« 『マリー・アントワネット』(3) | トップページ | 近況こまごま »

『ゴルフ・ザ・ミュージカル』(5)

2006.11.29(Wed.) 19:00~21:55 
新潟市民芸術文化会館・劇場(りゅーとぴあ)1階2列目センター

東京公演から地方公演に入ったこの作品も、この日が大千穐楽。
仕事が忙しく、どうしても連休は取れず、日帰りで新潟行を強行。
そういえば、去年も同じ11月末に、無理やり日帰りで福岡行を強行してるんで、それに比べりゃ新潟はめちゃくちゃ近いんですが。

由美子さんの年ごとの最終公演はここ4年間は皆勤を続けてまして、まぁいつまで続くか分かりませんが、その年の観劇納めにもなっています。
今年は12月に2回ほど帝劇を押さえていたんですが、精神面で限界を感じまして(苦笑)、2枚ともお嫁に行っていただく予定(1枚は嫁ぎ済)なので、結果的に今年も観劇納めはこの作品になりました。

ちなみに今までの経緯はこんな感じです↓
2003年 9/28 東京・帝国劇場『レ・ミゼラブル』
2004年 12/29 東京・帝国劇場『SHIROH』
2005年 11/30 福岡・博多座『MOZART!』
2006年 11/29 新潟・りゅーとぴあ『GOLF THE MUSICAL』

新潟駅からバスで15分、りゅーとぴあに到着したのですが、まずでかいです。写真では見ていたのですが、実物を前にすると普通にのけぞるぐらいでかいです。そのでかい劇場にどうやってお客さんを入れるかなのですが、3階席は締め切り、1階席と2階席のみ開放、それでおおむね7割の入りでしたので、地方としてはまぁまぁといった入りでしょうか。(たぶん500弱だからちょうどパルコと同じくらいかと)
(先週の福岡・大野城が半分ぐらいだったそうですので。)

客席のあちらこちらから『人が入ってないねー』とかいうコメントが聞こえてきますが、まぁそれはそれ。ここにいる幸運を味わってもらうということで。
地方公演で共通していたのは、主催が各地方のテレビ局だったため、プレゼントでの招待券入場者がそれなりにいたようです(ちなみに新潟はBSS新潟放送とキョードー北陸主催)。お世辞にもネームバリューで呼べるタイプの出演者ではないですから(とかそれ以前にぜんぜんCMも打ってないみたいですが)ね。

ここ新潟でも、やっぱり切り込み隊長はなるしーでございまして。

「新潟の皆さん、こんばんわ~」

あなたは体操のお兄さんですか(←と、なるしー口調で突っ込む。噛むとなお可)

ちゃんと「こんばんわ」と会場から返事が返るあたり、律儀です新潟の皆様。ま、最初戸惑ってて完遂するまでに2回かかりましたが。

何かこの辺からさっさと妙な火の付き方しまして。客席は東京にも増してけっこう受けております。
自分的にはネタは分かってるんで改めて笑うことは余りないのですが特に1幕は。
でも笑いのツボって意外なほどどこでも同じなんですね~というのはちょっとした発見。

自分的なツボは

M9(1幕最後)のなるしーがOBで外した後、絶不調だったクロちゃん&ワッキーがナイスショットした後に、へこみまくってるなるしーに、両手合わせて「成仏してくださいな」とアクションしてるキャディーさんでございました。
相変わらず見えないところで変なアクションしてくれる人だこと。ちょっとでも目を離すと何をし出すか分からないんだよなぁ、由美子さんってば。

あとやっぱりなるしー(笑)
「笑えよ!噛んだら笑えよ!」の後、
「なんか変な噛み方しましたよ」(byワッキー)に答えて曰く、
「噛むのに変も正しいもない!」で会場大爆笑。

幕間は広々と開けたガラス張りの空間に、バーがあって、なかなかいい感じです。
顔見知りの地元の皆様が多いらしく、この公演の特徴「おじさん率高い」はここ新潟でも健在です。
「仲々面白いじゃないですか~」とかいう声が聞こえてきてうれしい限り。
逆に女性の方は、左隣がOLさん、右隣が主婦の方という組み合わせで両方の方の反応が見られたのですが、主婦の方がどっかんどっかん笑ってるのに比べると、OLさんの方はどこか冷静。

それも2幕に入ると、どこからともかく火がついて拍手が起きます。東京7回見てますが、かなり拍手は多いほうではないかと。「強打のキャディ」の前の「秘密のキャディ」(堀内さんが指パッチンするところからの曲です)から拍手起こってましたから。

音響が良く、由美子さんのドスの効いた声(笑)と堀内さんの聖母のような声が響き渡る中、「拍手が少なかったらどうしよう」と心配する必要なく見れるのは、至高の幸福かと。

2列目ということもあり、まぁ何というか女優陣のプロ根性全開直撃といいますか。
堀内さんはいつにもましてお色気増量中だし、ツンデレモード復活でクロちゃんとの感じがすごくいい雰囲気だし。
由美子さんはいつにもましてエアロビダンスに磨きがかかってて、終わった後はガッツポーズ付きだったし、キャディーさんの時の「ファー」は会場内がショーストップ状態になるぐらい長くて、ワッキー曰く「なんつー長い『ファー』なんでしょ」(ちなみに20秒近く声が途切れなかった・・・相変わらず肺活量は凄い・・・)と言われてたりで。

でこの舞台見てていっつも不思議なのが、セットの少なさ。
改めて考えてみるとこの舞台のセットって、
 ・緑の人工芝(要はマット)
 ・上から降りてくる教会のシャンデリアに似せた板
 ・
 ・背景
 ・エレクトーン
 ・パーカッション楽器
 ・PA機器
ぐらいしかない・・・・
衣装もそんなにないし。(由美子さんが3着、川平さんが2着、あとはみなさん1着。いや、そりゃ汗っかきさん多いから替えはいっぱい必要でしょうが・・・・)

先日、愛知公演があった愛知厚生年金会館のタイムスケジュール表を見たのですが、他のミュージカルは仕込みに1日とかかけてるんですね。たとえば11/17~19に公演があった「ペテン師と詐欺師」では、11/15と16が仕込み。
で、「GOLF THE MUSICAL」は11/13公演で、前日の11/12まで「FAME」がやってました。
つまり、仕込みと場当たり込みで、朝からやって18時に開場できてしまう「GOLF THE MUSICAL」のお手軽度。
もしかすると音あわせだけで会場ごとに通しなんかやらないのかも(笑)。

なんだか、地方公演を軽々とこなしてってるこのキャスト・スタッフさん見てると、何だか「旅巡業劇団」みたいに見えてきてしまって、そのラフさもこれまた魅力なのかなと。大所帯でやるとどうしても長期間劇場を押さえて、ってということになるけど、小回りの効くこんな軽い感じの作品も、(もう少しPRが行き届いていれば)いいなぁ、という感じです。

物語は佳境に至り大団円に向かっていくにつれて、客席まで伝わってくるほんわかムード。
それはいいんだけどこの日限定のネタで引きずりまくるもんだから、地味に時間が伸びまくりまして。

19時開演で、ホール入り口の電光掲示板には終演「21時30分」と書いてあったのに、ホール扉には終演「21時45分」とあって、しまいには本当の終演は「21時55分」。
カーテンコール2回+追い出し音楽という、普通の進行なのに22時ぎりぎり。
でも追い出し音楽の最初からの会場全体の大拍手は凄く感動。気持ちよく劇場を後に出来たのでした。

とはいえ実は雨が降り出しており、ちょっと難儀しました。
何せここは22時ともなれば路線バスもわずか。
がそこはそれ、りゅーとぴあ向かいの県民会館前に、22時10分発の新潟駅行臨時バスが待機してくれています。
古町・本町・万代バスセンターと停まり、新潟駅には22時25分着。
途中、お客さんの要望で昭和大橋手前の礎町で臨時停車。どうも、ホテルオークラに泊まる女性2人でしたが、「GOLF THE MUSICAL」帰りに「ホテルオークラ」泊というのも豪勢というか・・・・何となく、遠征組にはなるしーファンの方が多い印象を持ちました。

終演が遅くなった関係で、22時万代バスセンター発の京都・大阪行高速バスとは市内ですれ違い。大阪方面はこれに乗り遅れるとJRの急行「きたぐに」(22時55分発)しか残っていません。
私はといえば、翌日の仕事を控え、23時万代バスセンター発の池袋行高速バスに、新潟駅から乗り込み、熟睡とはいかないまでも何とか眠りにつけ、とりあえず何とか今日1日(11月30日)を終えられました。が、ちょっとハードすぎたかも・・・・
というかちょっと高くても快速「ムーンライト」(23時35分発)の方が良かったかも・・・新潟のおいしい物食べる時間さえなかったし。
そしてむちゃくちゃ足が痛い・・・運動不足かも(ぼそっ)。

出演者陣は
午前5時まで打ち上げやっててみたり
エレクトーン・加曽利さんブログ参照
すぐ翌日新幹線乗っててみたり
サカシタちゃんさん・堀内さんブログ参照
新潟の朝を普通に迎えてみたり
糸満ちゃん・由美子さんブログ(11月よりスタート)参照

3人が3人ともご満足の風で語っていただいているのが、すごく嬉しく思えます。

皆さんそれぞれお疲れ様でした・・・DVDお待ちしております。できれば副音声で暴露大会なんぞよろしゅう。

|

« 『マリー・アントワネット』(3) | トップページ | 近況こまごま »

コメント

由美子さんのブログ、一部の人間に荒らされてますね。
おそらく2ちゃんねるの荒らしと思われるので、
やはりいかなる板であろうと2ちゃんねるには
ブログのことを言ってはいけなかったです。

大塚ちひろさんのブログも以前コメント随時公開制にしてた時、荒らしコメントにかなりさらされて、結果的に
承認制にせざるを得なかったという経緯があるので、
由美子さんのブログもさらに別の荒らしが来てしまうのではないかと危惧しています。

由美子さんの所はコメント承認制が設定できないので、
禁止IPのみですが、これは個人には効果はなく、
荒らしを黙って見ているしかないのが現状でしょうね。
コメント公開された状態で削除してもきりがないだけですから。

コメント承認制が設定できるブログへ移るか、今のブログのコメント受付を停止するしか今の状況を変える方法はないと思います。

ブログを移転するにしても、今のブログに移転先の
URLを公開してしまうと、当然荒らしも移転して、
承認制でもコメントは送ってくるんでしょうか?
削除されるのは分かっていても。

今のテニスブログの人たちも由美子さんのブログを
楽しみにしてる人多いので、移転するにしても
荒らしを切り捨てる為に、彼らをいわば見捨てる形で
移転先のURL・ブログ会社名を明かさないというわけには常識的には無理でしょう。

今由美子さんのブログが更新されるのを見るたびに、
また荒らしが変なコメント書いてくるのかと
日記を読む楽しみ以上に、そっちの不安の方が大きいです。

由美子さんには、荒らしがさらにエスカレートする前に
コメント承認制のあるブログへの移転など早急に
荒らし対策への手を打ってもらいたいものです。
由美子さんへ直接手紙を通じて、このことを知らせた方がいいのかな?なんて思う日々です。
(ドラマ撮影忙しいから今すぐは無理でしょうが)

投稿: ま~さ | 2006/12/08 18:17

こんばんわ。

確かに2ちゃんに話を出したのは良くなかったかもしれませんね・・・
でも、あの状態なら「有名人のブログ」としては普通というか、もっと荒れ放題荒れるようなところもありますから。(堀内さんのところのようにまったりモードなのはある意味、例外)

荒らしに付ける薬はない、というか荒らしに薬は付けない方がいいです。とにかくあっちではブログネタは一切触れないのが望ましいかと。
あっちの女優板のスレッドそのものが「荒らされてる」だけではないかと(荒らしは1人か2人、極めてごく少数と見てます。あの何とか太郎とか何とか命とか確信犯でしょう)。

その昔、「野獣郎見参」当時とか、役者板の初代スレあたりなんぞ、荒らされ方に関しては壮絶なものがありましたから、あれに比べれば、今の状態はまだまだかわいいもんで。むしろ、過敏に反応するほど荒らしは面白がります。

由美子さんにとってコメントを読むのが負担になってしまうのは申し訳ないけれど、ちゃんとしたコメントとそうでないものの取捨選択は、由美子さんのバランス感覚を信じるしかないかなと。
その上で、「悪貨は良貨を駆逐する」の逆で、「前向きなコメントで荒らしをいずらくする」地道な方法しかないと思います。

というかコメント承認制にしても管理人が居ない限りは全てのコメントを読むのは由美子さんなわけで、それが負担になるのはどっちにしても同じなわけですし、今回のブログは事務所とは無関係なようですから管理人になれる人はいないわけで・・・

今の荒らしだけを空気的に孤立させて、新しい荒らしを呼び込まないように細心の注意を払う。
今のところそんな感じの対応しかできないのでは。とにかく冷静に、煽りに乗らないのが一番かと。

せっかく仕事も順調なので、あまりその辺で心配かけたくないですね・・・

投稿: ひろき | 2006/12/08 22:17

ブログも、2ちゃんネルを荒らしている
人がいますが、スルーしましょうね。
2ちゃんなどに書き込むと相手してもらえた
みたくなって
余計あおるようなことになりますよ。
由美子さんも、ブログやるようになったのは
以前のようなアイドル時代の熱狂的ファンは
少なくなってお芝居上のファンのために
ブログを開設したような気がします。
お芝居の嫌いなアイドル時代の一部心ない
ファンの人が、書き込みをしているのでは
今は、ミュージカル等で活躍されているので
女性ファンもいます。
お芝居のお客は、圧倒的に女性が多いですものね。
勝手な憶測ですが・・。

投稿: NT | 2006/12/09 19:11

NTさん、こんばんわ。
こちらでははじめまして、です。

由美子さんの場合、キャリアが長いだけあって過去ファン”だった”人からの微妙な視線というのがあるのは致し方ないのかな、とは思うのですが。
(あまり過去を裏切ってきてない人なので、何がそこまで逆恨みされる要素なのかよくわからないのですが。)

印象としては舞台ファンでは男性はアイドル時代からの継続組、女性は舞台で掴んだファン層というイメージがあります。

女優板の方が凄い状態ですが、とりあえず放置で後で削除依頼しかないかも・・・・
あの状態でブログのアドレスを貼り付けてる人も確信犯ですね。いつものことですが。

投稿: ひろき | 2006/12/10 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/12885858

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゴルフ・ザ・ミュージカル』(5):

» 高速バス 大阪 新潟 [高速バス]
高速バス 大阪発 新潟行高速バスの予約なら、こちらから簡単に可能です。 [続きを読む]

受信: 2006/12/18 16:35

« 『マリー・アントワネット』(3) | トップページ | 近況こまごま »