仕返しでした(笑)。

役として気持ちが伝わってくるこういうのって好き。
スカイとして、サラとして生きていないとこういうのって出せないと思う。
やっぱり何回も見るからには、その日ならではの味ってものは欲しいし。

そういえばこの日のスカイは2幕で2つほど「おおっ」と思ったアドリブが。

「ミンクなんて返すわ!」の後、上手側でテーブルに座るナイスリーに近づいていくスカイ。
ナイスリーが「順調順調~」ってやった後、「まだ何も言ってねぇじゃねえか」って台詞が秀逸すぎる(突っ込みとしてとても正しい)。

もう1箇所は見せ場の「Luck Be A Lady」歌直前、サラのために全員の魂にそれぞれ1千ドル賭けるシーン、ぼそっと言った「きついな」って言葉。

分の悪い勝負なわけですが、それでも戦わなきゃいけないときがある。
その時のスカイの気持ちを挟んでくれたのはちょっとびっくりするとともに、カンパニーの勢いがスカイを良い意味で乗せた感じがしたのでした。

◇今日の酔っぱらいちゃん
日に日に進化する酔っぱらいちゃんこと玲奈サラ。

酔っぱらいすぎてウェイター役(田川景一さん)に「飲み過ぎ注意ですよ-!」とか注意されてたサラ。

「おめでとう、君がチャンピオンだ」とスカイに言われたサラ、
噴水の前でシャドーボクシングを始める(会場爆笑)
で、それに乗る内スカイ。

なんか20秒ぐらいシャドーボクシングやってて、いつ終わるのかと思ったけど(笑)、なんか心通じ合ってるじゃん、スカイとサラ。もっと早くこうしてればよかったのに。

◇今日のちんどん屋さん
午前4時、スカイとサラの前に現れる、ちんどん屋さんことアデレイド。
「これどうやって荷物に詰めよう」とか言ってますアデレイド。
持って帰るんですかそれ(呆)。

「けっこう重いのよ~」とスカイをつんつんするのは昨日と同じなのですが、「えらく派手な衣装だね~」と突っ込まれる浮浪者風の女の人に向かって、「え、あの女の人、歯がないよ」(会場内爆笑)とかフリーダムすぎる。(で、当然内君は笑ってる。)

何かこのシーン、幕の後ろに見えなくなってまでアデレイドの変なかけ声が聞こえて、そこで結構笑いを取っていたりする。何を言ってるのかは分からないのに、面白いのだけは間違いなかったりもする。

◇最後までバカップル
初日から相性抜群だったネイサン&アデレイド、この日も相性絶好調。
アデレイドの登場シーンでベルトをネイサンにプレゼントしたところ。
ネイサンがベルトを首に回し損ねてぐるんぐるん回してるのを見てアデレイドが「だいじょうぶ?」って相の手を入れるのが絶妙すぎる。

ネイサン役の錦織さんには色々と気を使っていただいて、嬉しかったです。

公演前半、まだ由美子さんがダンサー・アデレイドとして慣れていない時(今から思うとかなり猫背だった)、登場シーンの「Bush and a Peck」が終わった後の微妙な空気を、物真似で前のシーンともども愛玩シーンにひっくり返してくれたことは、本当に有り難かったです。

願わくば、喉を潰さないでいてくれれば、もっと手放しで賛辞を送れたのですが、それでも大切な方だったことに違いはありません。

この日のアデレイド&ナイスリーは
「おほほほほほ、あはははは、はくしょん」でした。
ベニーも気苦労が耐えませんこと。(ナイスリーの首根っこを掴んでいるのはこの日も。)

◇好きなシーン 5/1追記
アデレイドの曲(シーン)はどれも大好きだけど、一番好きなのは「アデレイドの嘆き(リプライズ)」。
「あんたが予約したテーブルに来なけりゃ、風邪が治るはずない」のところ。
白く照らされるテーブルにネイサンが見えるんですよね。
最後、「ない」というのを転がすように歌うのが絶品で、どんな「愛してる」や「悲しい」よりも胸に迫るものがあって。

以前もちょっと書いたのですが、「アデレイドが強気一辺倒でネイサンを責める」とこの物語、すごく息苦しくなるんですね。
映画版でも思ったんですが、可愛いは可愛いんだけど正直気が強すぎるかなと。

それに比べると、押しの強弱が余りに絶妙すぎる由美子アデレイド。
「アデレイドは包容力がなくちゃ成立しない」とは宝塚版を見た知人の感想でしたが、まさに包容力の塊のような役作りでした。

アデレイドの「愛してる」とネイサンの「惚れてる」が噛み合って、ネイサンの「甘えてる」とアデレイドの「包み込んでる」が絶妙すぎて。
由美子さんは年上の男性と組むと本当にいい奥さんになるんだよねぇ。

静かなシーンに由美子さんの歌声が響くこのシーン、吸い込まれそうな感覚に陥ります。玲奈ちゃんの高音も空間を切り裂くイメージがあるのですが、鋭くカッターで切り裂く印象。由美子さんの低音は重く鉈で振り下ろす印象だったりします(お互いどんなイメージなんだか)。

◇書こうと思って忘れてたこと 5/1追記

サラはツンデレ
アデレイドはデレツン

ってことを書くのを忘れてました(笑)。

クリエ版「ガイズ&ドールズ」の7不思議ですが、
なぜサラの髪型は本チラシ通りのボブカットじゃなくて、
なぜアデレイドの髪型は本チラシ通りのブロンズヘアーじゃなかったんだろうと。

サラは冷たい感じには見えなかっただろうし、
アデレイドはハイセンスに見えただろうに。

・・・まぁ、最終的にはどっちにしろキャラ確立しちゃったから、今さらなんですけどね。

◇今日の魂
最終回です。誰も予想しなかった結末です。

ネイサン「なぁベニー、ここのシーンの本当の台詞はなんだ」
ベニー「俺も忘れたよ!!」(爆笑)

なんかベニーの返しがネイサンにとって満足だったらしく、ネイサンがベニーに指で「合格」サイン送ってた(笑)。

あまりに客席受けすぎて、笑いと拍手でショーストップ。色々おかしいけど楽だから全てOKです。

◇今日の懺悔
ここ、某出演者が「今日のことは他言無用」とおっしゃったので、一部伏せます。

会場内があっけにとられた事件の後、力業で何とかした田中ロウマ氏に絶大なる拍手を。

懺悔一発目、恒例となった日替わりネイサン&ベニーのステージ2。
この日も昨日を引きずって「奥さん」&腰づかいで責めるネイサン。
出ていくのをためらうベニーに、ハリーが絶妙の相の手を入れて会場内爆笑、ベニーますます窮地に。ハリーの突っ込みが余りに邪魔だったのか、帽子をハリーに投げつけるベニー、会場ますますノリにのります。

それでも何とかノルマをこなし、で腰づかいするベニー。
それをサラに向かってやらないの!(笑)
玲奈ちゃんが必死に笑いをこらえてるのが見てて面白いったら。

◇なんか飛んだ?
スカイが救世軍の制服を着て出てくるシーン。
なんか太鼓をちょっと叩いたらちっちゃい部品が落ちたらしく(下手側に転がっていった)、気を取られたスカイをサラがいつものごとく諭すという。

でここでスカイが喋ってる間、上手にいたナイスリーが派手なくしゃみをして会場内笑。
そこは突っ込むところじゃないぞよ、ロウマ君!

●カテコレポ
いつもの2回カテコの後、千秋楽特別カーテンコール。

ここ数年の東宝作品の中で公式HP更新回数ワースト記録だったであろうこの作品、多分カテコレポは公式に出ないんでしょうねぇ。

皆さん勢揃い後、内君のご挨拶。

「終わった今だから言えますが、最初は『できるのか?』と不安だった。でも大先輩であり、大好きな錦織さんに『絶対大丈夫だから、胸を張ってやろう』と励ましてもらって力になった(隣のニッキは嬉しそう)。カンパニーの皆さんにも出会えて、本当に嬉しかったです。ありがとうございました。
舞台が終わったときに、『二度とやりたくない』か、『もう一度やりたいか』どっちかだと思っていましたが、今は『もう一度やりたい』です(会場内大拍手)。それもこのカンパニーで一緒にやりたいです。本日はありがとうございました。」

「僕は明日もいるんですけど、明日来てくれる方は?(客席から複数の挙手が挙がるのを見て)。はい。(何か普通にスルーしてた。それぐらいでちょうどいいような。来たくて来れない人もいるんだろうし。)でも、明日(ガイズのカンパニーの)みんなと会えないのが寂しいです。」

次は右隣の玲奈ちゃん。内君があまりに自分で締めそうで、出番が来ないんじゃないかと、見てて気が気じゃなかったんですが(苦笑)。

「中学生の時にこの『ガイズ&ドールズ』の舞台を見たときから、大好きで、その舞台に立てて嬉しかったです。支えてくださった皆さまに感謝しています。私もこのカンパニーで再演を熱望しています。」

玲奈ちゃんは由美子さんとの共演を私的に熱望していたためもあって、2人のデュエットは毎回心躍ったし、前楽ではとてつもないものを見られたので、あのシーンはお腹いっぱいでした。
が、玲奈ちゃんの本当の実力はこんなもんじゃないはず、というかあのデュエットシーンとハバナでしか本当の実力を見せてなかったような気がします。
最後の2日間は全編に亘ってフルパワーでとても素敵だったので、次があるならぜひ最後の2日の感動をまた見せて欲しいです。

その次は2人飛んで反対側の由美子さん。
初日同様、また振られると思ってなかったみたいで(笑)「えっ、私なの?」ってまた驚いておりました。

もう声残ってません(会場内笑)。とても楽しい作品でした。またお会いしたいです。」

と、こちらは相変わらず再演に関してはどっちともつかない発言をすることに関しては絶妙すぎる。(この作品でまた会いたいとも取れるし、次の新国立とか帝劇とかとも取れる)

この舞台上のコメントよりは、むしろご自身のblogで語っている方が本音なのかも。
色々な意味で壁を突き破ることができた作品であり役だったと思います。
当たり役だったからこそ鍛えられた面は大きかったのではないかと。
あえて言うなら、完全燃焼した感じは4人の中で一番大きかったと思います。

スカイもサラも最後になってラストスパートで大化けしてきましたが、その分前半は後悔が残ったんじゃないかなと。
ラスト2回は、スカイとサラの芝居のコアが噛み合った感じがあって私的にはすごく満足でした。
で、ネイサンは喉のくだりがあったりで100%満足ではないのだろうし、それに比べればやれることは全てやり切ったと言い切れるアデレイドだったんじゃないかなと。

ご本人いわく「色んな事を教えてもらう良いきっかけ(の作品)」という言葉は、何となく見ていて感じるものがありました。

あと、玲奈ちゃんと由美子さんが並んで芝居をしているのを見ると、似ているようで意外に似ていない、というのが分かったのは今回の収穫でした。
ライバルのつもりで見たこともあったけど、年齢1回りも違うわけですし。
むしろ玲奈ちゃんを見守る由美子さん、という図式が今回確立できたことはあらゆる意味で大きかったかなと。

サラを見守るアデレイド、という図式を見ててふと浮かんでしまったものが。
由美子さんで菜都子ママ@プライドって何気に面白そうなんだけど(絶対に実現しないけど。笹本さん新妻さん両方から慕われるキャラってことなら、思いつくのは涼風さんか由美子さん)。

そして締めはネイサン。

「懺悔は終わりました。(会場内爆笑)
本日は『田中ロウマさよなら公演』においでいただきありがとうございました。(会場内爆笑)
彼は本日夜、成田からニューヨークに向けて旅立ちます
(注:彼はニューヨーク在住です)。
次いつ会えるのか、気が気じゃありません。(会場内爆笑)
本日はありがとうございました。」

・・・・さすがとしか。
内君、余りに面白かったと見えて突っ伏してるし、ロウマ君はどうしようか困ってるし。

この挨拶の後、内君から「この作品を支えてくださったオーケストラを招き入れようと思います」との声がかかり、ステージ上部のオーケストラピットから皆さま下へ。
2人は楽器弾きながらの登場です。メインキャスト4人と堅い握手を交わし、そして全員で手を繋いでのお辞儀。

で、そそくさと立ち去ろうとするオーケストラの皆さんをめざとく見つけた我らがアデレイド。

「みんな帰っちゃうの?ここにいようよ」とおねだりした結果、オーケストラ全員+キャスト全員でのお辞儀で終了。

この日、2幕「ミンクなんて返すわ」のアデレイド&HOT BOX DANCERSのショーの最後、アデレイドが「ありがとう」って客席とかショーの観客に言うところがあるんですが、この日のアデレイドの最後の一声(千秋楽限定アドリブ)が「ありがとうオスカーさん」でした。

この作品のオーケストラの指揮をしているのがオスカー白石さんなのですが、それを知っていると実に味わい深い振りだったりしたのですが、それも含めて、オケをオケピ上に返さなかった由美子さん、ナイスすぎるフォローだったかと。

”舞台は役者だけのものじゃなくて、オーケストラと一体になって成り立ってる”ことを知っているからこそ、あの言葉が自然に出てきたのだと思うと、『ガイズ&ドールズ』の最後をそんなシーンで締めくくれたことが何より、涙が出るほどに嬉しかったのでした。

結局、書き終わったらかなりの抜け殻ですが、書く方も完全燃焼した実感があります。
明日はサラじゃない玲奈ちゃんを観に行きます。

5/2追記その1
昨日、とても悲しい話を聞きました。
「ガイズ&ドールズ」は楽しい作品、という思い出であってほしかったです。
千秋楽の翌日にまさかこんな気持ちになるとは、思ってもいませんでした。
隠れ頁に。
(アメンバーの方限定とさせていただいています。)

5/2追記その2
それでも、今発売中の「BEST STAGE」6月号と、「月刊ミュージカル」5月号は
永久保存版です。いい写真が残って良かった。

5/10追記
今年8月、名古屋での再演話が出ていますね。
正式発表されたら、「(12)」として書きたいと思います。
今回のキャストが残りますように!

|

« 『ガイズ&ドールズ』(10) | トップページ | 『ピーターパン』(2) »

コメント

由美子さん
やり遂げた満足感のようなカテコ
の挨拶でしたね。
アデレイドも好きな役に入りました。
難しい役だったと思います。
本当に毎回何かをつかみ取って
良い女優さんになりつつあって
応援のし甲斐があります。
ジャニの主役さん見慣れたせいか
今日は、許せました(笑)
でもまだスカイになってません。
次回頑張って良いスカイになってもらいましょう。

投稿: てるてる | 2010/04/30 23:05

てるてるさん、こんばんわ。
由美子さんへの拍手が凄かったのも嬉しかったですね。完全燃焼していたことが客席に伝わりきっていた感じがしました。

役自体も難しかったと思いますが、この作品、由美子さんがいないと成立していない気がします。それをみなまで言わないところが、魅力だと思います。

投稿: ひろき | 2010/04/30 23:23

こんばんは!
ガイズ&ドールズ、堪能されたようですね!!

また違う話を持ってきてすみませんが、
今度由美子さん、「エネミイ」という舞台に出られるのですね!
共演の高橋一生くん、すごくイイですよ!
行かれますよね?
レポ楽しみにしています♪

それから、今月号の『シアターガイド』から
新妻さんが連載を始めました。ご存知ですか?
「幸福な空腹」というタイトルで、
おいしいお店紹介みたいな連載です。
ぜひご覧になってくださいね!

投稿: 観世 | 2010/05/01 00:19

観世さん>
お久しぶりです。
ご覧になってない方がガイズ祭りをどう思ってらっしゃるのか心配でした(苦笑)。

エネミイは先ほど先行予約入れました。
高橋一生さんは由美子さんとはNHKドラマ以来の再共演なので(本人同士忘れていないか心配ですが)楽しみにしています。

新妻さんの連載はご本人からタイトルを聞いて爆笑したうちの一人なので、楽しみにしてます。雑誌の休日発売はないので今日発売ですね。

投稿: ひろき | 2010/05/01 01:46

こんにちは。

千秋楽行かなかったのですが、ひろき兄のレポート読んで想像膨らませてたら、すっかり行った気になれました(笑)。

最初、拝見した時はあまりの細かさに驚きましたが、舞台鑑賞重ねると価値が分かってきました。スゴいです♪

「エネミイ」のレポも期待しております。

投稿: mac-K | 2010/05/01 08:06

ひろきさんはじめまして。
私もガイズアンドドールズが大好きな内くんのファンで、
クリエには計4回、千秋楽にも行きました。
心配していた内君の成長も感じられたし
とても満足して名古屋での再演を楽しみにしていたので、
某ブログの一文がずっと気にかかっていました。
アメンバーに申請させていただきましたので、
どうぞよろしくお願いします。

投稿: カマリ | 2010/05/25 20:51

カマリさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

思わせぶりなコメントでご心配をおかけし、申し訳ありません。

申請につきまして承認させていただきましたので、よろしくお願いいたします。
(こちらとの内容の違いに刺激が強いかもしれませんが、その辺りはご了承下さい。)

投稿: ひろき | 2010/05/26 01:41

こんにちは、みみかと申します。以前からひろきさんのブログを拝見しており、公演のたびに密かに更新を楽しみにしていました。
ガイズ~の記事を一気読みしたのですが、隠し頁で悲しいこと?がある、と読みとても気になり、
アメンバーで申請させていただきました。玲奈ちゃん関係でしょうか?彼女の大ファンなので気になります。。

投稿: みみか | 2010/05/28 23:03

みみかさん、いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。
あまりこういった思わせぶりな書き方はしない方なので、ご心配をおかけして恐縮です。

向こう側の申請につきましては
承認させていただきましたので、
よろしくお願いいたします。

投稿: ひろき | 2010/05/28 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/48227047

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガイズ&ドールズ』(11):

« 『ガイズ&ドールズ』(10) | トップページ | 『ピーターパン』(2) »