« 『黒革の手帖』 | トップページ | 『この森で、天使はバスを降りた』(1) »

『ぼくの妹』(1)

2009/05/18(Sun.) 21:00~21:54 TBSテレビ系

第1話から続けて見ているドラマなわけですが、第1話終了のときには面白いと思っていたのになぁ。
出演者中上位クレジットのともさかりえさんがいきなり1話でお亡くなりになるってわけで、先が読めなさそうだなと思ってたんですが。

うーん、笹本玲奈嬢が出てなきゃ確実に第2話終了時点で切ってました(正直)。
生理的に好かないんですよね、某出演者様。

というわけで、この日が第5話。
笹本さん自身が山野楽器イベントで「がっつり出る」と言っていたこの回と次の回。

オダギリジョー演じる「兄」の盟に難度の高い手術の代役を頼む大河原春奈さん。

手術室の横の画面を不安そうに見つめる彼女と、手術成功を祝福する満面の笑みと5回の拍手(→「5回の拍手」は公式サイトのこちらの「春奈の5」)のコントラストが良いです。

手術終了の時の画面を見つめる様子が、とてもいい表情で。オペの患者が古い友人ということで、「友人の命を救ってくれた」ことと、盟の腕に感動した2つの感情が一緒になった感じがとても良くて。

手術のお礼にと、盟を食事に誘う春奈嬢ですが、「お食事にお誘いしたいんだけど」ってそんなところまで上から目線(笑)

ミネストローネを食べつつ、自分の過去の思い出話をする春奈嬢。
台詞回しはいまだ固いというか、彼女がお嬢様役を演じるときの癖というか、どこか冷たい感じを見せていますが、表情はとても豊かで素敵です。

今までの舞台での役で言うなら、「ウーマン・イン・ホワイト」のマリアンの第1幕、妹のローラが同じ人(ハートライト)を好きになる前の感じが一番近いかも。心惹かれているけど、表だっては気持ちを打ち明けられない感じが。

・・・・とか思っていたら、いきなり積極的に。

「父があなたをクビにしたら、家を出て父との縁を切ります。その時は先生、引き取っていただけますか」

いかにも勢いで言った感じで、いたずらっぽく微笑んだかと思えば、いたたまれなくなって(笑)、食事残して(多分ほとんど食べてない)、すたすたと店出てってしまいますが、そんなかわいげのなさ(爆)も可愛らしくて。

このドラマでのヒロインは長澤まさみさんな訳ですが、兄にしてみれば「困ったどころじゃない妹」だし、よりにもよって九鬼とくっつきそうになったりで、すっかり負のイメージが固まっちゃった感じがあります。

それに比べると、テレビドラマ慣れしていないというか、使い減りしていない分、笹本玲奈さんは得をしていて、ここのところ事実上、女性キャストが2人体制となっている中、暗と明ということで、なかなか美味しいところを持っていっています。

ちなみにあまり知られていないことですが、長澤まさみさんと笹本玲奈さんは、2009年東宝カレンダーに一緒に登場しています(月は違い、長澤さんは表紙ですが笹本さんは3月。東宝カレンダーは年2人ほど、東宝芸能所属以外の女優さんをカレンダーに起用しており、笹本さんは去年初めて東宝カレンダーに登場し、今年は2年目になります)。

そんなこの作品、次回は笹本さんが「眠いです」と書いていた(こちら)ビニールハウスの回。

第5話最後、第6話の予告シーンで、長澤さん演じる妹が九鬼の車で走り去るところ。
兄が車を追いかけるのはともかく、その背後には春奈がいたりするんですね。
えっ、いつの間にそんなことにまで首を突っ込めるようになったの?とか思ったりして。
盟も「大河原春奈の背中が、昔好きだった女性の姿に見えた」とか思わせぶりなナレーションを入れてるし。
制作スタッフ、微妙なフラグを立てる気満々ですね。

何にせよ、「駄馬」とか自分で言っておきながら、色んな意味でやり手な春奈嬢の手練手管が楽しみ。
颯と春奈はお互い認め合ってる感じだから全く波乱起きる余地がないし、父親は当然手懐け済みだし、何気に盟以外の外堀を埋めきっている気がしますが(笑)。

あえて盟が春奈を選ばないとするなら、春奈の言った「一流」ということがポイントになるかも。
春奈とは対極の位置で盟を引っ張る九鬼との対比で、「底辺」を知った盟が「一流」になびくかといえば、ただでさえ権威主義や権力争いに全く興味がない盟としては、春奈に惹かれる可能性が低いかも。

ともあれ、6月からは舞台(ミーマイ)に入るわけで、多分あとの回(7話以降)は恐らく1シーンのお嬢様に戻るのでしょうが、そもそも今時点で何話まで放送されるか決まっていないドラマですからね。はてさてどうなることやら。

|

« 『黒革の手帖』 | トップページ | 『この森で、天使はバスを降りた』(1) »

コメント

はじめまして。
いつも頭の良い方なんだろうナーと文面から想像しております。
ぼくの妹、私も初回はイケル!と思いましたが2回目以降は玲奈ちゃん出演のために見ております…。
ところで、東宝カレンダーには、玲奈ちゃん去年より登場しておられます。去年も3月でした。
来月のミーマイ、前回と比べてげっそり痩せたサリーになるのでしょうね。

投稿: 玲奈ファンの一人 | 2009/05/18 10:29

こんばんわ。ようこそおいでくださいました。

玲奈ちゃんファンの思いはだいたい同じといったところでしょうか。作品としては微妙な感じですが、PVになってるようなところもあって痛し痒しですね。

東宝カレンダーは2年連続でしたか。すっかり勘違いしてました。ご指摘ありがとうございます。

前回のミーマイはご本人曰く「一番丸かった」(笑)時らしいので、それに比べるとすこぶる絞った感じになるでしょうね。テレビ画面でやつれた感じがないぐらいですし、大好きな作品ということで元気なサリーを見せてくれるものと思ってます。

またお待ちしております。今後ともご贔屓に。

投稿: ひろき | 2009/05/19 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼくの妹』(1):

« 『黒革の手帖』 | トップページ | 『この森で、天使はバスを降りた』(1) »