« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

『ミス・ダンディライオン』

2006.4.9(Sun) 16:00~17:00 新宿・シアターアプル

2006年春、キャラメルボックス公演。

2005年11月、池袋・サンシャイン劇場で見た『クロノス』が、この作品との出会いでした。
というより、その舞台『クロノス』の原作、『クロノス・ジョウンターの伝説』がそもそも3部作で、『クロノス』が「吹原和彦の軌跡」、もう1本『あしたあなたあいたい』が「布川輝良の軌跡」、そしてこの『ミス・ダンディライオン』が「鈴原樹里の軌跡」。

『クロノス』を見た後、その会場で販売していた原作本を、逡巡しながら手に取ったのですがとにかく去年の買い物の中で一番「買ってよかった」と思った”物”でした。
その時3作品の中で一番印象に残った作品が、「鈴原樹里の軌跡」。つまり、『ミス・ダンディライオン』(=たんぽぽ娘)となります。

そんなに好きな作品なのに、実は一般発売日を見逃すという大ポカをやらかしました。というかタイトルを和訳するまでこれがあの「鈴原樹里の軌跡」のことだと思わなかったという。
『クロノス』時点から「来年は残りの2作をハーフタイムシアターでやるよ~」という告知をしていたのだから気づくべきだったのですが、何にせよ意外に2作品のセット券が入手できず、初めてエキサイトチケットというところのお世話になりました。
ぴあ、イープラスに始まってローソンチケット、CNプレイガイドに楽天チケットまで手を出し、ついに6サイト目、席が取れるならもうどこでもいいやって感じに無節操になってきました。まぁ、あまり席の優劣を気にしないタイプなので何とかなってるということでもありますが。

毎度毎度のネタバレですが、最後のネタバレまではしません。
話の都合上、展開を多少書いてしまうことはお許しください。


この作品に共通して出てくる「クロノス・ジョウンター」という機械、簡単にいえばタイムマシンですが、微妙に不完全でして、奇妙な人間味がありまして。
過去には飛べるけど、ある程度の時間滞在したら、あとは現在よりも更に未来に弾き飛ばされるという機械。しかも、その未来へ飛ぶ時間は、過去にとどまろうとした時間と二乗するかのように延長されるという。

主人公の鈴原樹里は女医ですが、若い頃同じ病院に入院していた(好きだった)ヒー兄ちゃんの死をきっかけに女医を志し、今また同じ病気・チャナ症候群の患者を前に、病気を治せない自らの無力さにうちひしがれる日々。
そんな中、ひょんな運命のめぐり合わせからチャナ症候群の特効薬が発見され、その患者はまたたく間に完治。
しかるにどうしても思ってしまう、この薬が昔あったら、ヒー兄ちゃんは死なずに済んだんじゃないかと、そんな寝た子を起こすような話を・・・・

というのがストーリー。
主役の鈴原樹里を演じるのは岡田さつきさん。『TRUTH』でふじ役を見てるのですが、もー樹里先生にぴったり。しゃんと背を伸ばして凛々しく歩く様が凄く似合います。原作の「強い女性でありながら、好きな男性の前では脆い」という、分かりやすいけど難しい役ですが、演技巧者のこの方をもってすればよもや外すことはあるまいと、安心して観劇に臨めたのでした。

好きなシーンはいくつもあるけれど、まずはヒー兄ちゃんが治って色々あって目の前の女性が樹里だということに気づくシーン。幼い頃ヒー兄ちゃんが幼い樹里に聞かせていた「たんぽぽ娘」の一節を目の前の女性が諳んじて見せて・・・という作りが凄く巧い。あの強かった樹里がヒー兄ちゃんの腕の中で泣き崩れて、よいこよいこされてるのが好き。あぁ良かったなぁ、これで心残りないんだよね、って樹里に言いたくなる(樹里は死ぬわけじゃないけど、未来に飛ばされることを覚悟で、しかも内緒で去るつもりでいたのに)。

『クロノス』三部作にはそれぞれ女性ヒロインがいて、『クロノス』は来美子(岡内美喜子さん)、『あしたあなたあいたい』は圭(温井摩耶さん)、そして『ミス・ダンディライオン』が樹里(岡田さつきさん)ということになるのですが、なぜにか原作を読んだ直後も、こうして舞台を見た後も、自分にとって一番好きな役は樹里だし、一番役者として好きなのは岡田さつきさん。

その理由を振り返ってみると、この3作品、「一途な女性が男性を救う」のは『ミス・ダンディライオン』だけなのですね。

圭は布川のために時を超えるためにクロノス・ジョウンターに乗り、その行為に布川は「救われる」面はあるのだけれど、その反面、圭は婚約までしていた男性と婚約解消してまで布川を選んでいるので、どうしてもその心に「一途さ」における都合の良さを見てしまう。

樹里の場合、若い頃にヒー兄ちゃんを助けられなくて、その過去を未来まで引きずって、未来からヒー兄ちゃんを助けるためだけに過去に飛んでくる。「一途さ」においては一点の曇りもないわけです。(念のため申し上げておきますが、圭の布川に対する思いが一途でないと言っているのではなく、圭が布川を選ぶためにもう一人の男性をやむを得ずとはいえ切り離したことが、感情移入しにくい面を醸し出しているということで、一途さのランク付けをしているつもりはないです。)

この3作品を見て気づいたのは、私の作品の好みが「強い女性が男性を救う」物語ということなのだ、ということ。このBLOGで最多のページ数である『SHIROH』も自分的には「寿庵が四郎を救う物語」に他ならず、一昨日書いた『あずみ』も「あずみがうきはや秀頼を救う物語」に他ならず、どの場合でも女性は「ただ守られる立場」では断じてないということ。

強い女性が救いたいと思う男性であればこそ、物語の主体として立つことを許され、それゆえに男性から投げ返される「想い」に、その女性は救われるのだろうと、そう思えてしまうのです。

それがただ一人現世に残されたり、ただ一人誰も知る人のいない未来に飛ぶという結末であっても、その女性の心には、「救い」が残るのだろうと。

樹里はすべてを投げ打ち過去に行き、そして最愛の人を救うわけですが、実は自分の正体を明かすつもりもなかった。なのに、運命の神はそれを告げることを求めた。結果として、樹里はヒー兄ちゃんに真実を告げざるを得なくなったことで、「救いたい」と思ったこと以上に願った、「愛されたい」という果実を得ることができ、その「想い」の深さのキャッチボールに、深く感動させられるのです。

この作品のエンディングは、原作を読んだ時に「そーか、そういうオチが作れたのか」と凄まじいほど納得した記憶があります。よく考えてみればああなるほどそうなるよなぁ、なのですが、ここでは触れないでおきます。
この作品のエキスであり、得られるカタルシスは、あらゆる意味でそこにあると思うので。

閑話休題。

この作品は本線を岡田さつきさん・岡田達也さんのW岡田が固めてまさに磐石。
ちなみに「キャラメルボックスオフィシャルハンドブック2006」で、岡田さつきさんがご自分のことを、「岡田達也(さん)がカッコよく見えてきている歴史に自分は少なからず貢献してる」と言ったのには爆笑しました。「強弱のバランスがいい」というコメントはまさにその通りだと思います。

で、脇では前田綾さんが最強に笑わせてくれます。

樹里の見合いの席に、上司(吉澤部長)の妻役として登場した前田綾さん、
最後の締めの台詞に

『日本の女はすべて山内一豊の妻を目指すのよ~』

とのたまい、会場内が大爆笑の渦に巻き込まれたことを、特筆すべき事項といたしておきましょう(笑)。

※ご存知の通り、山内一豊をNHK大河ドラマ『功名が辻』で演じているのはキャラメルボックス劇団員、上川隆也さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『あずみ RETURNS』

2006.4.15(Sat) 17:00~20:10 明治座

今日この公演を見てしまって激しく後悔。
というか、初演で気になったのに見逃して、再演で東京千秋楽1日前までこの演目を見ないようにしていた自分が悪いのですが。

もっと早く見とけばリピートできたのにぃ(と、歯ぎしり)

って感じでございました。

上記の通り東京公演は今日で終わり(当日券が出るそうですが抽選・・・・)なので、ネタバレもちょっと入るかもしれません。というわけでご覧になる方はご注意いただきたく。

ストーリーですが、あずみは徳川お抱えの少年少女・暗殺団のホープ(なんつー言い方なんだか)、演じるは黒木メイサさん。初演時16歳、今回の再演で17歳ですが、迫力から剣術から普通にあり得ないほどの凄みです。惜しむらくは叫びすぎのこの役、声が枯れ気味になっていたのが残念。
相手役のうきはは生田斗真さん。そしてもう一人の相手役・豊臣秀頼役の長谷川純さん。3人とも完全な初見、しかもこのメンバーとなれば当然観客は女性比率が高い高い。

メインで絡むもう一人、涼風真世さん。豊臣秀頼の母親・淀君(要するに豊臣秀吉の側室、今年の大河の『功名が辻』では永作博美さんが演じます)と、剣士・美女丸の1人2役。

ここまでのメインキャストは初演と同じ、しかも初演でも凄く評判の良かった皆様。
その評判は伊達じゃなかった・・・

使命のままに人を斬るあずみだけれど、ちょうど思春期にさしかかり、「迷い」を持ち始め(パンフでは演じる黒木さん自身、「同じ年代だからあずみの迷いが良く分かって共感できる」とおっしゃってます)、そのあずみがあまたの苦しみを乗り越えて斬っていく過程が、不憫でなりません。
声が枯れ気味とあって迫力が少し減っていたのが残念なんだけれども、これでベストの状態だったらどんなものが見られるのだろうと、少し恐怖してみたり。

あずみは運命に翻弄される中で、自ら愛した者たちも次々とその手で斬りかからざるを得なくなるわけですが、その叫びは悲痛で悲痛で。”精神的にも体力的にもいっぱいいっぱい”という意味が良く分かります。

演じた黒木メイサさん。まだ17でここまでの迫力を出せるとは衝撃。芝居はまだ粗いところがあるし、流しているような印象も受けるけれど(感情表現という意味でちょっと弱い気がする)、それでも決め所をきちんと決めてくる集中力はさすがの一言。殺陣も上手いし、音と絶対に外れない。なよっとしたところがついぞなく、剣に絶対の自信を持ちながら、自らの位置に迷う様を上手く表現してる。

その彼女と剣で向かい合う人たちはたくさんいるわけですが、一番印象に残ったのは涼風さん演じる美女丸。本気の殺し屋ですこの人。

淀君が秀頼の尻を叩く”姫”の役回りで”表の顔”だとすれば、こちらの剣士はまさに”裏の顔”。美女丸の剣とあずみの剣を評して、前者を「人殺しの剣」と断言した様はなるほど分かる気がします。あずみの迷いを「人を斬りたくて斬ったことなど一度もないだろう」と言って振り切らせたくだりは、正直胸に迫るものがありました。

そうそう涼風さん。この方も初見なのですが、今冬、東宝・帝劇の『マリー・アントワネット』の主役、マリー・アントワネット役に決定しています。

そのイメージで今回の淀君を見たら・・・・どはまり役決定(笑)。つか「パンがないなら菓子を食えばいい」って本当に言っちゃいそうで凄まじく似合いそう。
それでいて裏の顔でどす黒いエネルギーを発散しそうなところは・・・誰なんだろうこのキャスティング考えた人は・・・凄いわ。
というか正反対とも言える淀君と美女丸を1人でやれてしまう涼風さん、普通に超人だと思ふ・・・あずみ役のメイサさんも出番多くてずっと斬り合って動いてるけど、それぞれ違った大変さがありそう。

『マリー・アントワネット』は相手役(敵役)のマルグリットがいつもの東宝常連の笹本さん、新妻さんコンビで正直新鮮味に乏しくて(何だかんだ言っても出来が想像できる)、涼風さんこれならソロで当たり役に出来ると思われ、なんだかそっちが楽しみに。(元光GENJIの赤坂さんとデュエットしてて、上手すぎて逆に浮いていて会場苦笑。「そういう芝居は帝劇でやれ~ここは明治座だ~」という突っ込みに会場爆笑。)


で作品の全体の印象はというと。

『SHIROH』そっくり

と言ってみたり。

どちらも江戸時代だから似ていて当たり前、と言われそうですが、ポイントとしていくつか。(あ)はあずみ、(S)はSHIROH

その1.時代背景
(あ)徳川家康にとって目の上のたんこぶだった豊臣秀頼を、あずみを使い追い詰める(大坂夏の陣)
(S)徳川家光にとって邪魔な天草四郎を松平伊豆守信綱が命を受けてお蜜や柳生十兵衛を使い追い詰める(島原・天草の乱)

その2.立ち位置
(S)お蜜はくの一
(あ)あずみはくの一に似てる(徳川に養成された逸材だからくの一とは微妙に違う)

その3.光の演出 そうとう似てる

その4.迷い
 剣の腕は凄いのに使命に迷いまくってる1幕のあずみ、四郎そっくり

その5.人斬りの剣
(あ)NO→あずみ YES→美女丸
(S)NO→四郎  YES→十兵衛

その6.ラスト
 皆の命背負って現世に残る2幕最後のあずみ、
 人斬ってるというとこなければ寿庵そのまんま。

その7.おまけその2
 新感線『野獣郎見参』にも似てる。
 3人揃ったなんだか役に立たない戦闘員は「ミドロシスターズ」にしか見えない
 人を斬って斬って斬りまくってたあたりは美泥そっくり。
 (剣の上手さはあずみの圧勝だけれども・・・・)

 でもこの『あずみ』は結構メッセージ性をストレートに出してるから、そこで気づくことも多かったりする。「戦いに正義も悪もあるわけないだろう」とあずみに言い聞かせるかのように出てる言葉もそうだし、「人斬りの剣ではない。おまえの剣には菩薩が宿ってる」だったかの言葉も、「あずみが一人残っていくと皆に認められた証」に聞こえて凄く胸に染みた。
 苦しみながら迷いながら、でも、去っていった仲間の思いを胸に秘め、仲間の分まで生きていく、そういう強さは表現されていたし、その強さを表現できるだけの力量が黒木さんにあったからこそ、きちんと物語として形にできたのだと思う。

 あと印象的だったのが「けじめ」と言う言葉で、あずみがこの言葉を凄く意識していたところ。自ら人を斬るという行為に、どこか後ろめたさを感じていて、その後ろめたさを消さないと、どうにも生きていけないのかもしれない、そう思えて仕方なかった。

 東京で1回しか見なかったのが個人的にすごく悔しかったりするんで、なんかの拍子に遠征してしまいそうな悪い予感が(笑)。今月忙しいから厳しそうだな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »