« 『プライド』(1) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(2) »

身延山久遠寺・節分会

2010.2.3(Wed.) 11:00~15:00
山梨県身延山久遠寺

寒かった・・・遠かった・・・
というわけで行ってきました身延山。

高橋由美子さん年女記念(兼厄年祓い)(こちら)の節分会ゲストです。

この話が聞こえてきたのは1月初旬で、地元身延の方のblog。
その時は半信半疑だったのですが、14日に寺からの正式発表が出たことで確定。身延山行きの予定を立てることにしました。

日程を色々調べると、13時から法要、14時から豆まきですが、その前に11時から30分間だけサイン会をやるとのこと。
アイドル時代から追っかけている割に、実は由美子さんのイベントというものに行ったことがない(コンサート、ライブ、舞台は行ってる)ので、サイン会自体が初めて。
状況から見て今後まずこんな機会はありえそうにないので、ここを主軸に日程を練ります。

身延山へは新宿から直通、高速バスの身延行が1日3本出ており、これが一番安いのですが、身延行の初便が身延山に着くのは11時1分。
なんとかサイン会に間に合いそうに見えますが、ここには罠がありまして。

身延山は日蓮宗の総本山で、山一つ丸ごと聖地という大きさで、バスはその入口(総門)からちょっと入った門前町までしか行きません。ここから本堂までは歩いて15分かかるのです。
身延山バス停からは乗り合いタクシーが本堂まで運行されているのですが(所要5分)、あまりに利用者がいないので今年の1月16日(たった2週間前!)から平日運休(土休日のみ運転)になり、歩いていく以外に方法がありません(ただしそれは現地で知りました。土産物屋の方も知らず、バスの運転手さんが口走っていた情報が正解でした)。

かつ、サイン会は信徒休憩所というところでやったのですが、そのアナウンスが流れていたのは11時直前の2回だけ。本堂から見ると会場は奥まった場所にあり、11時1分着で着いたら、まずサイン会参加は無理でした。

その辺の不確定要素も考えて、唯一採れる方法は新宿からの特急列車。
7時新宿発のスーパーあずさ1号、甲府で乗り換えてふじかわ4号、そこからバスに乗り換え身延山、歩いて本堂へたどり着いたのは、家を出てから実に4時間30分も経った、10時50分でした。
前日ほとんど寝てない身に、松本行の特急と、静岡行の特急の乗り継ぎはちょっとした拷問でした(←乗り過ごしたら最後。甲府と身延で絶対起きてなきゃいけない)。

免許持ってる人はいいなぁ・・・駐車場から最近完成した斜行エレベーターで労せず上がってこれるんですから。
門前町から本堂へはほとんど山登りのすごい高低差でした。多分高低差200mぐらいあって、あまりに急すぎるメインの階段は事故防止のためか、立ち入り禁止になっています。

本題その1:サイン会。
身延山節分会といえば、大相撲の魁皇関、というのは合い言葉なのだそうで(平成5年からずっと登場継続。今回は感謝状を授与されていました。)魁皇関のサイン会の長蛇の列が伸びる中、向かって左側に、時間からちょっと遅れて由美子さん登場。

皆さん色紙にサインをいただいておりましたが、私はちょっと思うところがあって「MOZART!」初演(日生劇場、2002年)のパンフを持っていって、サインして貰いました。(ずっと見てたけどそんなことやってる人は他にはいなかった。)

サインしていただいている間、由美子さんと初めて会話を交わせたのも感動でしたが、つい周囲の流れに乗っかって写真を撮っていただけたのも感動でした。(カメラマンを無理にお願いしてしまったマネージャーさん、ごめんなさい。)

会話は本当にちょっとの時間でしたが、由美子さんのご返事の切れが良すぎて(中身は秘密。)、思った通り素敵な方でした。

由美子さんは入り待ち出待ちを好む方ではないので、一度もしたことがなかったのですが、その分、今回オフィシャルな機会でお話できてそれが一番有り難かったです。

去年、新妻さん、笹本さんと話せて今回、由美子さんと初めて会話できましたが、直接話してみてもお三方とも最初の印象通りで、色々な意味でとても嬉しかったり。

あまりに緊張して握手をお願いできなかったけど、それは12年後の楽しみに取っておこう(爆)。

本題その2:節分会法要の前に身延山ロープウェイで山頂まで往復。この日は晴れでしたが、木々を白く彩る雪景色がとても綺麗。富士山は雲に隠れて上が見えなかったけど、絶景に満足してすぐとんぼ返り。

寒い本堂の中法要を40分。ゲスト紹介の由美子さんの部分は「女優、歌手として活躍されています。次回公演は劇団HOBOの「明日の幸福論」だそうです」と本堂の中で読み上げられ、なんか不思議な違和感が。

本題その3:豆まき会。本堂前から紅白の幕が横にずっと張られていて、延長110mの舞台に90人の豆まき人(ゲスト+年男年女)。由美子さんの名前が貼られた前で待機。
豆まきは3回でしたが、豆まき始まると奪い合いまくってえらいことに。慣れてる人は本当に見境なくゲットするのが上手い上手い。

由美子さんのお隣にはマネージャー氏が同じく裃姿で。
ちなみにサイン会が11時30分で終わる理由は、裃に着替える時間が必要だから、です。
(法要のために12時40分に本堂に入るため、1時間強しかない)

で。由美子さん、豆が遠くに飛ばないんですが、ピッチングの名手のお噂はいずこに(笑)。
それでも豆3袋(先ほど由美子さんのお歳+1の数の豆をいただきました。)と福銭をいただけました。福銭はぽち袋に入っているのですが、ぺらぺらの紙なので取れたのが不思議なぐらい。

前方で子供が「ちょーだい!」って言ってるのに答えて「ちゃんと投げるからね-。ちょっと待ってね-」と、姪御さんで鍛えた子供のあしらいは相変わらずプロ級(←プロだってば。)

にこにこ手を振ってる様子がすごーくいい表情です。前にも後にも挨拶してるからシャッターチャンスが難しいんですけど由美子さん・・・

びっくりしたのは、何とこの場でサインお願いした人がいて、ちょうど準備中だったからサインに応じてましたけど、どびっくり。凄いなぁ。

けっこう簡単に豆がなくなって、「もっとちょーだい!」って声に、「もうないのよー、ごめんねー」と空の箱を振りながら答えてたのが何気に高ポイントでした。

そんなこんなでほぼ20分ぐらいで豆まき3回があっという間に終了し、この日のイベントは終わり、ゲストの皆様は奧に消えて行かれました。

ここから自分も帰路につくわけですが、帰りは身延発新宿行の最終高速バスの予約を入れてあって、身延発16時20分。

バスで山を下りて身延駅に着いたのは16時前で、時間持てあまして駅前の土産物屋さんとか覗いていると、駅前の喫茶店の前で由美子さんのマネージャー氏が電話中。
軽く会釈して通り過ぎましたが、ということは由美子さんはあの喫茶店の中なんですね。

てっきり車でいらしたのかと思えば、電車だったのですね。

自分は高速バスでほぼ爆睡。身延駅から身延山に入って、折り返して身延町役場身延支所という何だかよく分からない迂回をしながら、1時間以上も一般道を走って中央道へ。釈迦堂PAで10分間の休憩後、ほぼ定時に新宿高速BT着。

身延は気温が低いとはいえ、山頂以外は雪降ってなかったのに、新宿駅は雪の中♪
なんだかよく分からない形で終わった節分会日帰り行でした。

2010.2.8追記
劇団HOBOの公式blogが昨日スタート。
タイトルが由美子さん命名で「HOBOひとり言」。
BLOG名が兄弟BLOGぽくて嬉しいです(笑)。

|

« 『プライド』(1) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(2) »

コメント

ひろきさん
今日身延山に行かれたのですね。
うらやましいです。
行きたかったけど、平日で山梨県
行けるわけない 残念でした。
サインも、していただいたのですね。
でも、その場にいたとしても
緊張して、お話なんかできないと思います。
でまち入り待ち嫌いは、ファンの間では
既成の事実のようで・・。
また、イベントがあればいいのですが
ライブの後の、サイン会なんて
そんなの無理ですね。

投稿: てるてる | 2010/02/04 00:48

てるてるさん、こんばんわ。

今回は平日でしたから、行けなかった方には申し訳ないです(ま、公式にはスケジュールに上がってないんですが)。最初は断念しかけましたが、無理矢理仕事の都合をつけて一日休ませて貰いました。

出待ち入り待ちは昔、由美子さんのストーカーをして逮捕までされた人がいたのも影響してると思います。

京都で朗読やったときも、「みんなにしないと不公平だから(サインはしない)」と一時間近く押し問答したそうです(地元の方だったそうで引き下がらなかったとのこと)。

その辺のポリシーははっきりしている方なので、今後サイン会の機会があるかは読めないですね。

ちなみに山梨放送とNHKのカメラが入ってたので明日のズームインでは流れるかも、です。

投稿: ひろき | 2010/02/04 01:14

お久しぶりです。遠征お疲れ様でした!
知力体力を駆使しただけのことはあり
素晴らしい一日になって本当に良かったですね。

バンちゃん以来由美子さんにちょっと思い入れてしまい
HOBOもチケ取ってしまいました♪

ひろきさんとの視点の違いを楽しみに
またブログにお邪魔いたします。

投稿: がら | 2010/02/10 01:14

がらさん、コメントありがとうございます。
知力体力を駆使・・って言われてみるとその通りですね。
そういってくださって嬉しいです。

HOBOもご覧いただけますか。ご観劇ありがとうございます。
紅一点でとっぴょうしもなくはじけるはずです。
ご参考→http://www.1101.com/kangekidan/2010-02-04.html

バンちゃんもようやく2巡見終わりました。
劇場サイズとまた違った印象がありますね。
歌詞がようやくフルコンプリートできたのが感慨深いです(笑)

投稿: ひろき | 2010/02/10 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/47472105

この記事へのトラックバック一覧です: 身延山久遠寺・節分会:

« 『プライド』(1) | トップページ | 『ガイズ&ドールズ』(2) »