« 『屋根の上のヴァイオリン弾き』 | トップページ | 『ハゲレット』 »

『HUMANITY』(1)

公演が始まってない段階で書くのは初めてではありますが、まぁ今年前半の個人的メインで、チケット発売日も過ぎてしまったことだし、とりあえずエピローグ編。

岸谷五朗さん・寺脇康文さん率いる企画ユニット・地球ゴージャスの第8回公演『HUMANITY the Musical』。5月8日から6月11日まで新宿コマ劇場、6月21日から30日まで大阪フェスティバルホールで上演。

ちなみに作品公式

メインキャストに唐沢寿明さん、戸田恵子さん、そして高橋由美子さんが入っているため当然のごとく観劇対象に入り込んだこの作品。

地球ゴージャスの舞台自体が初めてなのと、前作『クラウディア』がミュージカル方面の客層から仲々お目にかかれないほどの評判(とりあえず横で聞いていた限り、あまりいい評判でなかった)ゆえに、チケット獲りは思いっきり賭けでこざいました。

メイン3人の売りを「唐沢さんの悪ふさげ、戸田さんの演技、高橋さんの歌」と評している(岸谷さんいわく)以上、ミュージカルとあってはさんざ由美子さんに歌わせるのは自明の理なわけで、賭けとは言っても個人的にはあまり心配していない賭け。

新宿コマ劇場といえば今まで一度しか行ったことがなく、9年前(1997年)の由美子さん主演『アニーよ銃を取れ』以来。とはいえ、2年前(2004年)に地下1階のシアターアプルで『真昼のビッチ』に通い、去年は演劇集団キャラメルボックス『僕のポケットは星でいっぱい』『広くて素敵な宇宙じゃないか』を見ているので、それなりに空気は分かってる劇場。

自分の観劇歴は東宝作品にかなり偏っているので、今回のこの『HUMANITY』はけっこうカルチャーショックを受けることが多いのですが、印象的なのはプロモーションの仕方。
東宝作品がなんだかんだ言っても観劇の玄人の囲い込みのような方向を志向する(広義で言えば宝塚も似たような印象)のに比べ、かなり一般層への訴求をメインにしている印象を受けます。舞台とかミュージカルというより、アミューズメントというか、「観劇」よりも「娯楽」的な要素が強いような気がします。

そう言ってしまうと新感線がかなり近い印象を受けますが、それともまたちょっと違う感じ。地球ゴージャスファンがコメントしていた、「お祭り」「イベント」的な空気を感じます。
これは色んな意味を含んでいて、まず単純な話として宣伝への力の入れ方。地球ゴージャスといってもアミューズが入っていて、新宿コマ劇場はアミューズと業務提携(去年3月)したのだから当たり前と言えば当たり前なのですが、各媒体へのプロモーションにけっこう意欲的なのが、正直意外でした。
その上、主催が日本テレビだし。

新宿コマ劇場は東京で事実上座席数が一番多い劇場(2092席。ちなみに帝劇は1917席)なので、そうでもしないと席が埋まらないと言うのも一面ではあるのでしょうが、演歌公演の趣が強い同劇場だけに、公演ラインナップの多様化が謳われているようで、去年の『We Will Rock You』に続き実験的な公演とも言えそうです。(制作発表でも話が出ていたのですが、以前は『ピーターパン』もここだった(現在は東京国際フォーラム)し、『アニーよ銃を取れ』も初演からここ)
今回は地下1階に音漏れしないといいなぁ・・・・

キャスト陣、メイン7人のうち舞台で見たことある人は由美子さんだけなのですが、演技巧者の戸田恵子さんは『ショムニ』で見てたし安心感ある姉御殿。年始には由美子さんの自宅で新年会をする間柄。唐沢さんとは上川さん通じて飲み仲間、一緒にカラオケ行く関係だそうで毎度毎度飲み仲間何人いるんだか(笑)。

唐沢さんは地球ゴージャス初登場、戸田さんは2度目。
由美子さんは初めてですが、きっかけは昨年3月に放送された寺脇さん出演の『相棒』第3期シリーズ最終回(由美子さんはトランスジェンダー役の2役を演じ、高橋恵子さんと3度目(※)の母娘役でもありました)に出演を口説いたそうで、だいたい予想通りではありました。

(※)『おかみ三代女の戦い』(TBS系、1995年)、『新・地獄変』(新国立劇場、2000年)

地球ゴージャスの歌姫といえば2年前の『クラウディア』の本田美奈子さん(昨年逝去)の印象が強いところでしょうが、今回の高橋由美子さんがどこまで迫るかといったところ。
アイドル出身のミュージカル女優にしてついぞ同役をやることがなかった2人(※)が、同じような立ち位置(歌中心のヒロイン)で存在することになるという意味でも、出来が気になるところではあります。

(※)本田さんは由美子さんの演じた『レ・ミゼラブル』ファンテーヌ役をキャスト決定後に降板。由美子さんは本田さんの演じた『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役、『ミス・サイゴン』キム役はいずれも演じずに別役で出演(後者はエレン役)していたため

由美子さんがエポニーヌとキムを演じれば同役になるんだけど、東宝さん的には絶対ありえないし・・・
もうファンテーヌとエレンやっちゃったからなぁ・・・

|

« 『屋根の上のヴァイオリン弾き』 | トップページ | 『ハゲレット』 »

コメント

お邪魔します。
「HIMANITY」観たいけど、多分無理なので、報告期待しています。
高橋さん繋がりでのコメントですが、菊池麻衣子さんご出演の舞台に高橋さんが観に来られたと菊池さんブログで。私は菊池さんも好きなのですが、今回は観に行けませんでした。昨年に続いて舞台に立った菊池さんと、すっかり舞台の人な高橋さん、風子と木の葉の共演、いつか板の上で観てみたいと思ってしまったのでした。どうでもいい話ですみません。

投稿: ピラフ | 2006/02/22 07:23

ピラフさん、コメントありがとうございます。
菊池さんの舞台に高橋さんが行かれた話は聞いていたのですが、話の元はご本人のブログだったのですね。拝見しました。

ボケとツッコミやらせたらあのお2人を凌駕する組み合わせはなかなかないんで、ぜひ舞台で見てみたいですね。
テンポが良いというか、かけあいにリズムがあるのが好きだったりします。

投稿: ひろき | 2006/02/22 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/8616976

この記事へのトラックバック一覧です: 『HUMANITY』(1):

« 『屋根の上のヴァイオリン弾き』 | トップページ | 『ハゲレット』 »