« 2008年もお別れ | トップページ | 『苦情の手紙』 »

東宝芸能

今日は、高橋由美子さんの35歳の誕生日。
(どうでもいいことですが私も彼女と同じ昭和49年1月生まれです)

そんな日に、由美子さんの東宝芸能への移籍が本人から発表されました。こちら

とても長いプロフィールこちら

つい3ヶ月前に、デビュー(1988年)以来所属してきたビッグアップルがクローズし、10月から合併先のヒラタオフィス所属となっていましたが(当時の経緯はこちら)、今年から東宝芸能さんにお世話になることになったそうです。

東宝グループの忘年会なるものが、12月下旬に毎年ありまして、邦画絶好調状態の東宝さんということもあり、それは派手な盛り上がりだったそうなのですが、実は去年、この忘年会の司会を任されていたのが由美子さん。

司会とかいうものと全く想像がつかなかったりする(あまりやりそうに見えないタイプ)のですが、この話を聞いたときから不思議で仕方がなかったのですね。

今年、東宝芸能制作の「淫乱斎英泉」(4月・東京東池袋/あうるすぽっと他)に出演することは既に決まっていましたし、その関係のアサインかと思ったのですが、この舞台で共演する田中美里さん自身が東宝芸能所属なわけで、田中さんさしおいて司会をやるのはどうにも不自然に思えていたのです。

そんな違和感も、この日の発表で霧のように晴れ、舞台志向の由美子さんとしては一番ありがたい事務所になって、正直嬉しいです。

東宝芸能制作の舞台といえば、公式サイトに22作品が載っていますが、そのうち4作品に登場している由美子さん。所属の方よりよほど出ているわけで、こうなってみるとあまり違和感はなかったりします。

 2001年「野獣郎見参」
 2002年「バタフライはフリー」
 2006年「GOLF THE MUSICAL」
 2008年「淫乱斎英泉」

10月に事務所がヒラタオフィス所属となって以降、結局ヒラタオフィス所属のタレントとしては一度も名を載せることなく移籍したことになり(ビッグアップルからヒラタオフィスへの移籍タレントさんは、今年1月からサイトにプロフィール掲載)、このままやりにくいままいくのは・・・と正直、暗澹なる気持ちになっていました。

由美子さんが舞台デビュー以来、去年いっぱいで丸20年ですが、公演が決まっている「淫乱斎英泉」(金沢公演は4月25、26各1回計算)を含めて内訳を見てみると、こんな具合になります。

 東宝制作作品    4作品、505回
  (劇団☆新感線との共同制作「SHIROH」を含む)

 東宝芸能制作作品  4作品、 90回
  (劇団☆新感線との共同制作「野獣郎見参」を含む)

 劇団☆新感線作品  3作品、101回
  (上記2作品を含む)

 その他作品    15作品、314回
 合計       23作品、952回

※公演数には以下の公演を含んでいません。(調査中)
 1989年「眠れる森の美女」(全国公演)
 2001年「野獣郎見参」(大阪公演のみ)
 2002年「バタフライはフリー」(同上)
 多分この3作品を足すと、1000公演に限りなく近づきます。

 東宝系の舞台だけで8作品、595回と過半数。

 ずいぶん出ていたんだなぁ、と改めてびっくり。

 何はともあれ、東宝芸能さん、よろしくお願いいたします。
 (ついついメルマガにさっさと登録してしまった(笑))

|

« 2008年もお別れ | トップページ | 『苦情の手紙』 »

コメント

こんばんは(*^-^)
今年もよろしくお願いします。

私にとって、このニュースにはただただビックリでした!でも、凄く嬉しい移籍ですよね。ヒラタオフィスだとTV寄りかなと思っていたので、なんだか勝手にホッとしています(笑)

そして、由美子さんが東宝忘年会の司会とは全く存じませんでした。それだけ、期待されているのですかね☆改めて、あの長ーいプロフィールを見て(20年間のご立派な歩みを見て)凄いなぁと感動致しました。生きた年数がやっと20年の私が言うのもなんですが、これからも楽しみですね♪

投稿: なんねる | 2009/01/09 00:44

ひろきさん今年もよろしくお願いします。
由美子さんの移籍は、ひょっとしてあるんじゃないかな?って思っていました。ブログで(暫くは)と書いていたような気が
でも、芸能部じゃなくてエンターテメント部なのはなぜなのか?
東宝芸能というと、沢口さんや高島兄弟
などいますが、帝国劇場出演は増えるような気がしますね。私としてはうれしいニュースでした。

投稿: てるてる | 2009/01/09 01:14

>なんねるさん
今年もよろしくお願いいたします。

忘年会の件は去年末に聞いていたので、何となく予感はあったんですよね。

由美子さんが司会やってたことは、サイゴン組の人ならblogあたりに書きそうなもんなのに、一切触れられてなかったのがちょっとひっかかってまして。何か話が出たんじゃないかな、と邪推してました。

ヒラタオフィスに所属が決まったときに感じた違和感よりは、ずっと東宝芸能さんの方が自然な感じがします。
ヒラタオフィスだと、宮崎あおいさんとのバランスが微妙になっちゃってましたからね。
芸歴は由美子さんが約1年長いのですが、貢献度では大きな差でしたから。
そのバランスが解決できないからいつまでたってもHPが公開されないんだと信じていました。

ともあれ、東宝芸能さんはタレントさんを大事にしてくれることには定評がある事務所ですから、いいところに決まってくれて嬉しいです。

プロフィール、全部載せてるんで、凄い長いですよね(笑)。

昨日、東宝芸能さんから来たメールマガジンのタイトルは「VOL.62 高橋由美子、所属のお知らせ」でした。こんなささやかなことさえ何か嬉しかったりします。

投稿: ひろき | 2009/01/09 01:57

>てるてるさん
今年もよろしくお願いいたします。

去年10月4日の回で由美子さんは「暫くは残りますから」と発言されていますね。てっきり「結婚するまで」とか思っていたのですが(爆)その頃から話は決まっていたのかもしれませんね。

芸能部じゃなくてエンターテメント部なのは、全くの想像ですが、今回の所属が由美子さんサイドからの売り込みじゃないか?と思ってます。(どっちの事務所でもなく、由美子さん自身の。)

芸歴的には芸能部でおかしくないはずですが、ビッグアップルがなくなることが決まったときか、ヒラタオフィスに移った後に思うところがあって話を持ち込んだような気がするのです。(何となく後者の気がします。「篤姫」と「喧嘩農家」をやったことでご自身のやりたいことがはっきり分かったのでは。)

もともとビッグアップルでもご自分の人脈で仕事を取ってきていたことが多かったですし、実績を積めば芸能部に移らせてもらえるだけのポテンシャルは持っていると信じていますから、今は良い事務所に決まったことを喜びたいです。

投稿: ひろき | 2009/01/09 02:08

15日シアタートップのアケミという
舞台にゲスト出演されるそうです。
ひろきさんが、もし行かれるようなことがあったら感想など教えて下さいね。

投稿: てるてる | 2009/01/12 00:15

てるてるさん、情報ありがとうございます。
この舞台、ショムニ&GOLFの福島三郎さん演出なんですよね。

由美子さんが先日見に行って、飲み後の席で「いつかわからないけど出る」って話してたのを某ブログで見ました(笑)
てっきり別作品かと思って油断していました。

今週は仕事が忙しい上に、風邪ひきなんですけど(苦笑)、行きますとも。

山路さんもクリエ公演中なのにすごい人ですね。

投稿: ひろき | 2009/01/12 14:27

アケミは、いかがでしたか?
地方に住んでいると、急な出演の舞台は
さすがいけません。
ブログの変な書き込みは、事務所が変わってからすぐ削除されてますね。
ビッグアップルのHPやっと、東宝芸能に移籍のこと書いてありました。
ヒラタオフィスのHPには、まだ由美子さんのプロフィールが載ってました。
円満退社ではないような気がしますが、ひろきさんはどう思いますか?

投稿: てるてる | 2009/01/16 23:17

てるてるさん、こんばんわ。

アケミは公式blogにも微妙なコメントをしましたが、由美子さんが出てたのは正味1分ぐらいでした(笑)
日替わりゲストということもあり、そこまでゲストに負担になることはできないのでしょうが、いきなりでももっとできそうな気がします。公演タイトルがネタバレでしたが、「本日のアケミ役」が「高橋由美子さん」でした。

ヒラタオフィスのHPには由美子さんの名前はないですよね?
ビッグアップル(まだ残ってるページ)には移籍の件が更新されてましたが、「移籍しました!」と「!」付きになってたのにびっくりしました。

大概の場合、移籍したら前の事務所からは存在自体がばっさりなくなるものですし(プロフィールはもちろん、下手すると特集ページとかまで全部消される)、存在した過去まで消されるようで悲しい思いをするものですが、「!」付きで送り出してもらえるのって、円満以外の何物でもないと思うのですが。

「移籍しました。」なら事務的なコメントと感じますが、「移籍しました!」なら同志を気持ちよく送り出すような感じがしてなんか温かいものを感じるのですが。
ヒラタにいまだに仕事の問い合わせが入るからビッグアップルHP側でも告知する必要があるのでしょうが、事務所の移籍としては限りなく円満に近いように思えるんですけど。

円満じゃなければそれなりに話は漏れてくるものですから、その辺はいずれ分かると思いますが、由美子さんの性格的に、わざわざ揉めてまで新天地を求めるとは思えないですけど。

投稿: ひろき | 2009/01/17 02:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/43673316

この記事へのトラックバック一覧です: 東宝芸能:

« 2008年もお別れ | トップページ | 『苦情の手紙』 »