« 『ガイズ&ドールズ』(7) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(8) »

『新妻聖子FC みんなのお茶会8杯目』

2010.4.17(Sat.) 14:00~16:00
都内某所

7杯目に続き2回目の参加となる今回ですが、何とまぁ主演女優様のあまりのフリーダムさに、表で書けないこといっぱい。

いつにも増して毒舌が多いのは、よほど色々たまっていらっしゃるのか・・・・と邪推したくなるような出来でした(笑)。

一応、内容はFC会員の特典という意味もあると思いますので、ネタバレや問題ありすぎな話は一切カットです。そしてカットする行為自体がえらい大変だという。


●セットリスト
1. seasons of love(「RENT」/アルバム「MUSICAL MOMENTS」)
2. sisters(アルバム「アンダンテ」)
3. you raise me up(special version 日本語タイトル未定)
4. MAKE OUR GARDEN GROW(「キャンディード」
5. アンダンテ

正味1時間強のトークと歌で綴られるひととき。

開場時間に参加者が到着する率がすごい高いのが新妻FCのお茶会の特徴で、なぜなら普通にお菓子が美味しいからです(笑)。

FCスタッフ「それでは本日の主役、新妻聖子さんです」
新妻さん「はい本日の主役です(会場内笑)」

・・・もう既にここから新妻落語会始まってますからね。

客席が十分暖まってないと見るや、「じゃ歌っちゃいますかね」と始める進行の上手さ。
前回はピアノとして音楽監督の扇谷研人さんがいらっしゃいましたが、この日は都合が付かないということで欠席。

新妻さん曰く「特別音源でお送りします。物は言い様って奴ですね」

・・・あぁどうしてあなたはそんなに自由なの(以下略)。

新妻さんって人に突っ込まれるのが苦手なタイプなのでは、とふと思います
。突っ込まれるぐらいなら自分で言って笑われた方がいい、みたいな感じ。

歌を挟みながら、お仕事の話をしていくわけですが、後で気づいたのですが、過去話が少なかったのが今回の特徴。「nine」あたりの話でも出るかと思いきや、大部分が未来の仕事話に集中していました。

その中で一番の大ウケだったのが、演劇専門誌「シアターガイド」の5月1日発売号から始まる半年間の連載。

そのタイトルは・・・・

『幸福な空腹』

編集者さんvery nice job!!!!

会場内大爆笑の渦でした。

●そしてこれからの仕事
・「キャンディード」/帝劇

「私帝劇でのシングルキャスト初めてなんですよ」と新妻さんに言われて「おぉぉーそういやそうだ」と皆が同時にあっけにとられる。
新妻さんってこういう意外性で持っていくのが上手いんですよね。

そういや由美子さんも玲奈ちゃんもちっひーもシングルキャストやったなぁ。
え、4人の中では新妻さんが一番最後なのか、意外すぎる。
(由美子さんが2002年「モーツァルト」ナンネール役、玲奈ちゃんが2003年「イーストウィックの魔女たち」ジェニファー役、ちひろちゃんが2004年「SHIROH」リオ役)
そっか、エポもキムもマルグリットも複数キャストだもんなぁ。

で、4人の中でクリエ登場の最後も実は新妻さん。色んな意味で不思議すぎる。
(クリエはちひろちゃん→由美子さん→玲奈ちゃん→新妻さんの順。)

「キャンディードを今まで見たことがある方」とか・・・・・話がそっちに行くのが目に見えてるじゃないですか(笑)。

新妻さんのジョンケアードのモノマネがおもしろすぎる。

ちなみに「キャンディード」は3回押さえているんですが、ちょっと多すぎたかな・・

何しろファン感謝デーを銘打ったトークショーがあるのが100%確定ですからね。
しかも新妻さんに井上君でしょ、もう何が起こるか楽しみすぎるわけで。
井上君のトークを正面からあしらえるのは新妻さんしかいないと思うです。

・無茶時期コンサート/クリエ
まぁそりゃ、みんな同じ感想を持つのが当たり前(笑)。

「玲奈ちゃんも他の舞台(7月・8月公演の「ピーターパン」です)の稽古中ですし、私や井上さんは本番中(笑)」

でも「MAをまたやれる」という誘惑は何物にも代え難かった、そうです。

・イリアス/ル・テアトル銀座
こちらも「MAの恩師、栗山先生に成長を見せたい」だそうです。

・プライド/クリエ
「原作最後まで読んだ方」・・・意外に少なかったですね。会場内で5人ぐらいですか。

「あぁなっちゃいますからねぇ」

・・・えぇ随分知ってます。知りすぎるぐらい知ってます。
原作も映画も女優両雄も知りすぎるぐらい知ってます。

だから怖いんです、財布が(笑)。

●時計はSEIKO

今回の目標は「タイムキープすること」ということで机上に時計を置いて話していた・・・・のですが。

時計が指している時間は14時49分。

新妻さん、いきなり素っ頓狂な声を上げます。

「え、この時計止まってません?いつまでも14時49分なんですけど(会場内大爆笑)」

・・・えーと、その時15時15分でした(笑)

その本人的フォローが↑でした。オモシロすぎる。

●ツアーの話。

ツアーで披露した俗称「手旗信号」。
この日、完全版(有楽町よみうりホールと違って←本人談、間違いがない版)を披露。

背後にいた花れんさんのことを新妻さんは「スーパーウーマン」と呼ぶ。

そして新妻さん含めスタッフ陣は花れんさんのことを

『頼みますよ、”姫”、いや”嫁”』

と呼ぶそうな(笑)

※花れんさんは扇谷研人さんの奥さん。

●姉妹の話。

えーとこれこそその場にいた人のシークレットなんですが、いつまでシークレットなんですか(笑)。

ちなみにこの話、実は私、事前に知っておりました。3月27日だそうです。
というかblogに書いてる人がいるんですもの。

で、ようやく、4月23日に公式発表となりました。

新妻由佳子さん、ご結婚おめでとうございます。

これで歌姫の姉上は2人とも嫁いだわけですか・・・

実の姉の曲を歌うようになるまでのエピソードとかは、いかにも新妻さんらしいな、と思いました。
本人、別に否定するわけじゃないんでしょうが、何というのか、四角ばった(良い意味で「筋を通す」、逆の意味で「融通が利かない」)ところは法律を学んだ方だから、というのがやっぱり影響しているのでしょうね。

ともあれ、1時間強のトークの後、サクサク進行のプレゼント大会、そしてエンディングへ。

景品名を前日にblogで発表したのにもかかわらず、冷蔵庫に置き忘れられた赤かぶ(笑)。

そして更に忘れられた「アンダンテ」完結編原作本(爆)。

新妻さんにしちゃぁ、意外と隙がありまくりな今回でしたが、かえってそれが面白かったかも。
本人言ってましたが、「山野(楽器イベント)とずいぶん(時期が)近かったんですよね」と言う通り、確実に1週間しか空いてない人が多数いたのでした。当然私も。

でもその間にクリエコンサートが発表されたから、そのことで声かけられたのは嬉しかったです。

|

« 『ガイズ&ドールズ』(7) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(8) »

コメント

お待ちしてました(笑)
帝劇シングルキャスト比較にちっひーが入ってるのは私へのサービスですか?・・・そんなわけない(笑)
人に突っ込まれるのが苦手っていうのは目からウロコなご意見でした。実は私も最近「キャンディード」のトークショーのことを考えていて、あのメンバーでやらないわけがない。そして、何が起こるのやら楽しみすぎると。実現すれば個人的には芳雄さんと新妻さんがトークでガッツリ絡むの初めて観ることになります。この二人のトークのスタンスは何となく似た部分を感じているというのもあるし(自虐トーク?)。

投稿: ぴらふ | 2010/04/23 08:14

ぴらふさん、こんにちは。
え、ちーちゃん好きですよ。

というか、結局書いたのは今日がガイズで、上書きされるのがもったいなかったのと、明日が帝劇で久しぶりのちーちゃんなので、すぐ浮かんだってことなんですけどね(←案外ざっくりな性格。) 

新妻さんといえば、芳雄氏に2008サイゴンの時、「4キムで私だけ「ちゃん」づけで呼んでもらえなかった」と愚痴っていて吹いたのを思い出します。

投稿: ひろき | 2010/04/23 12:59

もちろんちーちゃんを気に入っていらっしゃるのは存じていましたが、不動の(?)ごひいきさん3人さんの名前と並んでいたので・・・(^_^;)

そんなことがあったんですね?芳雄さん、呼んであげようよ(笑)観られた方がうらやましい。余談ですが、新妻さんと浦井君、ガラコンサートでデュエットしたことがあるんですね?最近知ったんですが、こちらも見られた方がうらやましい組み合わせです。

投稿: ぴらふ | 2010/04/24 08:19

そういうことになると絶対言わないのが芳雄氏の性格と読んでるんですが(笑)
ラジオだったか前回のお茶会だったかだと思います、愚痴ってたのは。

新妻さんので見て見たかったのは、新納さんとやった「LOVE LETTERS」ですね。
普通に終わったのが不思議なぐらいの組み合わせなので。

投稿: ひろき | 2010/04/25 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/48157208

この記事へのトラックバック一覧です: 『新妻聖子FC みんなのお茶会8杯目』:

« 『ガイズ&ドールズ』(7) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(8) »