« 『ガイズ&ドールズ』(4) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(6) »

『ガイズ&ドールズ』(5)

2010.4.11(Sun.) 12:00~15:00
シアタークリエ 1階補助席下手側


悪い虫がうずき(笑)、前日に東宝テレザーブに電話、補助席をげっとしてしまいました。3回目の観劇です。
夜の回ならボックス席(2階から張り出している席で、初日は植草さんが観劇されていました)も空いていたのですが、1人でボックス席は・・・というわけでたまには後部座席を、ということでの最後尾列補助席です。

今回公演のチケット入手状況は5列目3枚、7列目1枚と前方に固まりまくっているので、考えてみると全体が見えるような後方席は今回初めて。一応オペラグラスを用意したものの、シアタークリエは狭いのでほとんど使いません。

ちなみにこの補助席、無理矢理突っ込んでいる席なので、足が地に着かないというお上りさん最適仕様です(笑)。

補助席は7席しかなく、最終列22列の次の壁席ですが、実は最終列22列と段差がゼロなので、運が悪いと前が遮られます。幸いというか、この日はたまたま目の前の22列の方が座高の低い女性で助かりました。とはいえ、上手側のシーンは見えないんですけど。

12時開演のこの回、1階のロビー前には燦然と「満員御礼」の看板が見え、11時10分に1階のみ開場。実はチケットを持っていなくてもパンフレットだけは買えるのです。

この時間帯、シアタークリエ目の前の東京宝塚劇場の開演(11時30分)とぶつかり、見渡す限り女性がいっぱい。

予定より早く11時25分に開場。補助席(とボックス席)だと問答無用で客席まで交代で案内してくれます。この2つの席は特有の注意事項があるからなんですが。
補助席は「荷物を足の前に置いてくれ」と言われますし、ボックス席は「乗り出さないでくれ」と言われるようですし。

ホワイエに行くと事前情報通り、写真が増えています。

初日にはメインキャストパネル4枚(奥から由美子アデレイド、錦織ネイサン、内スカイ、笹本サラ)だけでしたが、そこから舞台写真が全部で7枚。

恐ろしいほどの内容ネタバレなので、初見の方は最後に通りましょうホワイエ。
いくらリピーターが多いからって勇気あるなぁシアタークリエ。

なのでここから早くもネタバレに移行してしまうのです。






写真は全部で7枚。奥から、
エンディングシーン(ネイサン・アデレイド・サラ・スカイ)
舟が揺れる(ナイスリー中央に、カートライト将軍も)
女神よ今夜は淑女でいて(スカイ中央にGUYS勢揃い)
下水道(スカイのソロシーン)
スカイ&ネイサン(ネイサンがスカイを焚きつけるシーン)
アデレイド&ドールズ(1幕「ブッシュ・アンド・ペック)
サラ(1幕の救世軍赤制服)

由美子さんファン的には満足行く2枚の写真なのですが、サラが一番可愛いのはやっぱりハバナの黄緑色のドレスだと思うんだけどな。それにやっぱり「結婚しよう」の写真が欲しかったなー

とか思いつつ、ファンサービスの充実ぶりに呆然とするばかり。
売れてる舞台ってすごいのね。




○女優2人の相性
アデレイドのキャラは「キュート」って感じ。
映画版見てたから、あのパワフルさをどう変えるのかなと思ってたら、余りのそのまんまで、この役に由美子さんを選んだ理由がよく分かります。
誰がこんな風にできると思ってアサインしたのかなーってのが気になるぐらい。

こうやって玲奈ちゃんと由美子さんがそれぞれカップルとして一緒の舞台で歌っているのを聞くと、似たような感じの2人も、実はずいぶん違うんだなということに気づきます。

2人とも演技プランは「相手に合わせる」方なんだけど、
デュエットとなると玲奈ちゃんは相手に合わせない感じがする。
自分の力出し切って相手を上から引っ張り上げる印象。
由美子さんの場合は相手と合わせてから下から押し上げる印象。

そういえば客席歩いてたら”玲奈ちゃんもーちょっと合わせて欲しいなー”ってぼそっと言ってた人がいた・・・
気持ちは分かるけど、まぁでもそれが玲奈ちゃんだからなぁ、良くも悪くも。

玲奈ちゃんは「上手い」で、由美子さんは「巧い」って感じなんですよね。

玲奈ちゃんは今回に関しては高音域担当だから、確かに上手いは上手いんだけどインパクトがあまり出せないのがもったいない。

でも、「ハバナ」での酔っぱらいソング&ダンスはありえないほど楽しんでるし(あそこまでやれるのはさすがだと思う)、力量がぴったりフィットしてる由美子さんとのデュエットの余りの楽しさぶりに胸躍りましたですよ。

玲奈ちゃんにしても由美子さんにしても、女優さん相手にあそこまで楽しい曲デュエットできたの久しぶりですからね。両方から見てるからよく分かります。

女優さん相手に歌う時って相手はライバルってのが普通で、あんな仲良い感じってなかなかないんですよね。

玲奈ちゃんのほぼ唯一の陽気系作品「ミー&マイガール」にしたって、女優さんたちだけで歌う仲良いソングは1つもないし(全員でってことなら1幕ラスト)、「屋根の上のヴァイオリン弾き」3人姉妹(2009年シリーズ)と「ウーマン・イン・ホワイト」の”3人揃ってこれで完璧ね”ぐらいかな。

由美子さんにしても今回のに匹敵するとしたら、あれだけ全力なのは「花の紅天狗」で森奈みはるさんと組んだとき以来って感じだし。

由美子さんと玲奈ちゃんの歌を比べたら、技術的には玲奈ちゃんの方が上だと思うけど、由美子さんの歌、特にミュージカルの歌で好きなのは「ハート」であり「味」なんですね。ある意味、「日本的な要素が入るミュージカルの歌」。フランス料理とおでんの違いというか(笑)。

だからある意味ほっとするんですね。超絶に上手い歌に聴き惚れるのもいいけど、自分はミュージカルではゆったりと曲に身を委ねたかったりするもので。

この曲、由美子さんの全力もさることながら、印象的なのは玲奈ちゃんの全力。

今回、お相手がミュージカル初出演の内君ということで、あらゆる場所でフォローに回る玲奈ちゃんは大変なこといっぱいあると思うんですね。舞台の上でも、舞台降りてからも。
そんなプレッシャーとかストレスを玲奈ちゃんが好きなように発散してるのがハバナの「へんてこりんダンス」とこの「結婚しよう」だと思うんです。

この作品の中でサラって真面目系で通さなきゃいけないし、締めなきゃいけない場面が多すぎる。でもこの「結婚しよう」はアデレイドの告白を通して”本音”を出せる唯一のシーン。初めて「女性として」本当の気持ちを確認できたことで心がオープンになるだけあって、2人の感情のシンクロが半端ない。

一緒にああいう風に歌えたから、こんな風に言ってもらえるのかなと思うと、なんかシンクロできた瞬間があったんだろうなーと実感。

玲奈ちゃんと由美子さんは今まで2回共演している(出演回数で言えば30回以上)なのに、妙に壁を感じてたんですね。

なのに、玲奈ちゃんblog「れなにっき」に由美子さんネタが既に2回目

どんだけプレゼントしてんですか由美子さんって感じですが(笑)、思った以上に由美子さんファンになってくれた玲奈ちゃんが嬉しい誤算(何だそりゃ)。

玲奈ちゃんはあんまりこんな感じで言わないからなおさらだったんだけど、もっとこういうこと言わない由美子さんがどう反応するか実は楽しみ(笑)、まぁ反応しないに一票だけど(爆)。

自分が好きな女優さんを、これまた自分が好きな女優さんが「大好き」って言ってくれるのって凄く嬉しい。どっかでシンクロできた感じがそうさせるのかも。

そういえば、この作品でヒロインなはずのサラそっちのけで、観客にうけまくるアデレイドを見て、誰かが言ってたことを思い出したんですが、

「『ガイズ&ドールズ』のサラとアデレイドって、
レミゼのコゼットとエポニーヌみたいなもの」
・・・・あぁ!

その人曰く、サラとコゼットは”白いヒロイン”(無色透明)なのだそうです。
なんか色々納得してしまった。

それからするとエポ役者の玲奈ちゃんは本来はアデレイドで、(やってないけど)コゼ系統の由美子さんは本来はサラなんですね。

玲奈アデレイドは確実にダンスシーンが増えるのだけは間違いないけど、あの由美子アデレイドの味は出ないだろうなぁ。あれはもはや玩具だもん。

玲奈ちゃんのハバナで「化学反応さ。」と宝塚男役風に言う(会場がうけてた)余りのハマリぶりに・・・玲奈スカイと由美子サラって見たいんだけど(笑)。

でもやっぱり由美子さんはアデレイドだよなーと思うと
玲奈スカイに沙也加サラ、由美子アデレイドに錦織ネイサンでも可(笑)

○ハバナではじけ中
本日のサラ。

スカイにお姫様だっこされてじたばた中。

「アル・カポネみたいーーーーー!」

玲奈ちゃん意味わかんないよ(笑)
でも面白くて可愛すぎるから許す(爆)

そういや遊ぶシーンが少ない玲奈ちゃんもたまに面白いことかましてきてまして、この日気づいたのは「結婚しよう」の時の嗚咽。

静かなシアタークリエに響く、ものすごく小さい「ヒック、ヒック」という声。

えっ、あれ玲奈サラの泣き声だったのか。
直後に「びえーーん」と漫画みたいに泣いて”あの”アデレイドに呆れられるのがmyポイントなのです。

だって”あの”アデレイドがあっけにとられるのって全編通してあの一瞬だけなんですから。

○ちょっとじゃないぐらい心配
この日一番びっくりしたのは錦織さんの声。
初日とは比べものにならないほど涸れていて、喉が弱いと聞いてたから心配。

そのせいか、2幕「俺を告訴しろ」では由美子さんも異常なほど声を絞っていて、気にしすぎたせいか派手に音と由美子さんの歌声がずれるハプニングまで。
それもあってか、さすがにこの日は満面の笑顔のカーテンコールとはいかなかったのが残念。

錦織さん、キャラといい、由美子さんとの役の相性といい、抜群だと思うので、何とか今日の休演日で回復されることを祈っています。

玲奈ちゃんは喉に負担かかりにくいとはいえ全然ぶれないし、由美子さんも多少のあやしいところがあるとはいえ、あれだけのとんでも音階の曲歌ってるにしては何とかこなしてるし、何だかんだ言ってもミュージカルの喉の使い方はちゃんと会得してるんだなと実感。

スカイの内君は初日はけっこう良い感じだと思ったけど、3回見て全く変わっていないように見えて残念。普通は舞台を演じるごとに深めていくものだと思うんだけど、サラとの距離感は広がりこそすれ縮まっているように見えないし、一人突っ走りすぎてるように思うんですよね。

立ち姿の綺麗さは惚れ惚れするけど、スカイからサラへの感情が見えないせいか、サラの片思いに見えて切ない(苦笑)。

結婚してもらえないアデレイドからネイサンの場合は両思いだし、"結婚"って結論に至ってないだけだから切ないって感じじゃないし。

スカイ&サラを「ロマンチックカップル」、ネイサン&アデレイドを「コメディカップル」と演出家さんは言ってるけど、スカイ&サラは「恋」でネイサン&アデレイドは「愛」だからなぁ、ということが実感できたり。

1幕途中、言うに事欠いて(笑)ネイサンとアデレイドの結婚決定が電撃発表(本人知らず(笑))してたときにたまたまいたニューヨーク市警・ブラリガン巡査とアデレイドの関係が面白い。

アデレイドの結婚シーンで先導してくる役、実はブラリガン巡査演じる井上高志さんなんですね。(ちなみにご本人は今年還暦だそうです。ダンディだ・・・)

この人、ネイサンにアデレイドについて「こんないい女性と一緒になれるなんて」という台詞を言ってるんですが、その後、言わずもがなの茶化しコメント(「変な遺伝子が引き継がれなければいいがな」)をアデレイドに言って、アデレイドが「もうっ!」って、じゃれて突っ込み返してるのがチャーミングすぎる。

アデレイドって位置付け的には演歌的というか湿っぽい立ち位置で、「なんで結婚してくれないのよ!」って怒りまくる方向性も採れると思うんですが、由美子アデレイドはそういう方向を見せないんですね。

女性としての懐の深さという点が由美子さんとアデレイドとすごくシンクロする。

ちなみにご本人自身に重なることは「若干はある」そうですが(笑)、普通に考えると14年結婚してもらえないのに、ネイサンなんぞと離れないアデレイドも理解できなければ、実在としてあれだけできた女性がいまだに独り身というのもちょっと理解不能(苦笑)。

アイドル時代はさんざん「結婚しない」って言い続けて、堀越の修学旅行で行った摩周湖で雲一つない晴天を経験してる人ではあるけどさぁ(爆)。

○今日のネイサン
コーナー化できそうですが(笑)

「ニューヨークに『蔵ずし』はないだろ」←これ定番と化した。
「俺の『たま』・・・」←だからそこで切るなと(笑)
「『たましい』って最後ハネるんだっけ?」←これ日替わり

○その他 今日の日替わり
2幕「ミンクなんて返すわ!」で貰ったもの投げ返す関係各位(アデレイド&DOLLS)ですが、この日、マチネ&ソワレともに由美子さんの左となりの女性がパールのネックレス落として、アデレイドがまとめて拾ってた。

結構荷物多いあのシーン、マチネは由美子さんその後にもう1回落としてた。それはともかくとっさにカバーしたのはやっぱりさすが。・・・それにしても皆さんお疲れだったんだなぁ。

2幕「俺を告訴しろ」で膝を付くネイサン、というのはいつもだったのですが、この日のアデレイド、

「立ってよ!!!!」

超ぶち切れモードでしたが、や、めっちゃ面白いそのパターン。

○ちょっと気になること
写真をアップで見ると凄く魅力的な由美子アデレイドなんですが、衣装的にはちょっと微妙。こちら

もともと背が低くて(それでも舞台に立つとそれなりに大きくは見える)衣装を選ぶところに持ってきてその辺の相性考えてもらえてないから。

「衣装の微妙さを歌と演技でカバーしてる」って声が聞こえてきて、なるほどねと納得。というかピンクは着る人選ぶ色だよ・・・

ま、あとは由美子さんの立ち姿ってのが昔からそうなんですが猫背気味なんですね。
ただでさえ小さいのに加えて猫背気味なので、すらっとしている4人のdollsの中で売れっ子として浮き上がるにはちょっと弱い。
本線の「売れっ子ショーダンサー」という役割は早放棄して他のキャラで客の受けを取ってるけど、ある意味変化球だから・・・

衣装と言えば笹本さんの救世軍衣装もなんかしっくり来ない気がするんだけど、本人軍服好きだし、こっちは何とかサマになってるんだよなぁ。

そんなアデレイドの微妙な衣装の中で好きなのが、先述の結婚電撃発表シーンの白い私服。
ここに何か結婚引き出物くっつけた、アデレイドとサラの初対面シーン、アデレイド様一行が何かちんどん屋(笑)みたいで笑える。何でか分からないけどアデレイド一座って言葉がぴったりくるぐらいどっか野暮ったい。

ハイセンスになりきれないあたりは、中の人にそっくりではあるんだけれども(苦笑)。

さて10日間続いた『ガイズ&ドールズ』の連投週間もひとまずこの日で終わり、今日は休演日。由美子さんはこの後ドラマの撮影に入るみたいなんで、まさか今日は休めると思うんだけど、つか休んでお願い。

|

« 『ガイズ&ドールズ』(4) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(6) »

コメント

こんにちは。やっと観て来ました。

衣装の話。「清く正しく」イメージなのでしょうか?救世軍の制服と、最後のウェディングドレスのサラはどっちもスカートがタイトなんですよね?私もサラの衣装はハバナの時が一番可愛いと思います。あと、救世軍はあとのコートを着た時の方が好き。「今日のネイサン」は「魂って『ム』?」でした。

投稿: ぴらふ | 2010/04/14 08:21

こんばんわ。

救世軍のコート付きは私も好きです。
基本は何着ても似合う玲奈ちゃんですが、やっぱり最後のウェディングドレスはちょっと違うと思う・・・
あれ両方ともタイトスカートなんですね(←そういうところに目が向かない私。)

今日ソワレが中央付近のセンターなのですが、オペラグラスの誘惑と戦いつつ衣装にも目を向けてみます。

投稿: ひろき | 2010/04/15 02:17

ご無沙汰しておりますhappy01
ひと月半ほどpc姿を消してましてスミマセン。ちなみに、今更ながら…mailHOBO初日で階段ですれ違ったのは私だと思います。よくお分かりになりましたね(゚▽゚*)笑

私もガイズ観てきましたnoteなんか「嬉しい」ミュージカルでした!!衣装の微妙さは色々私も感じつつ…でも、最後の由美子さんのウエディングドレス姿が嬉しかったのでちょっと許しちゃいました。笑

この作品、一言で感想言えませんねcoldsweats01
ひろきさんの記事読んで再び観たくなりましたheart01しかし改めて、由美子さんスゴイ人だと思いました。

投稿: なんねる | 2010/04/15 22:28

こんばんわ。内定おめでとうございます。
そしてお帰りなさいませ。

中野は何となく空気がblogで拝見してた印象と似ていた感じがしました、としか理由を申し上げられないのですが。

ガイズ見られましたか。衣装を除き(笑)由美子さんの持ち味を120%出した作品って感じです。ウェディングドレス着て連れてきていただく井上高志さんが本当に父親に見えたりしました。

投稿: ひろき | 2010/04/16 02:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/48063232

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガイズ&ドールズ』(5):

« 『ガイズ&ドールズ』(4) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(6) »