« 『明日の幸福論』(4) | トップページ | 『Frank & Friends/MITSUKO~愛は国境を越えて~』 »

『それぞれのコンサート』

2010.3.9(Tue.) 18:00~20:00
東京国際フォーラムホールC
3階席センター

会社を休んでコンサート。
この日は鹿賀さんバージョンです。

本来は休む必要はないはずなのですが、有楽町18時というのは仕事帰りには殊に厳しく、どうせのことならと休んでしまいます。
ま、3月の休暇の予定もなかったし、前日の『キャンディード』の製作発表に運良く当たったら、と思って確保していた休暇枠だから、別に何と言うこともないんですけれど。

せめて18時30分にしてくれればリピーター席5千円という前売り買った人に喧嘩ふっかけてる(笑)ような値段におつきあいする気もちょっぴりだけ起きるのになぁ、と心にもない(←ないんか)ひとりごとをつぶやきつつ。

実は最初に取ったのは7日(日)の昼公演だったのですが、不注意でHOBO千秋楽とぶつかってしまい、玲奈ちゃんと由美子さんならどっち選ぶかは自明の理(玲奈ちゃんごめんなさい、由美子さんには勝てません)。

で、それ(実は良席)をお嫁に出して取り直した3階席。後ろは空だったので、見る意味では快適でした。鹿賀さんの東京千秋楽でそれでいいのかなぁ、とちょっと思いはしましたけれども。

この日のゲストは市村正親(まさちか、で変換候補にでるATOKってすごい)さんと笹本玲奈さん、田代万里生さん(ゲスト五十音順)の3名。
タクトを振るのは塩ちゃんこと塩田さん。

そういえば鹿賀さんを見るのは4度目なのに、ことごとく市村さんと一緒(『ペテン師と詐欺師』初演・再演、『デモクラシー』と今回)。
てなわけでソロは今回初めてだったけど、やっぱり出色なのはジキハイの『時は来た』だなー。レミゼの独り対決(バルジャンとジャベールを行ったり来たり)もある意味曲芸的でした。

市村さんは自分のコンサートと並行なのにあれだけできるのかぁ。
ダンスも軽いし、すごい還暦だよなぁ。(鹿賀さんの2つ年上)

田代君は2曲で、WIW再演以来だからたった2ヶ月ぶりの再会だけど、やっぱりコンサートではとてつもなく光るというか、さすが歌い手の歌は違うなぁと感心しきり。
ホールとしてはあまり音響良くない気がするこの会場であれだけ伸びる歌を聞かせられるのはやっぱりさすがです。
「Everymore Without You」をWIW本番で複数回聞いたはずなのに、今日の方がいい気がする。

で、玲奈ちゃん。
ソロはピーターパンから2曲ということで、この会場で7月に上演する宣伝も兼ねてのゲストという感じですが。
玲奈ちゃん、サンタ着てても「All For Laura」はマリアンだったんだけど(去年12月@山野楽器)、黒の上品なドレスにピーターパンはいくらなんでも玲奈ちゃん(笑)。

会場内でも宣伝が流れてたし、JR有楽町駅国際フォーラム口には、沙也加ウェンディとじゅんフック船長に挟まれて、高畑充希ピーターパンと並び立つ笹本玲奈ピーターパンがいる(ポスターが貼ってある)わけですが。(デジカメ持ってくるの忘れたぁ。今度クリエと一緒に撮りに行ってこよう)

今回の2曲、一昨年の銀河劇場「Jewel」でも同じことを感じた気がするんだけど、流石にこの作品の曲だけは、はすっぱな衣装で歌わせてあげてほしい・・・

そういえばゲスト出演含め4人が並んだMCで噴き出したやりとり。

市村さん「そういえば玲奈はここでピーターパンやってたんだよね」
笹本さん「はい、ここで飛んでました」
鹿賀さん「えっ、ここで飛んでたの?」
笹本さん「ここ以外でも飛んでましたけど」

なんかおもろい(笑)

ちなみに鹿賀さんと笹本さん初共演かと思ったら、2007年にレミ2000回バージョンの時に一度だけご一緒しているそうです。
鹿賀さんと田代さんは初共演ですが、田代さんの初ミュージカル体験が鹿賀さんの「ジキル&ハイド」だそうです。

で、笹本さんのもう1曲は今回のある意味目玉、鹿賀トニーと玲奈マリアによる「Tonight」です。
なんか7日の回では市村さんが「今日のマリアは若くて良かったね」と鹿賀さんを囃し立てていたそうですが(鹿賀さんだけに伝わるならいいけど、今回の公演、マリア3人いるんですよぉ、市村さんちょっとは考えようよ・・・毒舌も程度問題だよ・・・)、この日も同じ若いマリアでして、年齢差を考えずにはいられないカップルでした。

鹿賀さんと玲奈ちゃんそれぞれを見れば別に悪くはないんですよ。
玲奈ちゃんはソプラノの人じゃないからやっぱり高音厳しいなぁとかはあるけど、必死で(曲に)食らいついてたし。
そりゃトニーは鹿賀さんの持ち役ではあるけれど、やっぱりこの日の組み合わせ的には万里生トニーと玲奈マリアの方が見たかったなぁ・・・(ゲスト同士だからありえないけど)

というか玲奈ちゃん、公開稽古のときの動画の方が声がしっかり出てて落ち着いていたような。彼女らしくなく緊張していたっぽい。

とはいえ、玲奈マリアって多分初。東京公演たった2回しかないレアステージのありがたみはしっかりと噛みしめては参りました。まだ若いんだからWSSやって欲しいんだけどな。

●セットリスト

M1.Overture
M2.『ウェストサイド物語』スケッチ
M3.Something' comin'/『ウェストサイド物語』
M4.My Favorite Sings
M5.イエスの台詞/『ジーザス・クライスト・スーパースター』
M6.カフェ・ソング『レ・ミゼラブル』
M7.愛が心に忍び込むから/『ペテン師と詐欺師』
M8.見てごらん/『ラ・カージュ・オ・フォール』
M9.独りで~スーン『シラノ』
M10.チェイン・ソング~対決『レ・ミゼラブル』with市村さん
M11.人生はショータイム『ペテン師と詐欺師』with市村さん
M12.I'm Flying~ネバーランド『ピーターパン』at玲奈ちゃんソロ
M13.砂に刻む歌『ラ・カージュ・オ・フォール』
M14.ジーザス・クライスト・スーパースターメドレー
   彼らの心は天国に at万里生君ソロ
   ゲッセマネの園
   ヘロデ王の歌 at市村さんソロ
M15.トゥナイト『ウェストサイド物語』with玲奈ちゃん
M16.My Life On Screen
   野獣死すべし~Let it be(悪霊島)~疑惑
   ~東京の花売り娘(麻雀放浪記)~黄金の日日(NHK大河)
   ~徳川家康(NHK大河)~翔ぶが如く(NHK大河)
   ~Left Alone(キャバレー)~木村家の人々~料理の鉄人
M17.Love Songs Of Female Singers
   異邦人~紅とんぼ~泣かせて~PRIDE~みだれ髪
M18.Everymore Without You『ウーマン・イン・ホワイト』
   at万里生君ソロ
M19.ジキルの研究室の外~時が来た~変身
   ~生きている(リプライズ)『ジキル&ハイド』
M20.彼を帰して『レ・ミゼラブル』
(アンコール)
M21.星よ『レ・ミゼラブル』

追記
ここのところ観劇する度に増える『ガイズ&ドールズ』の最終版チラシ。
なんかもう7枚ある(笑)
この日は『ピーターパン』も『プライド』も増えた。
この日の会場に貼ってあった『ピーターパン』の2折りチラシ(古田さんコメント付き)欲しいんだけどな-、どこに行ったらあるんだろ。

|

« 『明日の幸福論』(4) | トップページ | 『Frank & Friends/MITSUKO~愛は国境を越えて~』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/47769720

この記事へのトラックバック一覧です: 『それぞれのコンサート』:

« 『明日の幸福論』(4) | トップページ | 『Frank & Friends/MITSUKO~愛は国境を越えて~』 »