« 『屋根の上のヴァイオリン弾き』(2) | トップページ | 『バンデラスと憂鬱な珈琲』(2) »

『バンデラスと憂鬱な珈琲』(1)

2009.10.26(Mon.) 19:00~20:00
番宣/フジテレビ系「ネプリーグ」

11月2日から世田谷パブリックシアターで公演が始まるシスカンパニー公演。

チケットは壮絶に入手難だったのに、なぜか今になって番宣に登場したのがこの日のフジテレビ系「ネプリーグ」。

ちなみにこの日の視聴率、これまた破天荒に高かったそうで、何とまぁ24.5%。
高橋由美子さんが出た番組で民放でこんな数字が出たことは・・・
自分の記憶する限り一番高い数字です(主演ドラマで一番高かったのはTBSの「おかみ三代女の戦い」の最終回、22.3%。出演ドラマではテレ朝「点と線」の第1話、23.8%)。

彼女はアイドル当時は結構クイズ番組に出ていまして、フジ系の「クイズ!年の差なんて」では当初ゲストだったのが、準レギュラーにまでなって、しまいには若手チームのキャプテンをやっていた前歴があったりするのですが、その実、バラエティが苦手で、10年以上もブランクがあれば、緊張するのも致し方なし、といったところでしょうか。

ちなみに地方局で未放送の皆様、以下はネタバレ注意ですので、よろしくお願いします。



緊張しまくって予告動画でナベアツにぶち切れてたので大層不安だったのですが、何というか無難に終わらせるあたりはさすが。

この番組と言えばチームプレーですが、さすが稽古で培ったほのぼの仲良しムード、いい方向に左右してるようで、芝居もなんか想像できる感じでいい感じです。

ナベアツにだけプレッシャーかけられているのかと思いきや、原田泰造氏からもプレッシャーかけられているとは・・・35になって「負けないもん」はちょっと痛かったけど(爆)、、、何しろいじりやすいというところと、対戦相手のネプチューンチームからすれば、バンデラスチームの崩し所が、ちょうどどちらも由美子さんだったということなのでしょう。(ムードメーカー兼キーマンといったところ。)

あんだけプレッシャーかけられまくって、その割に実は崩れていないのが不思議なところ。「全問即答の手練れ」じゃないので正答率が低いように見えますが、全編通して11問中8問正答ということで、全然ブレーキになってないのが意外です。
むしろ中村君の方が不思議にブレーキだったりします。

表情もころっころと変わって正に愛玩動物って感じで(笑)、思ったよりずっと自然に番組に溶け込んでいたのが意外中の意外。バラエティに出慣れていないだけに新鮮さもあるのでしょうね。
ボケも適度に面白くてきっちり拾ってくれるので面白い。まー、フジには今やボケの女王となった、はいだしょうこさんがいるから敵わないけど(笑)。

この日の本編最後のクイズとなった、ファイブボンバーの最終3問目。

あと2回正答で勝ち抜けとなったことが何を意味するかに同時に気づいた3名。
高橋克実さん、マギーさん、そして高橋由美子さん。

由美子さん、いたたまれずに回答席から逃げ出そうとする(笑)。

逃げ出す由美子さんを役得で捕まえに行く克実さん(こっちも笑)。

こともあろうに

「高橋由美子さん正解の時点でボーナスステージ進出」(おぃ)。

謀ったかのようなこの事態。

どーしてこんなことになるのよぉ
よりによって私のところで決めなきゃいけないなんてあんまりよぉ
これ最終問題だから自分ができなかったら全責任私じゃん

・・・という表情を的確すぎるほど的確に表現した由美子さん、緊張していてもさすがは女優さんです。

回答席にひょいっと顔だけ出して「どーすりゃいいのよぉ、こんなのってあんまりよぉ」って首振ってた姿は再び愛玩キャラ満開(爆)。

「”ご”で始まる四字熟語」に克実さんは「極楽浄土」で一抜けした後、追い詰められた由美子さんの第一回答は「五重の塔」(笑)

パニくったあげくに答えた「五分五分」って見事正解。
誰もが正解できると思わなかった土俵際からのびっくりのうっちゃり。

早速名倉さんから「正解だと思って言ってないでしょ」って突っ込まれ、結局、最後の最後までいじられまくって美味しいところだけもらった感じでした。

緊張しまくって後半は第二自国語の関西弁で通してましたね(緊張すると、言うのが楽な関西弁が口から出てくるそうな)。

始まる前は心配で心配でしょうがなかったのですが、始まってみるとテンポも良くて、いい意味でマスコットキャラとしていじられて&ボケ全部拾ってもらえて、とてーも楽しい時間でした。

何はともあれ開演まであと1週間を切りました。
作品自体、ノリと勢いで笑わせまくるようなコメディ風らしいのでとても楽しみ。

それに今回をきっかけにたまにはバラエティに出てくれてもいいなぁ、と現金なことを思ってみたりして。

|

« 『屋根の上のヴァイオリン弾き』(2) | トップページ | 『バンデラスと憂鬱な珈琲』(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『バンデラスと憂鬱な珈琲』(1):

« 『屋根の上のヴァイオリン弾き』(2) | トップページ | 『バンデラスと憂鬱な珈琲』(2) »