« 『苦情の手紙』 | トップページ | のってけラジオ »

『回転木馬』(1)

2009.2.22(Sun.) 13:00~13:50
テレビ朝日1F多目的スペース「umu」 シークレットイベント

去年12月の天王洲銀河劇場「Jewel」会場でついつい買い増ししてしまったきっかけのシークレットイベント。イープラスやホリプロオンラインチケットや笹本さんFC等、次々と抽選での枠追加があり、すっかりシークレットでも何でもなくなってしまったこのイベント(しかもここ、外はガラス張りのオープンスペース)。実際には昼夜の2回回しで、1回につき200人ぐらい。

結果論から言うと、実は抽選じゃなかったのは「Jewel」の会場購入分だけという、不思議なことになったこのイベントに行ってきました。

この作品はテレビ朝日が後援に入っているため、司会はテレビ朝日の久保田アナウンサー(TVスポットのMCもされています)。実に澱みのないしっかりとした進行です。
作品への愛情もしっかり感じられて、とても好印象です。

まずは曲を2曲披露で、

浦井さん&笹本さんのデュエット「愛したら」、そしてはいださん&坂元さんのデュエット「子供たちが眠ったら」。
どちらも公演1ヶ月前と思えない出来で、歌唱力の心配のない4人、レベルが高すぎです。

笹本さんは高音が苦手音域(もともとアルト音域)なので、かなり心配していたのですが、この日は何とかクリア。調子落とすとちょっと厳しいかも・・・

歌の後はトークコーナー、お客さんからの質問に答えるコーナーが30分強。

舞台上に据え付けられた椅子に、下手側から浦井健治さん(ビリー役)、笹本玲奈さん(ジュリー役)、はいだしょうこさん(シェリー役)、坂元健児さん(スノウ役)の4人が登壇。

椅子の高さが合わず、笹本さんの椅子をスタッフさんが直そうとしたところで、「や、いいですこれで」とばっさり悟ったように言う笹本さん、いつもの漢前(笑)

上手側では自分で椅子を調節してたサカケンさんの椅子が勢いよく落ちて、20cm近く一気に沈降(笑)
会場内が笑いに包まれ、

司会「掴みはこれでOKですね(笑)」

てな調子で、初っぱなから何か良いムードです。

それにしても、サカケンさん最強です。

おっかしいなぁ、「空中ブランコ」で見てたときはサカケンさんのこんな面白いところ見られなかったんだけどなぁ。うじうじしているような役はやっぱり駄目なんだろうなぁと思う。
やっぱり「陽」を演じさせてなんぼの役者さんだなぁということを再認識。

先週公開になったレミゼ製作発表の動画で、「新しいアンジョルラスに先輩からのお言葉を」と振られて一言、

「見て学べ。」

と言って前列の真綾エポを噴き出させ、笹本エポを手叩いて大ウケさせ、菊地コゼを笑いオチさせた実力はダテじゃないです(3人3様のオチ方が面白すぎます。こちら

「見所は」と聞かれて「スノー(坂元さん演じる役)の全てです。他の役の方のところはぼちぼち見ておいてください(会場内爆笑)」あたりが真骨頂でしょうか。

活字にしてしまうとかなりどぎついのですが、どことなく冗談半分本気半分の感じが会場内を笑いで包みます。

実際ムードメーカーは演出家氏なのだそうですが、演出家氏が好んで楽しんでいじるのがサカケンさんなのだそうです。(で、サカケンさんはそういうの大好きなのでノってしまう、と。)

極めつけがこんなやりとり。

司会「浦井さんに質問です。公演中に他の方の(技術の)これは盗んでおきたい、学んでおきたいといったところはありますか?
また他の方の、『これは暴露しておきたい』みたいなものはありますか?」

浦井さん「西島さん初めダンサーの皆さんのウォーミングアップから全て学びたい。どうやったらあんなに踊れるのか。
それと坂元さんのウォーミングアップも学びたいです。どうやったらあんな声が出て動けるのか」

司会「それについては坂元さん、どんなウォーミングアップをされるんですか」

坂元さん「何もしないですよ。天性のものなんで。しなくてもできる
身体になっちゃいましたから(会場内笑)」

笹本さん「サカケンさんとは1月の(博多座、ミス・)サイゴンで一緒だったんですけど、すごい筋トレしてたじゃないですか~!
(会場内爆笑)」

坂元さん「それは言っちゃダメだよ~(笑)」

・・・坂元さんの上を行く玲奈爆弾炸裂(笑)

司会「まさか笹本さんから暴露されるとは思いませんでしたね~」↑ごもっとも。

そして玲奈爆弾をもう一つ。

笹本さん演じるジュリーとはいださん演じるシェリーは親友の間柄で、役者さん同士でも仲が良いようで、笹本さんblog  はいださんblog 2人してとても仲良さそうなわけですが・・・・

司会「お2人は仲が良いそうですけど、お互いのことをどう思われていますか」

笹本さん「このメンバーはみんな『違う惑星から来た感じ』って最初に言ったんですけど、きっとしょうちゃん(はいださん)は一番遠い星から来たんだと思います(笑)」

はいださん「私の方が年上なんですけど、
 玲奈は年下に思えないです。
 玲奈が歌う曲の中に好きな曲(タイトルが仲々出てきませんでしたが、ジュリーソロの「考えても始まらない」という曲らしいです)があるんですけど、
 それを聞いて『玲奈って悟ってるよね』って言いました(笑)」

笹本さん「年はちょっと離れてるんですけど」

 ・・・会場内「大・爆・笑」

 ・・・笹本さん焦りまくる。

 「年はそんなに離れてないです」とはいださんの手を握って、必死で「許して~!」と言ってる(笑)玲奈嬢

 はいださんが笹本さんを落ち着かせようとしてる?
 つかもしかして、はいださん、笹本さんを責めてる?(爆)

 「ちょっと『だけ』離れてるんですけど、年上に思えないです(笑)
 台所でお玉振り回すのがすっごく可愛いんですよ~」

 ・・・玲奈ちゃん、フォローになってないぞよ

 やー笹本さんのファンは心臓がいくつあっても足りませんな(笑)
 うちのご贔屓さんの若い頃みたいだ。

そういえば、この日の質問コーナー1発目の質問。

司会「笹本さんに質問です。浦井さんは
旦那さんとしてはどうですか。
やりやすいところ、やりにくいところを教えてください」

(会場内笑い)

笹本さん「初っぱなから飛ばしてますねー
 演技への取り組み方とかが似てるのでやりやすいです」

浦井さん「同感なんですけど、普段でも笹本さんとの関係はどこかワンクッション置いてお互いを理解しているようなところがあって。ジュリーとビリーに通じるところがあって、そこは素に近くやれるのでやりやすいですね」

印象的な質問もう一つ

司会「浦井さんに質問です。ビリーのように女性に手を上げることはありますか」

浦井さん「男性女性問わず手を上げることはないです。上司とぶつかったりということはなくはないですけど、基本『他人に嫌われたくない』人なんで(笑)、遠回しに自分の意見を伝えるようなことをして、衝突はしないようにしますね」

「でも1幕の稽古をしていて、笹本さん演じるジュリーを払いのけるシーンがあったんですけど、ちょっと振り払っただけなのに笹本さんが勢いよく『バターン』って倒れ込んで、『えっ俺そんなに強い力で振り払ってないのに。大丈夫?』って焦りました」

笹本さん「や、私馴れてるんで
舞台上でそういう目にあうことがしょっちゅうなんで」

そういえば役柄的な点では、笹本さんいわく
「今までは感情的な役柄が多かったけど、ジュリーは感情を出さない女の子なので、今までとは違ったアプローチで演じることになるかと思うので、そこを見て欲しい」
と言っていたのが印象的でした。

流れている音楽も以前から話に出ていたとおり「きらきらした感じ」で、「銀河劇場が遊園地になる」という謳い文句通りの素敵な作品になりそうな感じ。
カンパニーとしてもとてもまとまりがあって、俄然見に行くのが楽しみになりました。

サカケンさんは「今は仲がいいです。
これからどうなっていくか分かりませんが(笑)」
とか言ってましたが。

公演の1ヶ月も前なのに、イベントでここまでのものを見せられる作品もそうはないかと。

気持ちとしてはちょっと無理して取ったシークレットライブ付チケットでしたが、本番がとても楽しみになるいいイベントでした。1時間に満たなかったのにもかかわらず内容が濃く、時間の過ぎるのも忘れた素敵なひとときでした。

トークショーも予定されていますが、できれば司会は久保田さんが登壇していただいて、こんなひとときが再現できれば嬉しいです。役者さんの良さを存分に活かして、作品への愛も感じられたあんな素敵な司会の方は久しぶりに見ました。

そういえば笹本さん、明日2月24日のNHK「スタジオパークからこんにちは」(13時5分~14時、公開生放送)に出演されます。NHK「みんなのうた」2月期「翼は今」の関係での初出演になります。
平日昼間、何とか都合付けようとしたのですがどうしても仕事の都合がつかずに断念。

そろそろ笹本さんがらみの抽選運も使い果たしてそうな気がする(小部屋がルドルフ、サイゴンと連続当選)ので、しばらく大人しくしてなさいってことかも。

|

« 『苦情の手紙』 | トップページ | のってけラジオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/44148040

この記事へのトラックバック一覧です: 『回転木馬』(1):

« 『苦情の手紙』 | トップページ | のってけラジオ »