« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

東宝芸能

今日は、高橋由美子さんの35歳の誕生日。
(どうでもいいことですが私も彼女と同じ昭和49年1月生まれです)

そんな日に、由美子さんの東宝芸能への移籍が本人から発表されました。こちら

とても長いプロフィールこちら

つい3ヶ月前に、デビュー(1988年)以来所属してきたビッグアップルがクローズし、10月から合併先のヒラタオフィス所属となっていましたが(当時の経緯はこちら)、今年から東宝芸能さんにお世話になることになったそうです。

東宝グループの忘年会なるものが、12月下旬に毎年ありまして、邦画絶好調状態の東宝さんということもあり、それは派手な盛り上がりだったそうなのですが、実は去年、この忘年会の司会を任されていたのが由美子さん。

司会とかいうものと全く想像がつかなかったりする(あまりやりそうに見えないタイプ)のですが、この話を聞いたときから不思議で仕方がなかったのですね。

今年、東宝芸能制作の「淫乱斎英泉」(4月・東京東池袋/あうるすぽっと他)に出演することは既に決まっていましたし、その関係のアサインかと思ったのですが、この舞台で共演する田中美里さん自身が東宝芸能所属なわけで、田中さんさしおいて司会をやるのはどうにも不自然に思えていたのです。

そんな違和感も、この日の発表で霧のように晴れ、舞台志向の由美子さんとしては一番ありがたい事務所になって、正直嬉しいです。

東宝芸能制作の舞台といえば、公式サイトに22作品が載っていますが、そのうち4作品に登場している由美子さん。所属の方よりよほど出ているわけで、こうなってみるとあまり違和感はなかったりします。

 2001年「野獣郎見参」
 2002年「バタフライはフリー」
 2006年「GOLF THE MUSICAL」
 2008年「淫乱斎英泉」

10月に事務所がヒラタオフィス所属となって以降、結局ヒラタオフィス所属のタレントとしては一度も名を載せることなく移籍したことになり(ビッグアップルからヒラタオフィスへの移籍タレントさんは、今年1月からサイトにプロフィール掲載)、このままやりにくいままいくのは・・・と正直、暗澹なる気持ちになっていました。

由美子さんが舞台デビュー以来、去年いっぱいで丸20年ですが、公演が決まっている「淫乱斎英泉」(金沢公演は4月25、26各1回計算)を含めて内訳を見てみると、こんな具合になります。

 東宝制作作品    4作品、505回
  (劇団☆新感線との共同制作「SHIROH」を含む)

 東宝芸能制作作品  4作品、 90回
  (劇団☆新感線との共同制作「野獣郎見参」を含む)

 劇団☆新感線作品  3作品、101回
  (上記2作品を含む)

 その他作品    15作品、314回
 合計       23作品、952回

※公演数には以下の公演を含んでいません。(調査中)
 1989年「眠れる森の美女」(全国公演)
 2001年「野獣郎見参」(大阪公演のみ)
 2002年「バタフライはフリー」(同上)
 多分この3作品を足すと、1000公演に限りなく近づきます。

 東宝系の舞台だけで8作品、595回と過半数。

 ずいぶん出ていたんだなぁ、と改めてびっくり。

 何はともあれ、東宝芸能さん、よろしくお願いいたします。
 (ついついメルマガにさっさと登録してしまった(笑))

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »