« 『ぼくの妹』(3) | トップページ | 『Live@クリエ~由美子ライブ』(2) »

『ミー&マイガール』(5)

2009.6.14(Sun.) 12:00~15:05 帝国劇場1階C列上手側
2009.6.14(Sun.) 17:00~20:45 帝国劇場2階F列上手側

帝国劇場、2009年6月で一番長い日。

期せずしてマチソワ+ファン感謝デーのフルコース。
帝国劇場内にいた時間、約7時間。
ほとんど最長タイ。

マチネは笹本玲奈さんFC「reine」で取ってもらったS席。
笹本さんFCで初のS席だったのですが、サリー好きにとっては断然、上手側なのですね、この作品。
いつも中央部(といってもB席)で見ているので気づかなかったのですが、超ハマリ役のサリーの魅力をこれでもかとぶつけられるという、至上の幸福を味わいました。

ただし、ミュージカル界のおっちょこちょい女王さんはこの日も期待を裏切らず(笑)。

本編を完璧に終えながら、カーテンコールでコケる始末(笑)
直後の井上君がわざと同じようにコケるのはさすがです。

1幕M5「ミー&マイガール」で、サリーが言った台詞、
「映画も指定席で見られるんだで」って聞こえたりしました(笑)。
どんな津軽弁(笑)←本当は「映画も指定席で見られるんだね。」です。

今回見ていてふと気づいた話なのですが、サリーがビルに連れられヘアフォード家に来たときに、丸山博一さん演じるチャールズ執事と初対面するときの様子が、前回とちょっと違います。

前回はチャールズ執事に挨拶して握手したサリーは「この人、いー人じゃん!」と言っていたのですが、今回はその台詞がなく、握手した後もビルの後に隠れてびくびくしてます。
前回のサリーはマリアとジャッキーが敵でしたが、今回はビルとジョンのみ味方というのがはっきりしているような気がします。それでいて、3年たった分サリーの物わかりが良くなっているというか、マリアと対峙する時の様子が様変わりした印象があります。
前は「マリアに従うことを嫌々ながらやっていた」感じだったのに、今回は「マリアに従うことがビルのためになる」ことを分かっている感じ。

マリアも今のサリーが”伯爵には似合わない”と思ってはいるものの、「あんな子でも戻ってきてくれればどんなにいいか」というマリアのつぶやきがちょっと違って聞こえます。
前回のおてんばサリーだと箸にも棒にもかからなかったけど、今回のおきゃんサリーだと実はランベスに返したこと自体が間違いだったのかな、と思わされる感じ。
それだけサリーが大人になったということでもあるのかなと。

この後のファン感謝デーイベントで笹本さん自身がご自分のサリーの役作りについて「前回のサリーはリセットして(全部忘れて)、今の自分でのサリーを作ってる」と言っていたものの、一つの表れかもしれません。

・・・

ソワレはキャストの皆様の疲れが見え隠れし、小チョンボの嵐。
とはいえこの日は終演後にファン感謝デーが控えていることもあり、客席の盛り上がりが異常。何しろ、話に聞くと初日以来の「弁護士の歌に拍手」だったらしいです。

しょっちゅう見てるのに台詞飛ばしも台詞間違いも見たことがないマリア公爵夫人役・涼風真世さんが井上君をレッスンする場で思いっきり台詞間違い。
井上君どう拾うかと思いきや「もう一度どうぞ」ってそのアバウトさが素敵(笑)

ちなみにここのシーン、涼風マリアがリンダちゃんを拾い損ねたり、はたまた食べたりするのは完全に日替わりで、井上君はそれを見て返しを考えるそうです。

メイン以外のキャストの顔と名前が全くと言って良いほど一致しない私ですが、今日気になったキャストはメイド長のマーガレットさん。

メイドでただ一人白キャップをかぶっていないので一発でわかります。

厨房でありえない動きをして笑わせられたかと思えば、2幕M1「熱いアイツがやってきた」の男性陣のダンスシーンに笑顔で拍手していたり、1幕厨房後のシーンで頭に果物乗っけていたり、なんだか気になります。

役者さんは誰かと思えば玉置千砂子さん(東宝芸能所属)。
『SHIROH』でカクレキリシタンの一員でしたね。名前だけ覚えてました。

メイドさんと言えば、井上君のビール瓶ダイレクトシュートを受け止める女性メイドさん。マチネは成功したものの、ソワレは失敗。井上ビルから「減点」とか言われてました。

閑話休題。

この作品、6月3日の公演開始からこの日まで12日連続18回公演という鬼スケジュール。
会期中唯一の休みが狙ったかのように笹本さんの24歳の誕生日(爆)。

本人拗ねまくっていましたが、そんな本人を驚かすかのように、1日繰り上げてこの日のソワレが、笹本さん誕生日前祝い祭り。

花束を井上さんに渡されて祝福のハグ。

笹本さん「明日で24歳になります(会場どよめき)」
井上くん「敵作るよ(笑)」

そして井上さんがいきなりのサプライズ。

井上くん「誕生日をお祝いするべく、帝劇上の稽古場から『ダンス・オブ・ヴァンパイア』稽古中の泉見洋平さんと浦井健治さんに来ていただきました」
よーく考えるとこの3人全員と相手役やってるのが凄い。

泉見さんは「恵みの汗」ことエポ&マリと、射撃の達人、キム&トゥイ。「同級生ぐらいかと思っていたんでびっくり(笑)」と中々味わい深いコメント。(ちなみに泉水さんは御年37歳であられます。笹本さんより一回り以上も上。)

直近の旦那様、浦井さんは予想通りのしどろもどろ挨拶で(笑)「若いのに素晴らしい功績で」とか言っちゃう始末(笑)。笹本さんが手で「なに言ってんのよっ!」と突っ込んでた(爆)。

「ヴァンパイアの宣伝でしょ-?」とか井上君にいじられつつ、「一緒にランベス・ウォーク踊ってってねー」と乗せられる2人。
それでいて、「踊れてなかったねぇ」とかトークショーで井上君は毒吐いてたという(爆)←悪口じゃないよーって弁解してたけど(笑)。

その動画がミーマイ公式じゃなくてV!の公式に載る不思議(笑)→こちら


そんでもってこの日のファン感謝デーレポートに突入です。

司会は指揮者の塩田さんと弁護士の武岡さん。「オグシオならぬタケシオです」って意味不明。インチキ漫才師コンビ、と井上君に突っ込まれてました(笑)

上手側から武岡さん、笹本さん、井上くん、貴城さん、本間さん、塩田さんで全部で6人。女性陣・男性陣ともに最後のシーンそのまま。ウェディングドレス&タキシードの正装姿です。

●弁護士の日替わりネタ
1幕後半、マリア&ビルのレッスンシーンでの弁護士さん。

自分の髪の毛(見たことある方はわかると思いますが変なつむじです)をネタにして井上君に仕掛けるのですが、この日のソワレは「カタツムリの幼虫」とかやり出して止まらなくなり、井上君も止めない(笑)

まぁ基本、ビルから弁護士は「冷たくあしらうように」という演出家の指示があるのだそうで、この日も井上君、「何の幼虫でも良いけどさぁ」とかスルーして次へ。

ちなみにここの日替わりネタ、あまりに昆虫名のストックがなくなったらしく、武岡さんいわく。

「昨日、図鑑を買いました(笑)」

そして井上君から「毎日変えますよね」とかいらんプレッシャーを受ける武岡さん。

●3年前との違いは
3年前の方が緊張しなかった、今年の初日の方が怖かったというのは玲奈ちゃん。
逆が井上君。今年の方が余裕がある。
3年間はミーマイ再演のためにあった、集大成がイギリス国旗、嘘ですけど(笑)。

3年前に比べてランベス・ウォークを踊れる人が凄い増えた。

昨日来てくれた森光子さんに帽子かぶってもらって、ランベス・ウォーク踊らせたんで楽屋でめちゃくちゃ怒られた(爆)。
簡単な割に音楽に載せると難しい振りなんで、手だけタイミング合わせて上げればOKですので皆様よろしく(笑)と、相変わらずの井上君。

●失敗談を教えてください
井上君、
「まずはサリーコケでしょう(笑)」

7日マチネで私も見ていたシーンです。客席からは少なからず笑いが起こるところを見ると、見ていた人が結構いるようです。

「自分で言う?」と玲奈ちゃんに振って玲奈ちゃんは固辞。

舞台裏で見ていた武岡さんいわく、笹本サリーがコケた後に、ランベスチームは「俺たちもコケた方がいいのかな」と相談してたそうで、実にいい人たちです。

「2幕で井上さんが拾ってくれて演出だと勘違いしてもらえたかも....」
という玲奈ちゃんに「や、それは無理だと思うよ」と王子ばっさり。

記録用映像を見てプロデューサーが10回以上見直して大笑いして「保存版だなぁ」と言っていたと。
次回の「玲奈の小部屋」のネタはこれで決まりでしょう(笑)

ちなみにこの瞬間、玲奈ちゃんいわく「頭真っ白、ぜんぜん覚えていない」だったそうです。

翌日、真っ赤に腫れた膝を、「すんごい赤かったですね」と出待ちで心配されたそうです。(まさに真っ赤だったらしい。サリーはほとんどミニスカートですからね)

ジャッキー役の貴城さんの最大の失敗は指輪を忘れたことだそうで、本間さんいわく「稽古中も一度あった」とのこと。この時は既にバルコニーでスタンバイ状態で取りにもいけず、周囲に「誰か指輪持ってませんかー」と叫びまくったらしい(笑)

というわけで、そんなこんなもあってジェラルド役の本間さんは指輪のスペアを携帯することにしたそうです。さすがダンディー。

●今後の抱負
「とりあえず明日が休みなのでそれが一番の楽しみ」と井上君。
「他人の失敗に突っ込んで、自分は失敗しないように頑張る」だそうで相変わらず真っ黒王子(笑)

「コケないように頑張ります(笑)」と普通に小ネタで締めたのが笹本さん。

貴城さんと本間さんは無難に締めていましたが、このお2人、以前「愛と青春の宝塚」で共演されていることもあり、井上さん&笹本さんはむろん多数共演経験があり、涼風さん&草刈さんも以前ドラマで夫婦役をやったこともあり、メインキャスト3組が全部共演経験ありというのが、今回の安定さにつながっている気がします。

でここに来て平日マチネ1枚増やしました(爆)。

●この日その後
帝国劇場から自宅へ直帰、到着が21時30分。
その時間がまさに「ぼくの妹」大河原春奈さん@笹本玲奈さんの今週の登場時間。

さんざタップ踊りまくって歌いまくって、ウェディングドレス姿を見ていた人が、マウンテンバイクに乗って外科医を引き離しにかかる図との落差に笑いました。

来週予告を見る限り、春奈さんはプロポーズして成就しないぽいから、17日クランクアップということもあり、10話で出演終わりかな。
ここまで来たら大学病院継がなくても岡山まで追っかけて欲しいんだけどな(ちなみにロケ地は千葉県館山で、15日は雨だから無理だけど)。

|

« 『ぼくの妹』(3) | トップページ | 『Live@クリエ~由美子ライブ』(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/45344228

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミー&マイガール』(5):

» マウンテンバイク [マウンテンバイク]
マウンテンバイクの魅力を紹介しています。マウテンバイクの使い方や競技などについて紹介しているブログです。 [続きを読む]

受信: 2009/06/19 12:49

« 『ぼくの妹』(3) | トップページ | 『Live@クリエ~由美子ライブ』(2) »