« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

『Goro's Bar』(1)

TBS系 2006.9.21(Thu) 23:59~0:29

 SMAPの稲垣吾郎氏がバーのホスト役のトーク番組。
 この週と翌週の前後編で、ゲストは高橋由美子さんと杏子さん。

 ミュージカルファンからは『SHIROH』共演者の組み合わせですが、由美子さんと吾郎氏とは堀越で同級生ということもあり、色々とブログ検索してると面白い感想目白押しなので、せっかくだからここにもちょいと駄文を。

 由美子さんと吾郎氏とはテレビ朝日系『最高の恋人』(1995年春クール)で血のつながらない兄妹として共演していますが、この日の番組でもその話題は登場。BGMが『最高の恋人』の朝のご飯シーンだった細かさに笑いましたです。

 なにせ第一声で
  吾郎氏「久しぶりだね、由美子ちゃん」
  由美子嬢「そんな呼ばれ方されてないですね、高校のとき」
 と色気もへったくれもない由美子節炸裂(笑)

 由美子さんは見かけによらず、昔から(この当時も含めて)チャキチャキの姐御系(*1)なのですが、『最高の恋人』ではそのキャラが吾郎氏との関係で激ハマリでして。「ちょっと抜けてる責任感の強い兄貴に、惚れてるしっかり者の妹」ってキャラがぜんぜん作りこみしてなくて成立してたのが、すごく印象深いです。

(*1)『小さな姐御』というあだ名を付けられたことがあります

 当時もそうなのですが、男性キャラへの感情移入具合は、由美子さんが出ている番組の場合は、相手役の相性によるものが大きいので、あのほのぼのご飯シーンを見てると吾郎氏演じる兄貴が羨ましくて(笑)、そして妙にヘルメットが似合ってたことを今でも覚えてます(*2)。

(*2)建築会社の現場監督でした

 つか由美子さんの場合、たまーに「演じてない、まさにまんま自然」と思える役を見ますが前年の『南くんの恋人』ちよみ役、『最高の恋人』透子役はまさにそんな感じがします。相手役との相性もあるのでしょうね。
 その意味では舞台では「まんま自然」という役は少ない気が。思い出しても『アニーよ銃を取れ』のアニー役ぐらいかも(逆に作りこみの極致なのが『モーツァルト!』のナンネール役)。

 同じ堀越で、通勤区間が(番組では触れられていませんでしたが中野坂上~)新宿~原宿間(由美子さんはデビュー以来事務所が原宿、吾郎氏はジャニーズの寮が原宿)ということで、アイドル当時、ずいぶん噂されたこのお2人の関係ですが、由美子さんのあしらい方を見てると「友達関係にはなるけど、恋愛関係に至る相手が少ない」と彼女自ら言う理由が分かる気がします。

 ドラマでキスしたかどうか覚えていないのも彼女らしくて吹き出してしまいました。

 「ないか、なかったっけ??(と腕組みしながら、思い出すようにうなづく)」

 吾郎氏はショック受けてた風でしたが、確かに目の前でああいう反応だとそりゃショック受けるよなぁとちょっと同情(笑)。基本的に過去の作品あまり覚えていない人だから・・・

 ちなみに記憶では吾郎氏とのキスシーンはなかったです(なにしろ兄妹役)。由美子さん演じる透子に惚れる大浦龍宇一さんとはあったけど。(*3)

(*3)彼女自身『SHIROH』の副音声で「ラブシーンには縁が薄い」旨の話をされています。「ラブシーンは苦手、でもそういうシーンがあまりないんですよ」というコメントでした。確かに映画『時の輝き』で山本耕史さんと、ドラマ『お願いダーリン』で森脇健児さんと、ぐらいかも。

 最後のキャプチャーが
 「同級生同士が兄妹役では、恋愛も芽生えにくいようです」でした。

 自分は恋愛苦手なのに恋愛相談はプロフェッショナルな由美子さん、吾郎氏から「男でも頼りたくなる」とまで言われてますが、アイドル当時からひたすら相談受け役で、なんだかいつもお姉さん的な存在だったそうです(*4)

(*4)唯一の例外が、三浦理恵子さんだそうです(元アイドルで現女優)。

 恋愛相談で「それでくっつけた人は何人もいる」と断言してるのはすごくかっこ良かった。
あそこで「何人『か』」って言わないってことはけっこう多いんだろうなぁ。

 杏子さんが「自分の場合は別れる直前が多い」というのもなんかちょっと分かる気がする。

 番組後半の恋愛相談用再現ドラマ。

 埼玉県にお住まいの「Y・T」さん、「彼氏がガンダムオタクで困ってる」という話ですが、もーこれ後の話から推察するに由美子さん本人ですね。始まったときにアップで抜かれてる由美子さんの表情が
なんか仕組んでるときの表情(笑)。

 ガンダムの台詞で構成されたミニドラマ、女性陣大ブーイングの中、ガンダムフリークの吾郎氏がマジウケ状態。「僕的には大OKです」だそうです(笑)。

 ガンダムフリークではない私ですが結構この話、出来が良くて好きです。

 ここで「そういう経験もありましたね」と継いでしまう由美子さんはさすが天然。いきなり恋人カミングアウトするとは思わなかった(*5)

(*5)アイドル時代に付き合ってたスタッフさんの話は週刊誌にも出たことがありますが、ガンダムオタクの話は初耳でした。が、「付き合った人は2人だけ」と言ったことはあります。

 ちなみに次の「長野県のK子さん」は当然杏子さんの話だったわけです(二股をかけられた話でした)。

 適度に爆弾発言もあってトークも面白かったし来週が楽しみ。

 由美子さんと杏子さんの組み合わせも飲み友達モード全開でなんかゆったりした空気が流れてるし、トーク番組が苦手なはずの由美子さんがあそこまでリラックスしてていい表情だったのが印象的。

 来週、由美子さんのヒット曲『友達でいいから』が本人の生歌で流れますが、この曲自体がリリースされてもう12年、由美子さんが歌手活動をやめてから7年。

 20世紀最後のアイドルが21世紀初めてテレビで持ち歌を歌う

 わけで、よくよく考えると今まで一度もチャンスがなかったのが不思議と言えばすごく不思議。
歌い出しがすごーくいい表情してたので大層期待しております。

・・・と、今週来週と当ブログはひたすら趣味に走ります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近況報告。

3週間ぶりのご無沙汰です。
今月9月は観劇は中休みのゆっくり期間。ふつーにインドアの生活を送っております。
語ることも妙に小ネタが多いので、近況報告ということでまとめて。

●9月8日/「HUMANITY」WOWOW上映。
 実は、WOWOWを自宅に入れていない私。

 録画代行を2件お願いして、DVDとビデオを入手。ゆーっくり見ております。
 とにかく画面の動きがめまぐるしくてめまぐるしくて、正直あの『SHIROH』より画面の動きが激しいというのはちょっと見てて辛かったり。
 ただその分、アンサンブルさんは1人1人にいたるまできっちり見れるし、唐沢さんも由美子さんも小芝居が細かくて笑えます。

 ツボだったのは1幕の新商品開発部に助っ人を迎えるシーン、唐沢さん演じるサラリーマンが夢の世界とごっちゃになって混乱してるところに背後に映る由美子さん演じるみよちゃん。
「何やってんのよもぉー」って感じの表情に爆笑です。
 去年、『MOZART』(帝国劇場ほか)でヴォルフガング役の井上芳雄さん・中川晃教さんを前にやってた呆れ具合に、すごーく良く似ています。役柄上呆れる時の演技パターンはどうも変わってないようで。

 本編を見ていても鳥肌が立った「HUMANITY」のシーン。
 ここはカット割りが良いです。唐沢さん演じる種太郎が、由美子さん演じる邪鬼を前に戸惑う表情、あまり劇場でははっきり見えなかったんですね(まぁ由美子さんしか見てなかったのもあるんですが)。劇場でよりずっと、種太郎の戸惑いがストレートに伝わってきて、「おおっ」と感動。
 もっと感動したのは戸田さんのコーラスと由美子さんの歌がコマ代わりで入ってくるところ。
 すごく良かったです。

 実はこの2人、鬼同士なんですね。
 岸谷さん演じる赤鬼は邪鬼をかばってるんで、鬼であることははっきり認識できているんですが、何せ戸田さん演じる鬼は種太郎いわく「こっちの世界でもむこうの世界でもぜんぜん変わらない」キャラなので(苦笑)、鬼と認識していなかった。

 ここは物語上も不思議なところで、戸田さんの役柄が「鬼であることを明確に」していなかったのが意図的なのかどうなのか、2幕の「人間の方がもっとひどいじゃないか、スイッチひとつで何万人殺せる武器を後生大事に持ってるじゃないか」という発言が、ぜんぜん鬼の発言に聞こえなかったんですね。それにその直後に「悪鬼は人間が大の好物」と言われたときに種太郎だけが「マジかよ~」って言ってるのも分かりにくかった。

 猿にしろキジにしろ犬にしろ、”人間以外の存在”であることが、あまりきちんと表現できてなかった気が、今見るとしてきます。

 元に戻って。種太郎と邪鬼のシーン。
 由美子さん青筋立てて握りこぶしまでして歌ってます。

 握りこぶしは知らなかった。帝劇の『ミス・サイゴン』(2004年)のエレン役でキムが去った後に握りこぶしをしてたのはさすがに勘弁してほしかった(笑)けど、この役でなら力強さが出てて良。
 歌い終わった後に覚悟したかのように種太郎の横で膝を付き自ら倒されるのを待つ時の表情が、まさに「殺してみろ、その十字架を人間は背負っていくのだ」という表情で。

 このブログではあまり触れていないんですが、自分は特撮系を良く見ていたりして戦隊の悪役系はさらっと一通り見ているんですが、ストーリーが濃くて悪役に一本筋が通ってる系統の悪の女幹部ってけっこうこんな感じ。”悪を倒してめでたしめでたし”にしたくない製作者サイドの考える悪の造型って、それほどブレはないのだなぁ、と改めて思えてしまいます。

 ちなみに邪鬼を劇場で見た時の役者さんとしてのイメージは以前も書いていますが前田美波里さん(劇団☆新感線「野獣郎見参」で妖怪の女幹部・イバラギ役)。
 作品としてのイメージは故・曽我町子さんが演じていたバンドーラ役(東映「恐竜戦隊ジュウレンジャー」)とパンドラ役(同「時空戦士スピルバン」)だったりします(←あくまで個人的印象)

 話は戻って。
 先週1週間でこのブログの最多検索キーワードは、実は「蘭香レア」さんでした。
 これもまた興味深い話で、WOWOWで見た層が検索するキーワードってなるほどそういうことなんだ、とすごく納得。(基本的に20代後半~30代前半の男性がメインなのでしょう)
 レアさん、劇場でもそうでしたが立ち姿が綺麗なので映像でも綺麗に映りこんでいてさすがです。

 なおWOWOWでは、再放送の予定があります。
 10月10日(火)13:30~16:00とのことです。
 見逃された方は是非。最後の30分だけでも。

●9月1日/父娘物語。
 このタイトルを見てニヤっとされた方。ネタはお分かりなのでしょうね。
 7月から8月にかけて東京・大阪で上演されたキャラメルボックス・舞台版「雨と夢のあとに」。当ブログでも3回ほど観劇記を載せていますが、父親役を演じた岡田達也さんのHP(こちら)にこのようなエキサイティングなものが存在するとは、正直大反響だったのもうなづける出来で。

 この物語の存在に気づいたのは、東京千秋楽で、雨を演じた福田麻由子嬢が岡田氏に「言葉のカウンターパンチ」(※1)を食らわせたという話を人づてに聞いて、ふと検索したらひっかかったという次第。

(※1)麻由子嬢の東京千秋楽の一言あいさつは
「大阪公演では、お父さんのビールをやめさせたいと思います」
でした。

 舞台での役柄は役柄、俳優・女優はそれぞれの人。
 違うものだとわかってはいても、それでも、本当の父娘であるかのように、舞台上だけでなく話している姿というのは、作品にもいい影響を与えていたように思われるのです。

 そして爆笑したのは麻由子嬢の母親の手の上で転がされる岡田パパ。つか、この母親にしてこの娘ありって感じでなおさら噴き出してしまった。

 娘、ときには麻由子嬢の母にまで翻弄される38歳。
 周囲からやんややんや遊ばれている風情が面白くってしょうがないんだけれども(※2)、この岡田達也さんという役者さんも妙な人。思い入れで役を作り上げるタイプでもない、技術で役を仕上げるタイプでもない、あえていうなら作品と共演者で役を作り上げるタイプ。

(※2)岡田さんの身体に占めるビール率が日ごとに上がってるのも笑える。さすがに9割には乗らずに夏は終わったみたいですが(笑)。

 父娘物語の最終回を暁子役の岡内美喜子さんのブログと合わせて読むと絶句します。
 これを奇跡と言わずして何を、という感じの恐ろしい締め方をしていますこの作品。
 番外編までひっくるめて、これぞ「キャラメルボックス」なんだなぁ、と改めて思ってしまったのでした。

9/19追記
その1 「演劇ぶっく」10月号の岡田達也さん&岡内美喜子さんの対談に爆笑。
 というか岡田さんが一方的に面白い。
 つか「イカ納豆巻」がたいへんにツボです。

その2 「ミス・ダンディライオン」DVD先行予約、キャラメルボックス公式にて。
予約してしまいました。楽しみです。(なんかすぐ終わりそうですが・・・)


●9月16日/堀越の同級生。
 高橋由美子さんは1992年堀越学園高校卒業。
 この学校に存在する「芸能コース」、ここに芸能人が集まります。
 同い年だと、必然的に同級生かつ同一クラス。

 稲垣吾郎さん。テレビ朝日『最高の恋人』(1995年・月曜ドラマイン)で兄妹役でしたが、実生活では同級生。11年ぶりのテレビ共演が今週実現します。
 TBSで吾郎さんがマスター役の『Goro's Bar』(木曜23:59~0:29)に2週連続ゲストとなります(9月21日・28日放送)。

 この番組は女性ゲストが複数というのが最近続いているようで、この2週は由美子さんと杏子さんがゲスト。『SHIROH』で共演以来、飲み友達だそうです。共演してたのは当然知っていますが、何人飲み友達作るつもりなんだろう、うちのご贔屓さんは(笑)。

 昔、新感線の古田さんが書いた本で「飲み会のメンツをたちどころに集めるのを見て驚愕した」と言われただけのことはあります。それを言うなら同じ新感線の粟根さんにつけられた「酔いどれ堕天使」というあだ名にも絶句ですが。

 ブログ辿ってると吾郎さんのファンの皆様は同級生であることを当然知ってますんで、どんな話が出るか楽しみで仕方ないんらしいんですが、何せ由美子さんのことなんでぜんぜん想像がつかない・・・

 ちなみに由美子さんがアイドル時代のヒット曲『友達でいいから』、杏子さんがバービーボーイズ時代のヒット曲『目を閉じておいでよ』を歌うのも興味深いところ。どっちも好きな曲。

 由美子さんはアイドル時代の曲をたまたま機会がなかったのか、かたくなに歌ってないんですが(この曲もテレビで歌うのは発売した1994年以来、12年ぶり)、もう干支も一回りしたしそういう意味でも抵抗はないのかも。

 まぁ、売れ行き的に微妙な『GOLF THE MUSICAL』のテコ入れという意味もあるんですが、それを言っては身も蓋もないので。(平日夜で2列目が取れるってどうなんだろう・・・)

 話は変わって。
 同じく堀越の同級生で舞台に進んだ佐藤アツヒロさん。劇団☆新感線の準劇団員同士ということで、かわるがわる新感線に出ていながら、なぜか一度も共演の機会がなかったという不思議な関係にようやく終止符。

 舞台「地獄八景:浮世百景」(2006年2月~3月、東京・世田谷パブリックシアター、大阪・シアターBRAVA、福岡・北九州芸術劇場)公式サイトこちらに、主役・ヒロインで初共演になります。

 演出がG2プロデュースということで、初顔合わせなのも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »