« 『明日の幸福論』(1) | トップページ | 『ミス・ダンデライオン』(2) »

『明日の幸福論』(2)

2010.2.28(Sun.) 15:00~17:00
中野テアトルBONBON A列1桁番台

初日に酒浴びして以来(笑)、2回目。
今回の劇団HOBO第2回公演は、初日・中日(日曜昼)・千秋楽と分かりやすい3回観劇なのですが、何とまぁ3回ともA列(最前列)。劇団先行予約万歳。

・・・はいいのですが、贅沢を言うときりがないのですが、実はこの劇場、3列目まではパイプ椅子なのでお尻が痛い痛い。

初日で懲りたので中野駅前のダイソーで座布団買っていきました。
派手な色じゃまずいなー、昭和初期の座布団の色ってどんなかなーとか悩んだ自分はちょっと変かもしれない(笑)。

初日、日曜と来ているので両日とも席は埋まっているのですが、終演後のおかやまはじめさんの談話によると、平日はやっぱり厳しいらしく。
この舞台同様「中野!元気演劇祭」の主催でもあるキャラメルボックスさんも同じような状況らしいので、なかなかその辺りは難しいものがありますね。
ただ、19時30分開演というのはとても有り難いです(19時って結構きつい)。今週平日、都合が付けば当日券で後方から見てみるのもありかな。

おかやまさんが演じる酒屋・加賀屋さんの付けてる前掛けが「しんかめ(神亀酒造)」でその芸の細かさに噴き出してしまった。
初日鏡割りにも登場した神亀酒造さん、日本初の全て純米によるお酒造りで有名になった酒蔵さんです(和久井映見さんでドラマ化された「夏子の酒」にも登場)。ちなみにここのお酒、冷もいいけど燗が絶品らしく、いつか飲んでみたいっす。

ここのお酒のキャッチフレーズは「35歳以上の人生の機微が分かる方にお勧めします」なのだそうで、あ、すれすれセーフな自分(爆)。

ここのお酒、ペットボトルに入れて持ち歩いていらっしゃるHOBOのお姫様がいらっしゃるそうですが・・・そりゃ「親分」だの「紅一点」に「?」が付いたりしますよねぇ(笑)→こちら 

最前列で見ていると目の前で登場人物が取っ組み合いの喧嘩しているわけで、前作が「喧嘩農家」でしたから、今回は「喧嘩長屋」ってな按配。

そういえば、とある方の感想で「当時の100円が今の金額でいくらかとっさに分からないから驚きにくい」と言われていたのがあって、あぁそうだなぁと。

ちょっと調べてみたのですが、昭和9年~11年の平均を「1」とした「企業物価戦前基準指数」という数値があって、それによれば一昨年2008年は「737.5」。
つまり、戦前の「100円」とは今の「7万円」に相当。

そのお金を妻が受け取ってきた事情から考えると、ちょっとどころか、かなりしょっぱい。夫が仕事もなくて酒代1年間溜めてる長屋暮らしの夫婦にとっちゃそりゃ大金なのは分かるけれど。

出典 日本銀行HP

今回の作品、ちょっとのずれから幸福になる道を見つけられない人たちの物語。

キーになるのは「嘘つき」と「正直者」のレトリックなのだと思うんだけど、嘘つきは良くないのか、正直者は良いのか、それに対する答えははっきり明示されているわけではなくて。

強いて言うなら、
「自分のためにつく嘘」は自己防衛でみっともないし、
「自分のために正直」は時に横暴だし。
でも「他人のためにつく嘘」は時に優しさだし、
「他人のために正直」は表面的には厳しくても、本当の意味での親身だし。

この作品だと、最初から”他人のため”をはっきり出していたのは由美子さん演じる妻・好子と、古川さん演じる喜三郎と、有川さん演じる正夫かな。
”自分のため”色が強かったのは本間さん演じる白井と、林さん演じる内田先生かと。
省吾さん演じてた善助はどちらかというと前者の感じ。

前者のグループの登場人物が、後者のグループの人物を諭していく物語、という風に捉えると、この作品の言いたかったことが何となく分かる気はする。

前回の「喧嘩農家」もそうだったけど、林さんと本間さんはこの座組だと本音カテゴリーというか、見始めの頃には半ば悪役みたいな感じになってしまうのですが、物語が終わるとそれさえ愛おしくなったり。

「男はみんな子供です。男にはそれは分からんのですが、いい女にはそれが分かるんですよ」って言葉を、この作品の由美子さんを見ていて思うのです。

「妹だってことは分かってるつもりなんですが、姉を通り越して母親という立場にならざるを得ないんですよね」と苦笑いしてコメントしていた由美子さん。

立ち上げ公演の時も思ったけど、由美子さんがHOBOをやってくれて良かったなぁと思ったし、HOBOに由美子さんがいてくれて良かったなぁと思ってもらえるような存在と出来で良かったなぁ、と思えた、それが何よりの幸福でした。

|

« 『明日の幸福論』(1) | トップページ | 『ミス・ダンデライオン』(2) »

コメント

ひろきさん
私も27日に最前列で見ましたけど
お尻が痛いわ
隣のおじさんの肘が当てるはで
疲れました。中野のダイソーで私も
勝ってきます。
バンデラスの由美子さんと違う面が
出ていましたね。いつもすごいな
って感心します。どんだけ違う面が出るのか楽しみです。

投稿: てるてる | 2010/03/01 01:59

てるてるさん、こんばんわ。

中野駅前のダイソーですが、BONBON(南口)とは反対側、北口の中野ブロードウェイを抜けて突き当たったところです(座布団は2Fの階段向かって左)ので、お時間には余裕を持っていらしてください。

バンデラスは作品内で相当に役が違いましたから、それに比べると今回は楽かもしれませんね(次の作品の稽古とぶつかっているとはいえ)。

投稿: ひろき | 2010/03/01 02:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/47693596

この記事へのトラックバック一覧です: 『明日の幸福論』(2):

« 『明日の幸福論』(1) | トップページ | 『ミス・ダンデライオン』(2) »