« 『レ・ミゼラブル』 | トップページ | ちょびっと近況 »

『レ・ミゼラブル』SPバージョン

『レ・ミゼラブル』2000回記念スペシャルバージョン
2005.5.26マチネat帝国劇場(上演2002回目)

やって参りましたレミゼスペシャルバージョン。

ちなみにこの日の行程

11:00 『MOZART!』先行予約(CNプレイガイド)
    なぜか起きられず帝劇楽入手できず。
    これだけ一般発売日に持ち越しした上に入手できず(泣)

12:40 某電器店にて『雨と夢のあとに』CD購入。

13:00 帝国劇場『レ・ミゼラブル』

19:00 シアターアプル『僕のポケットは星でいっぱい』

21:00 シアターアプル『広くて素敵な宇宙じゃないか』

我ながらよくやるわという行程であります・・・・


「満員御禮」の札が掲げられた帝劇、チケット希望の方が佇む中、こんな旧キャストに思い入れのない自分が観ていいのかの躊躇いを感じつつ、劇場内に入ります。

この日のチケット、一般発売の11時にネット予約で入手しました。
スペシャルバージョンがこの時間に入手できるのはおかしいとお思いの方はまったく正常な感覚で、とった本人が一番仰天。
ちなみにイープラスなのですが、たまたま戻り券のタイミングに当たったらしく、これも何かの思し召しということで仕事休んで行った次第。

帝劇内では2000回記念パンフが発売されています。
公演回数が記述ミスしてたり、アンサンブルのうち2人の写真・プロフィールを載せ忘れたりなどという東宝らしいオチを付けながらも(失礼な話だと思いますし、基本的なチェックもしないのかと思いますけど)、これはこれで記念になります。
挟み込みの紙は無くしてしまいそうだけど。

過去の舞台写真と、旧キャストの大部分からコメントが寄せられています。
(2005年通常公演出演キャストのコメントはなし)
なお、2003年キャストでコメントの掲載がないのは、内野聖陽さん(ジャベール役)と高橋由美子さん(ファンテーヌ役)のお2人。
「現公演出演のキャストは含んでおりません」と追記がありますがこの2人は現公演出演はしていないし。お2人とも公式コメントを求められて答えないタイプではないと思っていたんだけれど、意外。

今回SPバージョンを見て、流石だと思ったのは島田歌穂さんのエポニーヌ。
日本オリジナルキャストで1000回以上この役を演じた方ですが、エポニーヌを演じるというよりエポニーヌになってるところが凄い。
印象的なのが、砦でマリウスと会ってマリウスの腕から本を引っこ抜く所なんかまさに神業。
マリウスが「あれ?えっ?えっ?」で呆然としている様にびっくりした。
エポニーヌでそういえば親が落ちぶれてスリだの何だのやって、そんな奇麗事だけで生きてるキャラクターじゃなかったなぁと、すっかり忘れていた原作設定を思い出した。

バルジャンとコゼットが逃げていく所を、マリウスが見失い、砦の上にいるエポニーヌに居場所を尋ねる場面。
エポニーヌは指でその方向を指すんですが、水平方向から下方向に10度下がった手の方角が、エポニーヌの複雑な、微妙な気持ちを表現しているようで、でよく観ていたら、その手が細かく震えていたりする。
この役でこのシーンなら、こういう動きをして欲しいというところを完璧に再現する様は、さすがとしか思えないです。

だから今回見れて幸せだったんだけど、これを現キャストと一緒にやったりしたら現キャストがあまりに気の毒。実力でも人気でも群を抜くのは分かりきってるし、ただでさえ手本とされるこのお方が身近にあれば、その枠を超えた役作りなんて期待もできない。
極端な話、物真似からは元の人以上のものは生まれないわけだし。

そして次に今井バルジャン。
本公演では実はあまり印象に残らなかった人なのですが、この日の公演の出来は出色でした。
アンサンブルから始まって主役にまで上り詰めた、ある意味ミュージカル界の夢を体現した一人ですが、特に2003年公演では気合が空回りして、どことなく押し付けがましさに窮屈さを感じたもの。
レミコン(レミゼラブルinコンサート)のように先輩の中で恐縮しまくると思っていたら、今まで観たどのバルジャンより素晴らしかった。
SPバージョンに復活した旧キャストがこぞって今井さんを立ててるせいもあるのでしょうが、「このメンバーの中で無様なものは見せられない」というオーラが溢れていて、圧倒されてしまいました。

気になっていた岡アンジョ、
やっぱり不調を引きずってるのが一度でも岡さんを見たことある人ならわかるぐらい。
調子を崩さないタイプだと思っていた岡さんのこんな出来を見てしまうと、サイゴンの石井さんを思い出します。
2役は役者に予想以上のプレッシャーを(本人が意識するしないにかかわらず)与えてしまうことを痛感。
あと今期の岡さんは必要以上に舞台以外で物議を醸していたから、弱みを見せたくない岡さんにしてみれば、更に余分な荷物を抱え込んだ結果になったんじゃないかと。
有名人がブログ開設するのも良し悪しだと思う・・・・

何というか有名になればなるほど「発言」って一人歩きするし、悪意を持った人がわざわざ曲解させて流したりもするし、そういうのを見ていると、「感動」の後にそんなものが来るのかと、なんだか悲しい気持ちにもなるものです。

閑話休題。
2003キャストからレミゼを見始めて、今回、旧キャストのレミゼを見て思ったこと。
役者の力量で、旧キャストで圧倒されたのは上にも書いた歌穂さんだけだったのですが、旧キャストの他の方も、レミゼの魂とか息吹きというものは十二分に感じられて(上には書きませんでしたが、岩崎ファンテ、石川マリウス、斎藤テナルディエ、みんな)。

新キャストは演技とか歌とか、上手だと思うけど、どことなく「綺麗」に作りすぎて、何だか薄く感じることもあった。
だから、今回旧キャストを見られて、重厚さを兼ね備えた「生」のレミゼを感じられたのは、すごく良かった。
ただ、それがわざわざ旧キャストOnlyで、アンサンブルはともかく現プリンシパルが共演できる機会がない中で行なわれたことに、幾ばくかの勿体無さを感じずにいられません。
せっかくレミゼの「魂」を受け継ぐというのであれば、やはり共演する中で得ていくものは大きいものだと思うので、客席から見てもらうという意味より、肌と肌で凄さを感じて欲しかった気持ちはあります。

今期レミゼ観劇は結局3回、チケットを当初予定より1枚も増やさずに無事に終了。
本田美奈子.さんが見られなかったのは心残りだけど、途中から森さんを筆頭に本田さん話を過剰にし始めるのに相当萎えたのも事実。
唯一感動したのは2000回記念公演でジョン・ケアードが語ったという「彼女を帰して、うちに」という言葉だけでした・・・(レミゼ2幕「Bring him Home(彼を帰して)」にかけていて、「うち=レミゼ」のこと)

|

« 『レ・ミゼラブル』 | トップページ | ちょびっと近況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/4326656

この記事へのトラックバック一覧です: 『レ・ミゼラブル』SPバージョン:

« 『レ・ミゼラブル』 | トップページ | ちょびっと近況 »