« 『MOZART!』(13) | トップページ | 『MOZART!』(14) »

『CLUB SEVEN 3rd Stage』

Club Seven 3rd Stage
2005.11.3(木) 14:00~16:50 品川プリンスホテルclubEX

エンターテイメントショー、というお題目よりキャストにつられて見に行く自分。
何せ歌って踊れる女性陣お2人、元宝塚の香寿たつきさんに、現東宝ヒロインの笹本玲奈さん、この2人が揃うとなれば行くしかあるまいと。

結論から言うと見る前も見た後も印象全く同じというのも凄い話で、
「Club Seven」自体が初見だったけれど、女性陣がこの2人じゃないと今回のステージは成立してないなぁと思う。

香寿たつきさん、元宝塚の良い所だけ伸ばしてる感じの好印象な女優さん。
『屋根の上のヴァイオリン弾き』(2004年、東京芸術劇場)の長女役で初見、その後『MOZART!』(2005年、帝国劇場)のヴァルトシュッテンテン男爵夫人役も拝見していますが、なにせ「見せる」技術が凄くて、いい意味で存在感の出し方が上手。
カーテンコール見てるとかなり天然入ってる感じがするけど、今回のショー的部分を引っ張っていたのは何を置いても彼女だと思う。

香寿さんファンはたまらないんじゃないかな。元男役の特性活かして、男性ダンサーの誰よりも男性ぽい。センターで踊ってるあのかっこいい男の人は誰?と目を凝らすと例外なく香寿さんだったりしてちょっと苦笑い。

とにかく1幕がだらだらして単調で、あまり面白くない。そんな中で一人引っ張る香寿さん、流石としか言えません。

そしてそんな香寿さんに対抗する笹本さん。
いやはやあの香寿さんとタメ張れるってそれだけで凄い。
『屋根の上のヴァイオリン弾き』で三女役だったので、香寿さんとは2度目の共演)

彼女の出演作品は実質的なデビュー作になる『ピーターパン』以外全てを見ていますが、今回は完全に水を得た魚。はかなげ系ヒロイン2作連続(※)のどことなく小さくまとまっちゃった感じを吹っ飛ばすエネルギッシュさは「見れてよかった」風があります。
本人が出演を熱望したというこの作品、これだけやれればそりゃ呼ばれるわってのが良く分かります。本人が望んでるから今後は新感線もありそうだなぁ。
(彼女がピーターパンをやってた時のフック船長が古田新太さん)

※:エポニーヌ役(『レ・ミゼラブル』)、キム役(『ミス・サイゴン』

2幕にオリジナルミュージカルが入っており、香寿さんが悲劇のヒロインなんですが、ショー的な見せ方が上手い香寿さんに比べ、芝居的な見せ方が上手い笹本さんがエンディングで全てを持っていってしまいます。
泣かせ話のベタな内容だったりしますが、笹本さん演じるボーイッシュな女の子の役がどハマリ。さすが元・永遠の少年役(ピーターパン)、見た目ガブローシュに見えたり見えなかったり(笑)。
言えない思いをもどかしく抱えながら健気にふるまい、みたいなところはエポニーヌ役で全開でしたが、オリジナルミュージカルのエンディングでは「こんなシチュエーションでお客さんを一番泣かせられる歌い方講座」でお手本としてそのまま使えそうな、巧みさを見せてもらいました。この若さでここまで出来るのはやっぱり凄いなぁと正直思う。

彼女に苦言を一つだけ言っちゃうと、英語歌詞の歌はあまり好きじゃない。音が篭るし、声を流しすぎてるから聞き取れないのが残念。

ミュージカルシーンあたりでようやく熱が上がってきた所で、「ClubSeven」恒例となっているそうな「50音順ヒットメドレー」。77曲で35分。普通にありえないっす。

とにかく面白い。選曲が絶妙だし出し物も飽きないし、これを多少息上がってるぐらいでやっちゃう今回のメンバーがそれだけで凄すぎ。
笹本さん&泉見洋平さんが出りゃこりゃやるだろうという、「恵みの雨」(『レ・ミゼラブル』エポニーヌ&マリウス)で上がる爆笑に相乗り。

け 怪我してる どこも血だらけだ  (恵みの雨)
こ 言葉にならない 痛みと苦しみ (カフェソング)

・・・・これが繋がるのだから笑わずにいられないです(笑)。

2小節とはいえ「オン・マイ・オウン」もあるし、そういえば今年の帝劇公演で笹本エポニーヌを見なかったから久しぶりだなぁとか思ってみたり。
「オン・マイ・オウン」の後「そこのエポちゃんとやら」と言われたのにも爆笑してしまった。

同じコンビとはいえさすがに『ミス・サイゴン』はのせようがなかったか・・・・

香寿さんの「氷雨」にも噴き出したし、何より各曲の流れ絶妙すぎ。
あ→んまで、77曲(ということは1文字当たり2曲以上の曲があるわけですが)時の過ぎるのがあっという間で面白かった。

今回は2Fのテーブル席だったので、上から見下ろす感じで見やすかった。
話によると1Fは場所によっては相当見にくいらしい(タップが見えないみたい)なので運が良かったかな。

来年もおそらくやるんだろうから、メンバー次第ではまた見てみたいかな。
今年は2幕だけ半額だったらめちゃくちゃリピートしそうだなぁ・・・
もう公演会期ないけど。

|

« 『MOZART!』(13) | トップページ | 『MOZART!』(14) »

コメント

はじめまして。ピッコロと申します。
わたしもこのCulbSeven観ました!
50音順メドレーわたしもかなり
笑いました。レミねたはすっごく嬉しかった!
またここに遊びに来ていいですか?

投稿: ピッコロ | 2005/11/05 14:05

すみません。
かってにマイリストに張ってしまいました.
まずかったら、削除しますので言って下さい.

投稿: ピッコロ | 2005/11/05 19:59

ピッコロさん;
コメントありがとうございます。
50音順メドレーが始まるまでは心のどこかで「物足りないなぁ」とか思ってました。
最後にあれだけのものがあるとは盲点でした。

しかもレミネタのあまりの繋がりの上手さに爆笑でした。

ぜひ今後ともよろしくお願いします。

投稿: ひろき | 2005/11/06 02:41

初めまして。経済的時間的余裕などの理由でリピートが出来ないため、感想を記したブログなどを観るのが好きで、「M!」の感想を探している時にこちらのブログと出会い、高橋さんファンならではの見方が興味深くて、以来時々拝見させていただいています。

笹本さんの「新感線」に反応してしまいました。想像がつかないだけに、凄く興味深いです。実現するといいなぁ。

投稿: ピラフ | 2005/11/15 10:57

ピラフさん、コメントありがとうございます。
好きなように書かせていただいておりますが、お目に留めていただいて嬉しいです。

笹本さんの「新感線」話は本人が希望しているとはいえ、基本的に新感線ヒロインは宝塚娘役キャラなわけで(森奈みはるさんとか)、男役系(個人的な感想ですが)の笹本さんはちょっとキャラ違いかな・・・とか思ってたりします。

まぁ、それでも見てみたかったりします、はい。

投稿: ひろき | 2005/11/17 02:18

お返事ありがとうございます。
このコメントをした後に笹本さん出演の舞台「ハゲレット」のことを知りました。私はこの舞台の脚本家の劇団の大ファンなのですが、このキャストに笹本さんと久世が入っているというのが想像つかなくて面白いです。今までとは全然違った笹本さんが観られるのではないでしょうか??

投稿: ピラフ | 2005/11/17 10:08

「ハゲレット」、タイトルだけで噴き出しちゃいましたが、けっこう興味あります。
近藤芳正さんも「デモクラシー」で見たことあって好きな役者さん。
かなりそそられております。

笹本さんのところもさすが大手というか、仕事選び上手いなぁと毎度感心させられます。

投稿: ひろき | 2005/11/18 02:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/6886408

この記事へのトラックバック一覧です: 『CLUB SEVEN 3rd Stage』:

» gomez article [gomes blog]
it's my opinion on that theme [続きを読む]

受信: 2006/04/27 15:35

« 『MOZART!』(13) | トップページ | 『MOZART!』(14) »