« 『デモクラシー』/青山劇場 | トップページ | キャラメルボックス『TRUTH』 »

『SHIROH』を語る。(26)

実に1ヶ月ぶりのこのシリーズ。
本日は、『演劇ぶっく』演ぶチャート2004発表記念速報編。

というわけで、まずは

作品チャート1位 『SHIROH』
俳優チャート1位 上川隆也さん

おめでとうございます。

いやめでたひ。
先週発表された『ぴあテン』でも演劇部門の作品部門1位を獲得した『SHIROH』、年末押し詰まっての公演で印象に残っていた可能性が高いとはいえ、いずれもぶっちぎりの強さ、さすがであります。

上川さんは4年連続の俳優部門1位、パワー健在であります。

『SHIROH』といえば、去年、前売り初日に帝劇に並んだら、整理券をもらう列が1階席がS列までも埋まらなくて(確か3桁台だったと思う。先日のレミゼ5月分発売は3000人以上行ったのに)。

販売時間が遅かったので家に帰って東宝テレザーブに電話したら、開始10分後の9時40分につながって、土日2列目どセンターというとんでもないチケを入手したことも、いまや遠き彼岸の話。

再演があったとしても、そして他の作品でも、絶対にもうそんなことはありえないだろうなぁ。

さてさて改めて。
『SHIROH』出演者で役者チャート上位50位以内を振り返ってみます。

---------------------------------------------------------------
1位(男優1位):上川隆也さん  (月ミュ:男優15位)
6位(男優6位):中川晃教さん  (月ミュ:男優2位)
8位(男優8位):橋本じゅんさん
10位(女優1位):秋山菜津子さん (月ミュ:女優8位)
11位(男優10位):粟根まことさん
12位(男優11位):池田成志さん
13位(女優2位):高橋由美子さん (月ミュ:女優17位)
21位(男優17位):植本潤さん   (月ミュ:男優33位)
35位(女優7位):高田聖子さん
36位(男優29位):右近健一さん
---------------------------------------------------------------

・・・・えーと。
50人中10人までが『SHIROH』出演組。
もともと新感線が強い読者投票ランキングだけはありますが、月ミュと比較すると母集団の違いはあれ、特徴が窺えてけっこう興味深いものがあります。
上川さんがとてつもなく強い以外は、おおむね傾向は同じとは言えそうですね。

演ぶの役者チャート、上位50人中女性は11人だけ。それなのにちゃんと3人入っています。
ストレート系と新感線が強いところに持ってきて、今回は『SHIROH』組が怒涛の参戦といった按配でしょうか。

ちなみに作品部門、ベスト10に新感線が3作品(1位『SHIROH』、2位『アカドクロ』、5位『アオドクロ』)が入っているのが目立ちます。
役者チャート2位の古田新太さん出演作が3作品(2位『アカドクロ』、6位『走れメルス』、7位『鈍獣』)、上川隆也さんは8位『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』もランクイン。

去年見た作品はご贔屓(高橋由美子さん)がらみで5作品。
1位『SHIROH』、14位『ミス・サイゴン』、22位『透明人間の蒸気』、29位『真昼のビッチ』、42位『レ・ミゼラブル』とすべて50位以内にランクインで、ずいぶん効率良く良作を見せていただいた一年と改めて実感。

しっかしサイゴン出演組では松さんも市村さんも抑えて、レミでも内野さんも山口さんも抑えていずれも1番手って、この雑誌しか絶対ありえないなぁ。
ただ、あれだけ東宝舞台に出ながら、どちらかというと別の2作品(『SHIROH』と『真昼のビッチ』)で票を拾っているように見える状況に苦笑。
何となく外国人演出家が合わないような気がするんですけどね
>由美子さん

『真昼のビッチ』の評価が意外に良かったのが嬉しかった。
(阿佐ヶ谷スパイダース、去年はあの『はたらくおとこ』が評判的には頭抜けてたからなぁ)

これで去年のランキング関係はすべて終わり。
あとは『SHIROH』が映像で見れる日を待つだけ・・・・。

>編集部殿
松たか子さん(役者チャート31位)は『レ・ミゼラブル』には出ていませんぞな・・・・。
『ミス・サイゴン』が正解。

|

« 『デモクラシー』/青山劇場 | トップページ | キャラメルボックス『TRUTH』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/3240575

この記事へのトラックバック一覧です: 『SHIROH』を語る。(26):

« 『デモクラシー』/青山劇場 | トップページ | キャラメルボックス『TRUTH』 »