« 『雨と夢のあとに』(4) | トップページ | 『レ・ミゼラブル』SPバージョン »

『レ・ミゼラブル』

『レ・ミゼラブル』
2005.5.22マチネat帝国劇場

『MOZART!』のチケット取りにかまけていて、この日のチケットを取った理由が思い出せない(苦笑)という不思議な状況の中、チケットを取ったことだけは忘れておらず、2ヶ月ぶりの帝劇へ。

帝劇に着いてみて気がついたのですが、この日は2005年キャストの帝劇千秋楽。
(行って初めて気づくのかと、自分に呆れる)
マチネもソワレも、プリンシパルはほぼ全ての人が千秋楽となることに、行って気づく間抜けさ。
(24日以降も出演するのは、同役出演が今井清隆さん、森公美子さん、別役出演が岡幸二郎さん)

2003年シリーズでは12回観劇したこの作品も、今年はこの日が2回目。
新キャストで注目していた、シルビア・グラブさん(ファンテーヌ役)と東山義久さん(アンジョルラス)の2人を見られる土日の回が、たまたま千秋楽の日に当たっていたという理由のようです・・・記憶をたどると。

東山アンジョルラス、大変満足しました。
アンジョルラスは吉野さん、坂元さんと見てきてますがリーダー色と歌唱力が絶妙に交じり合う様は、とても新キャストとは思えないほどの出来。
正直言ってしまいますと、東山アンジョを見たのが千秋楽で良かったなと。もっと前に見ていたら、”また見たい”と思ったかもしれない・・・・(財布の具合もあるから、贔屓以外の舞台は複数回見ないようになるべくガードかけてるけど・・・・)

無駄無し、隙なしの学生リーダー、本日現在、個人的なベストアンジョにランクインです。

もうお一人、シルビアファンテーヌ。
ちょっと予想外の出来でした。他の作品も含めて完全な初見の人なのですが、歌は文句なしに凄い。流石としか言えないのですが、役作りが、1ヶ月だけのキャストというのが予想以上にマイナスに作用している感じ。

外見的にもちょっと丈夫すぎる気がするし、死にそうに見えないし。
"強気"のファンテーヌはどことなく2003年キャスト・高橋ファンテーヌと似たところもあり。
本人もカーテンコールで話していたけど、今後も続けていきたいそうなので、役作りがきっちりした頃に、また見てみたいかなと思ったりする。

続投キャストで印象的だったのは、岡ジャベール。
岡さんは前の週・5月19日の公演直後、体調を崩して病院に行かれたという話は聞いていたので、休演も心配しましたが出演されて何より。
このお方は、「何でも完璧にこなしてしまう」というイメージが強いのですが、この日は歌・演技ともにかなりぎりぎりのところで何とか形にしている感じがありあり。
それは悪い意味ではなくて、むしろ限界ギリギリの部分で、苦しみ道を拓いていくところが、どことなくジャベールの人間像に深みを与えている感じがして、凄く良かった。
機械のように完璧なところばかり見てきたので、尚更、不調の時の苦しみが良いコントラストになって、今後の役に繋がっていけるような、そんな予感がして嬉しかったですね。

この日は前述の通りで2005年キャスト千秋楽ということで、特別カーテンコールがあり、各キャストから挨拶がありました。
ここでも印象的だったのは岡ジャベだなー
カテコとはいえ涙流して言葉が詰まる岡さんなんて初めて見た。
会場もその空気をいちいち止めて次の言葉を待つ、凄くいい瞬間でした。
2000人全員が、カテコで静寂を作れることに、作品の力を感じずにいられなかったかな。

結局何回続いたのかこの日のカーテンコール、多分2桁に乗るか乗らないかの、最終コーナー。
客席上手側がざわつき始めて、何かと思いきやそこにあった光景は・・・・

岡田アンジョ&東山マリウス

岡田さん本気で似合わない(笑)
東山さん本気でホスト風(笑)

すぐ近くにいた河野コゼットを見やり、東山さんに「コゼットが待ってるよ」と促すあたりは、本職マリウスとしては当たり前すぎる行為でしょうか。さすが岡田さん。
で、東山さんの手の差しのべかたが・・・・完璧に売れっ子ホストでした、はい(笑)。

あれでいろんな事が吹っ飛びました。
この手の話ならやって欲しいパターン一杯あるなぁ。

一番の希望はコゼ・エポ・ファンテの3人入れ替わり。
真綾コゼ・高橋エポ・剣持ファンテ
最後以外は実現しそうにもないけど。

とりあえず2000回記念スペシャルシリーズ前に、現キャストの回の感想書いておかないと、多分冷静になれないと思われるので。

明日(5/26)、2000回記念スペシャルシリーズ、見に行ってきます。
仕事休めて良かった。

|

« 『雨と夢のあとに』(4) | トップページ | 『レ・ミゼラブル』SPバージョン »

コメント

はじめまして。同じ日に私も観劇しました。

東山アンジョルラス、いいですよね。特に楽日は迫力があって引き込まれました。今後も成長を見守っていきたい役者さんです。

岡田アンジョと東山マリ、ホントにその通りでした(^_^;今思い出しても笑えます。

MOZART!も観にいきまーす。

投稿: くむ | 2005/05/26 22:02

コメントありがとうございます。

東山さん、楽の挨拶で謙虚に振り返っていたのが「とんでもない!」と思うほど、素晴らしい出来に感じました。
ぜひ、次も見てみたい方です。

話を聞く限り、今年のアンジョの方は皆さん評判がよろしいようですが、アンジョまで考え始めると破産するので(笑)程々にします。

投稿: ひろき | 2005/05/27 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/4279472

この記事へのトラックバック一覧です: 『レ・ミゼラブル』:

« 『雨と夢のあとに』(4) | トップページ | 『レ・ミゼラブル』SPバージョン »