« 『SHIROH』を語る。(31) | トップページ | 『CLUB SEVEN 3rd Stage』 »

『MOZART!』(13)

ただいま(10月16日午後4時現在)、名古屋におります。
土曜日の夜行バスで名古屋入り、今日日曜日の夜行バスで東京に戻るという0泊2日の強行軍。
それもこれも、日曜ソワレで超上手ながら5列目などという席を残してた中日劇場HPのせいだったりして。

マチネ・ソワレの間のこの時間に、取り急ぎマチネ分のレポを。
1ヶ月ぶりということもあって、改めて思うこともいくつかありましたし、何より新キャスト2人登場、2者2様の変化は作品をまた違ったものに見せてくれています。

2005.10.16(日) 12:00~15:25 中日劇場
日曜マチネの井上ヴォルフ回とあって、前売りはかなり早い回に完売。ちょっぴり入手に苦労したこの回のチケット。
終わったときには1F正面エレベーター前にプリンスロードが長く続いていたとさ・・・・
みんな日帰り遠征ぽい空気。

この回は2階最後列から2列目、事実上「3階」の扱いをされている席。
中日劇場は初めてなのですが、意外にこじんまりとしており、しかも意外にM!にフィットした仕様。
帝劇は大きすぎるような気がしたので、ちょうどいい感じかも。
音響も悪くないのですが、セットの音を引きずる音がガタガタするのはちょっといただけず。

●大塚ちひろさん/コンスタンツェ役
1幕の「アホアホコンスタンツェ」ぶりがツボです(笑)。
念のためですが、褒めてます。
物分りがいい松コンス・西田コンスと比べると、いかにも「引っ込み思案で目立つのが嫌いな少女、怠け者」と言われるのがしっくりきます。
あんまり他の役に染まってないから、かえって色がついていない分、この役は上手くはまってる感じ。
いい意味でヴォルフを堕落させたコンスにちゃんと見えます。

2幕に入ると、力量不足はそこかしこに現れてくるし、歌もまぁまぁ聞けるとはいえ、かすれ気味で、喉が決して強くない彼女にとっては、けっこう試練のような感じです。
それでも、若さもあってか勢いで最低限のレベルをクリアしてるのは、正直、意外以上で見直しました(帝劇の8月コンスが凄かったからなぁ)。
存在感とかオーラとかとはどうしても縁遠いので、「ダンスはやめられない」とかは薄味。

良かったのは1幕と、2幕のかなり後半、ヴォルフがコンスを拒絶する場面。
浮気を見つかって弁解するシーンです。
あそこの怒り方が、今までのコンスの皆様は「気の強さと我の強さは違うんだけど」的なことをいっつも感じてたりしたのですが(西田コンスがその点では一番「気の強さ」的には弱かったかな)、大塚嬢は地が気が強くなさそうなところが、このシーンでは上手いバランスと化してます。
ずっと耐えてきたけど、とうとう爆発しちゃったコンスと、自分の潔白を自ら果たすことができずに、うっとうしくなってコンスを遠ざけるヴォルフの組み合わせがすごくすっきりわかりやすくて、仲々の好印象。

ヴォルフにとって”才能”を評価してくれる人は、それ即ち自分にとっては身近にいて欲しくなかったと思うぐらい、ことごとく疎遠になっていて、レオポルトしかり、ナンネールしかり、コロレド大司教にしても、果てはヴァルトシュテッテン男爵夫人に至るまで、ヴォルフの身近から去っていきます(ヴォルフ本人から遠ざけたような人もいるけど)。

才能でなく「ありのままの自分」を見て欲しいと願ったヴォルフにとって、ただ一人それをしてくれていたコンスタンツェが、「ヴォルフの才能」に気づき、インスピレーションを与えられないことに焦りを感じたことで、コンスタンツェはヴォルフガングにとって、心の安らぎではなくなった、のかもしれません。

●一路真輝さん/ヴァルトシュテッテン男爵夫人役
帝劇でタイトルロールを務める人が、本人が望んだとはいえ脇役。

今年発売のハイライト盤CDで、あまりに本人酔いモードの「星から降る金」を聞いていたので、正直戦々恐々としていましたが、初見の感想は「さすが」というものです。

私自身、一路さんを舞台で見るのは初めてだったのですが(今気づきました)、周囲を見て芝居を出来る方なんだなという感想。
「星から降る金」はヴォルフ・レオポルトに語りかけるように歌ってくれているのも好みだし、個人的には歌い終わった時にナンネールと頷き合ってくれる男爵夫人役の方はそれだけで点が甘くなります(ちなみに久世さんは見たすべての回でやってた。香寿さんは帝劇最終日以外はやってなかった)。

何より少しく驚いたのは、2幕、ヴォルフが皇帝陛下の前で演奏し、満場の喝采を浴びる場面の男爵夫人の演技。
ここ、実はいままでの男爵夫人役の方ではなんだかしっくりこなかった場面で。
男爵夫人はレオポルトに語りかけます。「さぞかし誇らしげでしょう」と。
それに対してレオポルトは答えるわけです。「誇らしくはあります、が満足は出来ません」と。

ここで、ヴォルフはレオポルトの存在をアマデに指摘されて会いに行くわけですが、その前に、男爵夫人の手にキスをするのが、今までの流れでした。ウィーンに引き上げてくれた男爵夫人への、最大限の感謝の印でしょう。
ところが、今回だけなのか、ヴォルフが井上君であったのにもかかわらず、これがありません。
雰囲気的には、男爵夫人がそれを回避した感じ。
(なお、ソワレの中川ヴォルフの際には、ヴォルフから手を取りに行っていたので、なくなったわけでもないようです)

直前にレオポルトが「息子の成功を、手放しで喜んではいない」ことを知ったから、ヴォルフを手放しで賛辞するわけにはいかない、そんな複雑な表情が男爵夫人に見えました。
ヴォルフの気持ちもわかる、レオポルトの気持ちもわかる、でもどうすることもできない立場は、一路さんがそう演じたからこそ、自分にはかなりのインパクトでした。
レオポルトの気持ちを聞いておきながら、一方的にヴォルフの立場に立つ男爵夫人というのが、どうもよく人物的にわからなかったもので、どっちにも立たない立場が新鮮。

その分、父が亡くなったことをナンネールから知らされ、アマデを責めた後に歌われた「星から降る金(リプライズ)」が凄く優しげで、その上、その後の父との別離を促すくだりは逆に必要以上に厳しく、男爵夫人としての動きが綺麗につながっていて好印象。

このあたりは中川ヴォルフとだとまた別の印象になるかもしれません。

●続投キャストの皆さま
・井上芳雄さん/ヴォルフガング役
 いやはや、遊ぶ遊ぶ(笑)
 吉野圭吾さん演じるシカネーダーとのじゃれぶりが帝劇比+50%ぐらいすごいです。
 シカネーダー初登場のシーンで「知らないわよっ!」って返して会場内の笑いを誘ったかと思えば、「魔笛」を作曲してるシーンでは吉野さんを背後からハグしてるし・・・・
 なんか変(爆)。

 演技的には、「溜め」を多く使うようになった感じがあります。0.5拍ぐらいの間を上手く使って、芝居の空気を厚くすることにつながってる感じ。やりすぎると緩慢な印象になるし、なさすぎると余裕がなくなるから、ある意味「ヴォルフガングがこの舞台を支配してるんだなぁ」というのが分かりやすい。
 あらゆる意味で余裕を感じさせる動きを感じて、さすがと言えましょう。

・高橋由美子さん/ナンネール役
 いつ見ても変わらない安定振りはこの日も健在。
 「赤いコート」や「野菜市場」ではちょっと遊ぶとはいえ、本線の演技でぜったい遊びを入れない(役的にも入れられないと言ったほうが正しいですが)上、出来はいつも常に同じ。
 
 むしろここまでの完成度をいつも出すこと以外に、この役で残されていることってあるんだろうかとちょっと思ってしまいます。それはきっと凄いことなんだけど、凄く見られないところが実在のナンネールとシンクロしていっつも複雑な思いをかみ締めてしまったりします。
 何といっても名古屋・博多は女性陣は東宝芸能所属の一路さん・大塚さんが共演だから、いろんな面で割り食ってしまうし。

 ちなみに、カーテンコールの順序が変わってまして、

梅田・帝劇 男爵夫人→ナンネール→コンスタンツェ
名古屋   コンスタンツェ→ナンネール→男爵夫人

 になっています。
 「星から降る金」をバックに出てくる大塚コンスタンツェは、何か変な図式。

 これに伴い、パンフレットのキャスト順序も変わってまして、

梅田・帝劇 ヴォルフ→コンスタンツェ→ナンネール→男爵夫人
名古屋   ヴォルフ→ナンネール→コンスタンツェ→男爵夫人

 になっています。

 ナンネール役の高橋由美子さん、東宝系登場4年目にして初めてキャスト順が女性1番手に。
今回が最初で最後なのかもしれないけれど。
 中日劇場版パンフは、帝劇写真がふんだんに盛り込まれており、お得感ありますね。

|

« 『SHIROH』を語る。(31) | トップページ | 『CLUB SEVEN 3rd Stage』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/6424856

この記事へのトラックバック一覧です: 『MOZART!』(13):

« 『SHIROH』を語る。(31) | トップページ | 『CLUB SEVEN 3rd Stage』 »