« 『ウェディング・シンガー』(1) | トップページ | 『篤姫』(2) »

ウェディング2題

2008.2.24(Sat.) 日生劇場 1FS席(上手側) 17:00~20:00

土曜日は会社が退けてから、日生劇場「ウェディング・シンガー」ソワレへ。
結局1週間の間に3回見たことになり、週間同一作品観劇記録タイに並びました。
仕事も忙しくてこの日がmy楽になりそうですが、なんだか誘惑にかられそうな予感も。

2回はB席2階での観劇でしたが、どうしても1階で見たくなり、東宝テレザのネット予約で席を確保。
席番も事前にわかり、7-11受け取りができるので重宝してます。
幸か不幸か、大人気公演がなくなって、見たい作品をいつでも見られるのはありがたいです。

進化する井上君の演技、いわゆる「黒い」彼にはぴったりに見えてきます。
つい2年前、同じ山田和也さんが演出した「ミー・マイガール」で笹本さんのパワーに
圧倒されていた彼はもうそこにはいません。

経験に乏しい上原さんを立派にフォローしながら、目立ちまくる樹里さんのパワーも受け止めるかのよう。
いい役者さんになったよねぇ。

それにしたところで、上原ジュリアが笹本サリーに、樹里ホリーが純名ジャッキーと印象がかぶってしょうがない。
目立ち方は作品で全く逆だけど。

1階で見たかった最大の理由は「回りを気にせず拍手できる」からなのですが、はて1階に行ってみると、公演時間の2、3割は拍手してるんじゃ、って感じで、幸い両隣が拍手派だったので気持ちよかったなー

まぁ30代半ばの男が1人でこれを見るのは世間一般的、客観的には上原ファンにしか思われないんだろうけど、実はそうじゃないのは不思議。

となりはおばさんで、もう片方は制服の女子高生でした。どんな光景だ(笑)。

カテコも5回、完走して地下鉄日比谷駅の入り口から地下に入ったのはちょうど20時。
カテコ10分以上やってる計算です。

(大爆笑の24日のトークショーの動画を見つつ書いてます。新納さん黒すぎる・・・)

しっかし、CD欲しかったな・・・


そして自宅帰着後は、高橋由美子さん2年ぶりの2時間ドラマ、テレビ朝日系・土曜ワイド劇場
「和菓子連続殺人事件」。
2004年5~6月、「透明人間の蒸気」と「真昼のビッチ」の間に撮った作品のお蔵出し。

「ウェディングシンガー」は、結婚式当日に女に逃げられる男が主人公の話ですが、
「和菓子連続殺人事件」は、結婚式当日に男に逃げられる女が主人公の話です。

・・・別に狙ったわけではないのですが、何たる組み合わせ(笑)。

基本的に2時間ドラマは出演者に不祥事がない限り、必ず放送されるという話ですが、さすがに4年経って放送されたのは自分の知る限り由美子さんのドラマでは最長記録。

昔、フジテレビ系「洗濯屋探偵団」がキー局で放送されずに、地方局のテレビ大分が購入して大分だけで放送された珍しいエピソードさえありますし、観光地などで撮影協力になるフィルムコミッションに載った作品でも、放送されていない作品はいっぱいあるわけで・・・・

実はこの翌週も蔵出し作品・・・予算でも使い切ったんですかね。

この作品の撮影が行われた2004年、由美子さんは舞台に5作品出演する中、「透明人間の蒸気」(~4月)と「真昼のビッチ」(7月~)の合間に撮影されていますが、相手役の葛山さんはもっと壮絶で、「燃えよ剣」(上川さんが主演で明治座でやってた舞台ですね)の千秋楽翌日が、佐賀ロケ初日だったという・・・・

それで4年間据え置きって、役者さんって大変だなぁ、と思わずにいられません。
ご自分の努力でどうしようもない部分って、本当にあるんですねぇ。

脚本的にも何だかぐだぐだというか、和菓子がおいしそうなのと、30歳の由美子さんが今よりも若々しい(でも実は舞台の34歳の歌舞伎町系の方が若々しいのは不思議)が嬉しいぐらいで、そうじゃなきゃチャンネルすぐ変えてますね・・・

ただ、ここまで台詞が多い作品は見たことがないかも。
ストーリーテラーで恐らく喋ってる時間だけで30分以上あるはず。
久しぶりの台詞満杯と笑顔は嬉しいのですが、いかんせん中身が・・・・

火曜サスペンス劇場の終了とともに7作続いた日テレ系「軽井沢ミステリー」シリーズも終わり、フジ系「年の差カップル刑事」シリーズも終わって、そういえば2時間もののシリーズ物はない状況が続いています。
ちなみに「軽井沢ミステリー」は放送当時、”20代の女優で唯一、サスペンスのシリーズ物主演を持っている人”という評がされていました。
この数字(12.2%)じゃ厳しいかもしれないけど、シリーズ物、欲しいところですねぇ。


翌日、新宿コマで「星屑の町」を見ていて、客席から聞こえてきた「昨日の土曜ワイド劇場とは別人みたいだね」という言葉がなんだか嬉しかったり。

普通の視聴率程度であっても、テレビの影響力って何だかんだ言ってもあるんだなぁ、と思ったひと時でもありました。

まぁ、やっぱり由美子さんは舞台で見てナンボだなぁとは改めて。
25日マチネ、由美子さんのオープニングのあの衣装(→こちら)まで2m。
心臓によくない(笑)。

お知り合いが続々観に来ているようで。

瀬戸カトリーヌさんからは「見た目は25歳でズルい」と言われてます(笑)。
こちら
共演経験ないけどお酒友達ということで、堀内敬子さんつながりかな。

ちなみにピンクの電話の清水よっちゃんの相方、竹内都子さんは
ハローナイツのお1人、菅原大吉さんが旦那さんだったりします。

「mozart!」で共演されていたhiroさんも観劇されたそうですね。
(ご自身の携帯サイトより)
そんな共演者同士のつながりを聞くと、なんだか温かい気持ちになります。

|

« 『ウェディング・シンガー』(1) | トップページ | 『篤姫』(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/40285328

この記事へのトラックバック一覧です: ウェディング2題:

« 『ウェディング・シンガー』(1) | トップページ | 『篤姫』(2) »